発掘された松本2021⑥ 「県町第22次調査」

 前回(発掘された松本2021⑤ 「松本城三の丸跡柳町第7次調査」)に続き、発掘された松本2021の調査結果を紹介していきます。今回は県町遺跡第22次調査です。今回で発掘された松本2021調査結果の紹介は最後になります。

県町遺跡第22次調査

 県町遺跡は、あがたの森公園周辺を中心とする広い遺跡で、現在までの調査では弥生時代と平安時代を中心とした数多くの住居跡が見つかっている大規模な集落跡です。

調査地点図

調査地点図

 今回の調査は遺跡範囲の西縁に近い部分でしたが、13軒の竪穴住居跡などが見つかりました。
 特記すべきものは、A区で平安時代の溝が5条見つかり中から黒曜石製の帯飾りなどが出土しました。この黒曜石製の帯飾りは長野県内では初めての発見で、全国的にも貴重な発見です。さらに、溝に削られてわずかに残った弥生時代の地面からは、弥生土器の壺などが出土しました。C区では、平安時代の皇朝十二銭のうち「富寿神宝」、「隆平永宝」(欠損)が各1点のほか、縄文時代晩期の深鉢が埋設されているものが見つかりました。
 縄文時代から弥生時代、古墳時代、平安時代、中世、さらに現在に至るまで、3000年近く人々の暮らしの営みが続いてきた場所といえます。

黒曜石の帯飾り

黒曜石の帯飾り

 

コラムクイズ

今回の調査で出土した「富寿神宝」と「隆平永宝」。鋳造時期の早いのはどちらでしょう。

「富寿神宝」と「隆平永宝」

どちらかを選択してください

発掘された松本2021⑤ 「松本城三の丸跡柳町第7次調査」

 前回(発掘された松本2021④ 「松本城三の丸跡土居尻第14次」)に続き、発掘された松本2021の調査結果を紹介していきます。今回は松本城三の丸跡柳町第7次調査です。

松本城三の丸跡柳町第7次調査

 調査地は、松本城三の丸北東に置かれた武家地の一つ「柳町」に含まれます。松本城北門南側に位置し、北側には総堀土塁がかかります。また、中世の柳町は“信府統記”に記された「市辻(いちのつじ)・泥町」の推定地にあげられています。

絵図で見る調査地の推定位置

絵図で見る調査地の推定位置(クリックで拡大します)

 調査地の南北にかけて、溝状の掘り込みを確認しました。埋土には炭や焼土が混ざり、中から大量の焼けた瓦が出土しました。明治~大正時代の火災層も確認できました。松本市史には大正7年に大火の記載があり、この火災層はこの大火によるものと考えられます。溝状の掘り込みは、火災で焼けた瓦や木材などの廃棄場の可能性があると思われます。
 また、江戸時代の面では大型の土坑も4つ確認しました。底に桶が埋設されたものや、段差のあるひょうたん形のものなど、いずれも近世の武家屋敷の敷地内に造られた池跡の可能性があります。

ひょうたん形の土坑

ひょうたん形の土坑

 中世の面からは、礎盤の石を据えた柱穴や多数の杭跡を検出し、16世紀代の内耳鍋も出土しました。現在の道の向きは江戸時代の絵図とほぼ変わりませんが、柱穴の並ぶ向きが道の向きより西側に振れていることが調査の結果わかり、中世の町並みは江戸時代のものと向きが異なっていたようです。
 信府統記には、①小笠原貞慶が本格的な城下町の形成に取り掛かった天正13~15(1585~1587)年より前、柳町があった場所は「泥町」と呼ばれていた、②泥町には町屋や「生安寺」という寺院が存在していた、③泥町の町屋や生安寺は市辻とともに本町に移された、と記載があります。今回確認された多数の柱穴や杭跡は泥町の痕跡かもしれません。また、6次調査時に「元祐通宝」や「荷札木簡」など出土しており、この地で物流や人の往来があったと考えられます。

柳町柱穴・杭跡群

柳町柱穴・杭跡群(クリックで拡大します)

発掘された松本2021④ 「松本城三の丸跡土居尻第14次調査」

 前回(発掘された松本2021③ 「松本城外堀跡南外堀第4次」)に続き、発掘された松本2021の調査結果を紹介していきます。今回は松本城三の丸跡土居尻第14次調査です。

松本城三の丸跡土居尻第14次調査

 土居尻は、松本城三の丸のうち史跡松本城跡の南側、大名町の西側の一帯で、江戸時代には松本藩の武家屋敷地のうち上級家臣の屋敷地として利用されてきた場所です。今回の調査地は、幕末には木村新兵衛の屋敷として、古絵図にも記載のある箇所です。

調査区全景

調査区全景

 現在までの調査では、江戸時代の屋敷跡(第1・第2面)は残っていませんでしたが、下層から中世の生活面を少なくとも3面確認しました。第3面からは木組みの水路状遺構が、第4面からは用途不明の方形の石敷遺構や囲炉裏などが見つかり、さらにその下の第5面でも穴などを確認しています。出土した陶磁器の多くが16世紀半ばから末のものとみられることから、これらの面の時期差はほとんどなく、いずれも松本城築城以前、深志城時代のものと考えられます。
 深志城の実体はまだまだわからない点が多いのですが、この調査がそれを紐解く資料の一つになるものと思われます。

囲炉裏発掘時の様子

囲炉裏発掘時の様子

 

コラムクイズ

今回の調査で、古瀬戸とみられる鳥形の陶器が出土しました。これはどのように使われたものでしょう。

鳥形水滴

3つの中から選択してください

発掘された松本2021③ 「松本城外堀跡南外堀第4次調査」

 前回(発掘された松本2021② 「松本城跡本丸跡第4次」)に続き、発掘された松本2021の調査結果を紹介していきます。今回は松本城外堀跡南外堀第4次調査です。

松本城外堀跡南外堀第4次調査

 松本城南・西外堀整備事業に伴い、これまでわかっていなかった二の丸側の南外堀範囲や構造を確認するために発掘調査を実施しました。
 松本城を構成する外堀の明確な成立時期は不明ですが、おそらく築城期に整備されたものと考えられます。明治時代になり、松本城の政庁・軍事的拠点としての役目を終える中で、外堀の一部が大正8年から昭和初年にかけて埋め立てられ、宅地化しました。

絵図で見る南外堀

絵図で見る南外堀

 3カ所で行った調査のうち、2カ所において、北端部で杭列を確認しました。これまでの総堀跡での発掘例から、堀の縁辺付近に設置した護岸用や防御用の杭と考えられます。その出土位置から、江戸時代の絵図や文献と外堀の位置がほぼ一致することがわかりました。また、明治時代以降に積まれたと考えられる石列も見つかり、堀が埋まる前の様子もわかりました。
 今回の調査では、多量の瓦も出土しています。これらは廃棄された瓦のようで、杭列を覆うようにして見つかりました。鬼瓦の一部と考えられる特殊な瓦や家紋の入った瓦も含まれていることから近くにあった南隅櫓に葺かれていた瓦の可能性があります。

杭列・石組出土状況

杭列・石組出土状況

 

コラムクイズ

松本城南外堀はどのくらいの幅があったでしょう。

3つの中から選択してください

ゴールデンウィーク古代体験講座開催のお知らせ

考古博物館では、ゴールデンウィーク期間にお子さまでも簡単に参加できる体験講座を開催いたします。
普段の体験とは違うメニューを用意していますので連休中は考古博物館へ遊びにきてください。
(勾玉作りや火起こし、弓矢飛ばしもいつでも体験できます!)

gw_schedule

※事前申込み制ですので、講座内容、日時をお確かめの上お申込みください。
※新型コロナウイルスの感染対策をし実施いたします。参加者の皆様も感染対策をし来館ください。
※新型コロナウイルスの感染症の感染状況により、内容が変更または中止となる場合がございます。

 

体験内容

➀ 耳飾りマグネット作り(園児以上)
内 容:紙粘土を使って、土の中から出てきた耳飾りや土偶・土器片の形のマグネットを作ってみよう。
期 間:4月29日(金・祝)・30日(土)
※2日間とも 午前 3 回、午後 3 回 1日計6回
時 間:1回約40分
9時40分~10時20分、10時30分~11時10分、11時20分~12時
13時~13時40分、13時50分~14時30分、14時40分~15時20分
人 数:各回 2 名まで
料 金:200円(材料費込み)

申込み:4月12日午前9時より電話にて。先着順。

 

➁ 土器風ランタン作り(小学生以上)
内 容:紙粘土を使って、土器や埴輪の形のランタンを作ってみよう。
期 間:5月7日(土)・8日(日)
※2日間とも 午前 1 回、午後 1 回 1日計2回
時 間:1回約1時間
10時30分~11時30分、13時30分~14時30分
人 数:各回 8 名まで
料 金:300円(材料費込み)

申込み:4月19日午前9時より電話にて。先着順。

 

➂ 古代の道具に触れて、使ってみよう(全年齢)
内 容:黒曜石の包丁や石臼で古代の生活を体験してみよう。
期 間:5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
時 間:10時~15時(時間内いつでも体験できます)
会 場:第2展示室(同時入室は3家族まで)
参加費:無料
申込み:不要

 

申込みの際は、申込み講座名・参加時間・参加者名・代表者名・当日連絡のとれる電話番号をお伝えください。

発掘された松本2021② 「松本城跡本丸跡第4次」

 前回(発掘された松本2021① 「弘法山古墳第3次」)に続き、発掘された松本2021の調査結果を紹介していきます。今回は松本城跡本丸跡第4次調査です。

松本城跡本丸跡第4次調査

 調査地は、史跡松本城本丸内北西部に位置します。松本城の防災設備整備事業に伴い調査が行われました。
 調査の結果、整地面を確認することができました。整地面の下からは瓦片や漆喰が大量に出土しており、瓦や漆喰を廃棄した後に整備された整地土層であると考えられます。
 本丸内において大量の瓦・漆喰が廃棄される出来事として享保12(1727)年の松本城本丸御殿の焼失時、もしくは昭和25(1950)年から行われた松本城天守の解体修理の2つが考えられますが、今回出土した遺物からは時代の判断を行うことはできませんでした。

絵図で見る調査位置(クリックで拡大します)

絵図で見る調査位置(クリックで拡大します)

出土した戸田家家紋入りの瓦(白いものは漆喰)

出土した戸田家家紋入りの瓦(白いものは漆喰)

 

コラムクイズ

第二次大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)民間情報教育局の美術顧問が松本城を視察し、解体修理の必要を認め文部省に勧告しました。これが「昭和の大修理」ですが、明治時代にも松本城は大修理が行われています。この明治時代の大修理に尽力した人物は誰でしょう。

3つの中から選択してください

発掘された松本2021① 「弘法山古墳第3次」

令和3年発掘調査の概要

 令和3年の発掘調査では、松本城関連遺跡4カ所の調査が精力的に進められ、かつての松本城の姿や、中世から近世の松本の様子を紐解く資料となる発見がありました。史跡弘法山古墳や県町遺跡では昨年に続き調査が行われました。
 また、長野県が実施した発掘調査では、松本市波田地区で初めての古墳が発見されるなど、近年の歴史への関心の高まりとともに注目が集まりました。(真光寺遺跡については過去のコラムで紹介していますのでこちらご覧ください。→ 考古博物館ニュース⑥ 「新発見!波田地区で見つかった古墳」
 
 今回は弘法山第3次調査を紹介いたします。次回以降も数回にわたり、令和3年発掘調査の速報をお届けします。

史跡弘法山古墳第3次調査

 弘法山古墳の再整備に向けて、令和2年度より継続して調査が行われています。今年度は後方部2カ所と前方部1カ所の計3カ所にトレンチC・D・E(土の堆積の様子を観察するための溝)を設定し、発掘調査を実施しています。調査では、古墳の形や規模などを確認するために、土の違いを観察しながら、古墳が造られた後に堆積した土を取り除いています。

発掘調査位置図

発掘調査位置図(クリックで拡大します)

 Cトレンチの下半分では、長さ20cm程度の角張った石や丸みを帯びた石がまとまって確認されました。丸みを帯びた石は河川で見られるものであることから、河川から弘法山まで運ばれてきたことがわかります。しかし、葺石などの古墳に関わる石になるかは現段階でまだ判断ができていません。古墳の規模を確定するための墳裾部(古墳の端の部分)などを確認するため、次年度も引き続き調査が実施されます。

Cトレンチ 石の検出状況

Cトレンチ 石の検出状況

松本市内遺跡紹介⑨ 「島内地区の遺跡~北方遺跡~」

 島内地区は、松本市の中心市街地の北西部に位置し、西側に梓川、東側に北流する奈良井川に囲まれた水田地帯と平地部と、奈良井川右岸の城山山麓部に分けられます。
 梓川は、近代まで氾濫を繰り返していたため、島内地区の平地部には集落が発達せず、遺跡は存在しないのではと考えられてきましたが、昭和40年代以降のほ場整備や道路開発に伴う発掘調査によって、古墳時代以降の集落跡などが発見されました。
 集落跡の遺跡をみると、いずれも遺構の分布密度が低く、他地区の同時期の集落と比べると規模は大きくありません。これは、頻繁な梓川の氾濫の影響で、長期にわたり安定して人が住むことのできる場所が少なかったためだと考えられています。城山山麓部では、縄文時代の遺構や古墳群が見つかっています。

北方遺跡

 昭和59・61年に発掘調査が行われました。その結果、平安時代中頃以降の竪穴住居址や中世の掘立柱建物址が見つかっており、平安時代~中世にかけての遺跡であることがわかっています。特に下記で触れる須恵器の大甕3点が出土のほか、墨書土器や刻書土器、黒色土器、緑釉陶器、灰釉陶器、鉄製品といったものも出土しています。
 墨書土器が出土していること、土器底部を利用した転用硯が多く出土していることから、公用・私用等記号の文字を書く・記録する人がいたと推測されます。

北方遺跡の墨書土器

北方遺跡の墨書土器

「大井」の文字が刻まれた灰釉陶器

「大井」の文字が刻まれた灰釉陶器

3つの大甕

 3つの須恵器の大甕が、三角形の位置関係で見つかりました。3つのうち2つの大甕は18号住居址内にあり、住居址埋没後に設置されたとされます。
大甕の埋設遺構は前例がなく、さらに3点セットでの発見は長野県内初めての事例となります。
 大甕は胴下半分を破壊することなくそのまま埋められていました。内部からは、大甕自体の破片や焼けた跡のある石、炭化物が見つかりました。そのうち1つの大甕は、上方の胴体部分が割れ、蓋状に覆いかぶさった状態で出土しました。
 用途としては、墓跡、染料の保存容器、水等の液体貯蔵器ではないかとする説、農産物の貯蔵容器とする説等考えられますが、特定はされていません。また、内部に残された焼けた石や炭化物などは火を用いた儀式の証ではないかとされ、集落の移転等の際に運搬ができず長く生活に活用された器に対し、丁重に供養を行ったとも考えられます。

発掘時の大甕(左:横から、右:上から)

発掘時の大甕(左:横から、右:上から)

 

コラムクイズ

北方遺跡の3つの大甕の中で一番大きい(写真の左)ものは、どのくらいの大きさでしょうか。ちなみに3つの中で一番小さいものは、約96cmです。

須恵器の大甕

3つの中から選択してください

速報展「発掘された松本2021」(2月11日~2月27日)

2021年の松本市の発掘成果をいち早くみなさまに‐‐‐

松本市では毎年、市内各地の発掘調査を行っています。
速報展は1年間の発掘調査の成果をいち早く市民のみなさまにお披露目している展覧会です。
さて、2021年はどのような発掘成果になったのでしょうか。ぜひご覧ください。

 

会  期:令和4年2月11日(金・祝)~2月27日(日)
会  場:松本市時計博物館(松本市中央1-21-15 36-0969)

       ※考古博物館ではないのでお間違えなく。
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料  金:大人310円、小中学生150円
お問い合わせ:考古博物館(86-4710)

 

○関連事業「発掘された松本2021 報告会」について
今年度も新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、報告会は中止となりました。
つきましては、昨年同様、発掘担当者による発掘調査報告の様子をYouTubeにて公開いたします。
資料は考古博物館・時計博物館(速報展会期中のみ)・文化財課にて配布するほか、松本市公式HPで掲載をいたします。
ご希望の方は上記施設へお越しいただくかHPよりダウンロードしてください。

配布資料はこちら → 発掘された松本2021報告会について(松本市公式ページ)
解説動画はこちら → 松本市公式チャンネル(2月下旬より公開予定)

報告会に関するお問合せ
松本市文化財課埋蔵文化財担当(85-7064)

松本市内遺跡紹介⑧ 「入山辺地区の遺跡~南方古墳~」

 入山辺地区は、松本市街の東方に位置し、薄川の最上流域にあたります。薄川が扇状地形を作る付近から傾斜はあるものの平坦地が広がり、集落も山麓や段丘上に展開し、里山辺地区へつづきます。山の谷間に位置していることから狩猟・漁撈・植物採集といった面で恵まれていますが大きな遺跡は見つかっていません。
 この谷間は諏訪地域や小県地域との交通路にもあたるため、人々の往来があったことを示す遺跡が点在しています。交通路のためか中世には中入城や桐原城など多くの山城が構築されています。

南方古墳

 南方古墳は入山辺南方集落西側の薄川左岸の段丘上に位置しています。ほ場整備中に偶然発見された古墳です。
 石室の西側側壁の大半は重機により破壊されてしまいましたが、残存している奥壁、東側側壁、西側側壁と羨道の一部や土層の様子から、自然地形(段丘)を利用した横穴式石室と考えられ、おそらく胴張りの片袖式石室だったと推測されます。また、周溝のごく一部が確認され、形状から考えると径24mの円墳と考えられます。
 玄室の最大幅は2mほどとみられます。奥壁には最大幅約0.9m、長さ1.2m以上の円礫・角礫が、側壁や床面には河原石が使われていました。

発掘時の南方古墳

発掘時の南方古墳

豊富な副葬品

 南方古墳はその存在が知られていないこともあり未盗掘で多くの副葬品が見つかりました。その豊富な副葬品は、市内の他の古墳と比較しても圧倒的に多く、特に金環や勾玉の玉類を中心とした装身具は700点を超えます。他にも県内でも珍しい壺鐙を含む馬具類、直刀や刀子の武器、須恵器や銅鋺、承盤といった喪葬用の器が出土しています。土師器1点・須恵器5点は完形で、奥壁脇に横一線に置かれた状態で見つかっています。
 また、圭頭柄頭(けいとうつかがしら)や倒卵形鐔(とうらんけいつば)など金銅製の儀刀は、被葬者を知る資料として重要なものです。

出土品(馬具)

出土品(馬具)

出土品(左:圭頭柄頭、右:倒卵形鐔)

出土品(左:圭頭柄頭、右:倒卵形鐔)

 

コラムクイズ

松本地域では2月8日を「こと始め」の日と呼び、山辺地区では藁で作った馬や蛇などを集落の外へ神送りし、焼き払うといった行事が行われます。これはなんという行事でしょう。

3つの中から選択してください