Vol.016 松本てまりプロジェクト進行中(R3.10.14 文責:高木)

10月10日に、「松本てまりプロジェクト」てまりワークショップA~Dコース全4回が終了し、市民参加者の手によって作られるてまりのすべてがそろいました。参加者の皆様、本当にありがとうございました。

「Aコース:まきまきてまりを作ろう」「Bコース:てまりに模様をつけよう」作品

「Aコース:まきまきてまりを作ろう」「Bコース:てまりに模様をつけよう」作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ※A、Bコースの当日の様子はこちら

「Cコース:松本てまり八重菊初級編」作品

「Cコース:松本てまり八重菊初級編」作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cコースでは自由に色糸を選んで、カラフルで個性的な作品に仕上がりました。

「Dコース:松本てまり八重菊上級編」作品

「Dコース:松本てまり八重菊上級編」作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dコースでは、伝統的な作り方を「松本てまり保存会」の講師のかたに丁寧に教えていただき、まさに美しい八重菊模様ができあがりました。

長女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dコース参加者の皆様

Dコース参加者の皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 預かったてまりは、アートプロデュースの土屋公雄氏小松宏誠氏の手によって新博物館を象徴する作品となっていきます。新博物館の吹き抜けエントランスに、この「てまりモビール」が設置されるまで「松本てまりプロジェクト」は続きます。「松本てまりの思い出」募集も継続していますのでぜひご参加ください。

乃村工藝社スタッフ

乃村工藝社スタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、展示製作業務を請け負っている乃村工藝社のスタッフも大活躍でした。