松本てまりプロジェクト

松本市基幹博物館展示製作業務

松本てまりプロジェクト 

てまりモビールイメージ図あなたが作ったてまりを新博物館へ

現在移転新築中の松本市立博物館のエントランスホールに「てまりモビール」を設置します。松本城と同じように市民の手によって守り続けられてきた松本てまりを、新しい博物館を象徴するモニュメントとして市民の皆さんとともに作り上げるのが「松本てまりプロジェクト」です。

世界的に活躍する公共彫刻家の土屋公雄氏、新進気鋭の美術家の小松宏誠氏のアートプロデュースにより、モビールの木製フレームは松本市の木工職人に、素材となるてまりは市内の作り手とワークショップ参加の市民の皆さんで作っていきます。

_土屋公雄プロフィール2

土屋 公雄 氏

小松さん

小松 宏誠 氏

※写真をクリックするとHPへリンクします。 

 

信州大学学生ワークショップ信州大学学生ワークショップ

「松本てまりプロジェクト」 てまりワークショップ 

参加受付は終了いたしました。
多くの皆様からお申込みいただき、誠にありがとうございました。

ワークショップのAコース、Bコースを開催しました。ワークショップの様子はこちらをご覧ください。

ワークショップのCコース、Dコースを開催しました。ワークショップの様子はこちらをご覧ください。

みんなで作って新博物館に飾ろう!

※新型コロナウイルス感染拡大状況により延期になる可能性があります。

 Aコース まきまきてまりを作ろうまきまきてまり

 草木染めの糸をくるくるまいて、まんまるてまりを作ります。
         定員:5歳~小学3年生とその保護者 6組
         日時:9月25日(土) 午前10時から11時30分、
                                            午後1時30分から3時の2回 

 

 まきつけてまりBコース てまりに模様をつけよう

 まきまきてまりを作り、色糸を自由にまきつけ模様をつけます。
    定員:小学4年生~中学生 8名
          日時:9月26日(日) 午前9時30分から11時30分

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERACコース 松本てまり八重菊初級編

 作りやすい八重菊模様を自分流に仕上げていきます。
         定員:一般(中学生以上) 8名
         日時:10月10日(日) 午後1時30分から4時

 

 八重菊上級編Dコース 松本てまり八重菊上級編

 直径約8㎝の土台まりで、本格的な八重菊模様のてまりを作ります。             
   定員:一般(高校生以上) 8名
   日時:10月9日(土) 午前9時30分から午後4時
              (昼食休憩をはさみ完成次第終了)

 

2 対象

  松本市内に在住・在勤・在学している方

3 場所

  いずれも松本市立博物館2階講堂
   ※休館中のため展示室は観覧できません。  

4 駐車場について

  博物館の来館者専用駐車場はありません。
    ※車でお越しの方は市役所来庁者駐車場をご利用ください。

5 持ち物

  糸切はさみなど裁縫道具(貸出あり)、飲み物
    ※Dコースについては昼食をご用意ください。

 

6 申込み

  こちらの申し込みフォームをクリックし、必要事項を入力し送信してください。

   ※申し込み期間は9月6日(月)午前9時から12日(日)午後5時までです。
 ※申し込み多数の場合は抽選とし、抽選の結果は15日(水)までにメールでお知らせします。
 ※mcmuse@city.matsumoto.lg.jpからメールをお送りしますので、受信設定をご確認ください。
 ※期日までにメールが届かない場合、松本市立博物館までお問い合わせください。

 

7 その他

 新型コロナ感染症対策のため会場で検温をいたします。体調の悪い方は参加できません。マスクの着用をお願いします。

「松本てまりの思い出」募集します

市民と博物館がモノを通してつながることで松本てまりは今日のように松本を代表する民芸品になりました。

あなたの家に松本てまりはありますか?てまりを作ったことがありますか?
新博物館を通して松本てまりが未来につながるよう、松本てまりに関する思い出をお聞かせください。

こちらのアドレスmcmuse@city.matsumoto.lg.jpに住所、氏名、年齢をご記入いただき送信してください。

いただいた情報は後日、ホームページ上でお伝えします。

 

アクセスカウンター