博物館の展示ができるまで

 新しい博物館の建設の様子は、「建設地の様子から」や新築工事施工者によるホームページから発信しています。一方で、「新しい博物館を建てているけど、どんな展示になるの?」「そもそも博物館の展示って、どうやってできていくの?」といった声には、十分にお答えできていなかったのでは、とも思っています。
 そこで今回、新しい博物館の「展示の中身を伝える」、「展示ができるまでの物語を伝える」、「展示をつくる人(学芸員)を伝える」の3本柱で進めていく、不定期更新のコラム風コンテンツを立ち上げました。
 新しい博物館が、松本に関係するすべての皆さんにとって身近なものになるように、少しでも面白い・興味がわくような情報をお伝えできればと思っています。ぜひ、お楽しみください。

アクセスカウンター
更新履歴

令和3年 2月15日  コラム Vol.001展示ができるまで を追加しました。 
令和3年 2月 8日  コンテンツを立ち上げました。

コラム

Vol.001 展示ができるまで(R3.2.15 文責:千賀)
 
博物館の展示を考える学芸員。学芸員といえば、部屋にこもって古文書を読んだり古い物を調べているイメージがあるのではないでしょうか。それも、学芸員の仕事の一部ですが…
 今回の新博物館の展示をつくるためには、できるだけ多くの“場所・もの・できごと”を実際に現地に行って調査することを大切にしています。それは、現地で見て驚いたものや感動したものこそ、展示室でご覧いただくみなさんに驚きと感動をお伝えできると考えるからです。松本には、豊かな自然・歴史・文化が現地に残されています。展示を見たみなさんに、「現地に行ってみたい!」と思い実際に見て感動してもらたいたい。そんな想いで、学芸員は松本中を飛びまわっています。

1月の年中行事「初市」はお神輿を運ぶところから始まります

1月の年中行事「初市」 今は車でお神輿を運びます

夜には街中に建てられた拝殿でお祓いを受けます

夜には街中に建てられた拝殿でお祓いを受けます

Vol.000 ロビー展示「これまで、そして、これから」展のお知らせ(R3.2.8 文責:堀井)

 今回のコラムは、「展示ができるまでの物語」の視点でお届けします。
 標記のミニ展示を松本市立博物館の1階ロビーで、3月7日(日)まで開催しています。こうした展示は、みなさんにお披露目されるまでの間、どのようにできていくのでしょうか。大きくは、企画→資料選定→解説原稿作成→展示作業という流れです。
 まずは企画・立案です。誰に、どんなことを、どんな風に伝えたいかをイメージしながら企画を練ります。今回は「卒業アルバム」を展示コンセプトとしてイメージし企画しました。
 次は、実際に展示する資料を選びます。今回はパネル展示なので写真を選びますが、「アルバム」がコンセプトなので、博物館で実施してきた色々な行事の様子をピックアップするようにしています。
 資料の選定にあわせ、その資料に語らせるメッセージを考えます。これが、博物館の展示で「解説」や「キャプション」と呼ばれるものです。今回は、パネルの中に一言コメントを入れています。
 資料の選定・解説原稿ができれば、いよいよ展示作業です。出力した写真紙を片面に糊がついたパネルに貼り付け、展示パネルを切り出して作っていきます。展示パネルを壁にピンで打ち付けて設置することで、今回のパネル展が「一旦」完成します。それぞれの作業の中に、学芸員のこだわりが見え隠れするのですが、それは今後のコラムのお楽しみにとっておきます。
パネル製作出力紙の貼り付けは緊張の瞬間。
 さて、わざわざ「一旦」完成と書いたわけですが、皆さんは卒業アルバムに、同級生から寄せ書きをしてもらいませんでしたか?今回の展示、実は皆さんからのコメントを寄せていただく、参加型のイベントを行っています。「博物館が展示をつくる→来館者が展示を見る」という一方向のものではなく、双方向の展示になっています。会期が進むにつれて「変化していく展示」、皆さんもぜひ、ご参加ください。
展示の様子(これまで)会期末には、どんな思い

出の花が咲くのでしょうか。

こちらの取り組みもご覧ください

 ジオラマプロジェクト