博物館の展示ができるまで

 新しい博物館の建設の様子は、「建設地の様子から」や新築工事施工者によるホームページから発信しています。一方で、「新しい博物館を建てているけど、どんな展示になるの?」「そもそも博物館の展示って、どうやってできていくの?」といった声には、十分にお答えできていなかったのでは、とも思っています。
 そこで今回、新しい博物館の「展示の中身を伝える」、「展示ができるまでの物語を伝える」、「展示をつくる人(学芸員)を伝える」の3本柱で進めていく、不定期更新のコラム風コンテンツを立ち上げました。
 新しい博物館が、松本に関係するすべての皆さんにとって身近なものになるように、少しでも面白い・興味がわくような情報をお伝えできればと思っています。ぜひ、お楽しみください。

アクセスカウンター

 

最新内容

Vol.026 松本城模型―燻蒸に向けた解体から― 
 (2022.6.20 更新)
NEW!

 

バックナンバー
最新内容

Vol.025 まち歩きは楽しい!(文責:千賀)
 (2022.5.26 更新)

Vol.024 てまり作家のてまり(文責:高木)
   (2022.4.19 更新)

Vol.023 取材を通して―みすず細工ー (文責:福沢)
 (2022.3.25 更新)

Vol.022 なぜワラウマを展示するのか(後編) (文責:千賀)
 (2022.3.1 更新)

Vol.021 なぜワラウマを展示するのか(前編) (文責:千賀)
 (2022.2.24 更新)

Vol.020 市民の手で松本城天守木組模型を修理 (文責:千賀)
 (2022.1.17 更新)

Vol.019 仮囲いアートとイルミネーション (文責:高木)
 (2021.12.28 更新)

Vol.018 建設現場の親子見学会を開催しました (文責:千賀)
 (2021.12.13 更新)

Vol.017 映像で松本を伝える (文責:福沢)
 (2021.11.16 更新)

Vol.016 松本てまりプロジェクト進行中 (文責:高木)
 (2021.10.14 更新)

Vol.015 市民公開による文化財修復 (文責:千賀)
 (2021.09.24 更新)

Vol.014 試作を重ねて(文責:千賀)
(2021.08.24 更新)

vol.013 新博物館の備品選定業務について (文責:弘中)
(2021.07.29 更新)

vol.012 松本てまりプロジェクト (文責:高木)
(2021.07.05 更新)

Vol.011 松本てまり (文責:高木)
(2021.06.28 更新)

Vol.010 建設現場で感じた職人さんの技術と情熱(文責:堀井)
(2021.05.28 更新)

Vol.009 松本を再発見する(文責:福沢)
(2021.05.07 更新)

Vol.008 レトロ玩具「かるた」(文責:高木)
(2021.04.23 更新)

Vol.007 縁の下の力持ちは美しい。(文責:三木)
(2021.04.12 更新)

Vol.006 人の思いを共有する(文責:堀井)
(2021.04.02 更新)

Vol.005 本物に触れる(文責:千賀)
(2021.03.24 更新)

Vol.004 レトロ玩具「すごろく」(文責:高木)
(2021.03.16 更新)

Vol.003 新博物館の常設展示室の構成について(文責:福沢)
(2021.03.10 更新)

Vol.002 博物館基幹博物館建設担当のご紹介(文責:堀井)
(2021.03.01 更新)

Vol.001 展示ができるまで(文責:千賀)
(2021.02.15 更新)

 

 

こちらの取り組みもご覧ください

 ○松本てまりプロジェクト

 ○ジオラマプロジェクト