考古学まるごと体験!!

 

 勾玉づくり、火起こし、弓矢飛ばし、土器に触ろう体験など、考古博物館で行っている体験学習をまとめて実施します。一日古代人になりきって、当時の人々の気持ちに迫ってみよう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1 日時   平成28年7月30日(土)13:30~16:00

2 場所   松本市立考古博物館

3 対象   小学生以上

4 料金   500円

5 申込方法 電話で考古博物館(86-4710)まで

6 その他  小学校低学年の参加者は、保護者の付添いが必要です。

第38回あがたの森考古学ゼミナール「考古学で覗く松本城」

   昭和54年から続く、市民に公開する考古学講座です。今年は松本城と城下町を考古学の視点から取り上げ、考古学資料を重視した城郭研究で知られる滋賀県立大学の中井教授をお招きします。また、近年の松本城下町発掘調査の成果について、当時の発掘調査担当者が解説します。文献史料からはわからない松本城の姿が明かされるかもしれない注目の講座です。ぜひご来場ください!

1 日時

  第1講:7月10日(日)

  第2講:7月24日(日)

  時間は各講13時から15時まで

2 会場

  あがたの森文化会館講堂ホール

DSC_0345

 

 

 

 

 松本城下町跡本町第8次調査

 

3 定員

  各講先着100名

4 参加費

  各講200円

5 申込み

  7月1日(金)より、松本市立博物館へお電話ください(℡86-4710)

6 内容及び講師

  第1講「松本城の構造を考える」中井均氏(滋賀県立大学教授)

  第2講「松本城の考古学 -発掘による新たな発見-」竹内靖長(松本市美術館課長補佐)

弓矢づくり講座を開催します!

まだ米作りの伝わらない昔の話。 

人々は、食料を得るために弓矢を使って狩りをしていました。弓矢を作り、上手に飛ばすことは、生きるために必要な技術でした。

あなたも弓矢を作り、飛ばすことで原始の社会を体感してみましょう!さあ、狩りに挑戦だ!

日 時 : 5月7日(土)・5月21日(土) 10時から12時まで

場 所 : 松本市立考古博物館 体験学習室、古代公園

対 象 : 小学生以上

      ※小学校低学年のお子様は保護者の付添いが必要です。

参加費 : 300円(材料代)

定 員 : 各20名(電話予約先着)

内 容 : 竹と糸を材料に弓矢を作り、実際に野外で飛ばし、縄文時代等の狩りを追体験します。

      ※雨天の場合、野外での弓矢飛ばしは中止します。

 

???????????????????????????????OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開館30周年記念特別展「松本考古学の原点~中山地区の遺跡~」

 当館は、昭和61年(1986)に開館し本年で30周年を迎えます。
 当館が位置する松本市中山地区は、江戸時代から古墳の存在が知られ、多くの住民が出土遺物を所有している地区でした。そして、明治期には、古墳とともに土偶などの出土遺物が全国に紹介されています。こうして、住民たちの手によって考古学研究が始まり、昭和初期に地域の出土遺物が散逸する危機に瀕した際には、「地域の宝は地域で護る」という当時としては先進的な文化財保護の精神のもと、地区内に「中山考古館」(当館の前身施設)を設立しています。

 本展示では、こうした住民による考古学研究こそが松本の考古学の原点であると位置づけ、中山地区の考古学のあゆみを振り返るとともに、地域住民から当館に託された地域の宝(中山地区の遺跡の出土遺物)を展示します。当館誕生の契機となった中山地区に息づく文化財保護の精神と、住民によって護られた地域の宝を、ぜひご覧ください。

1 会  期  平成28年4月23日(土)~6月26日(日)
        休館日は月曜日(休日の場合はその翌日)
2 会  場  松本市立考古博物館 第2展示室
3 観  覧 料  通常観覧料(大人200円、中学生以下は無料)
4 展  示 品  明治期の中山地区の遺跡や遺物が紹介された文献資料や、柏木古墳から出土した勾玉などの
        装身具や鉄刀、馬具のほか、中山地区の遺跡から出土した縄文土器など、約160点を展示
        します。

詳しくは、添付チラシをご覧ください。

松本考古学の原点

「鹿角アクセサリーづくり体験」を始めます!

 鹿角は、縄文時代から装身具や狩猟具として利用され、縄文人は、肉はもちろん角や骨や皮まで無駄にすることなく利用しました。そして、現在、考古博物館がある松本市中山地区にはたくさんの鹿が生息し、猟友会員が活動を行っていますが、捕獲した鹿が充分に活用されていないという現状があります。
 そこで、考古博物館では、自然のなかで動物とともに生活した縄文人にならって、地元でとれた鹿角を使う「鹿角アクセサリーづくり体験」を始めました。好きなビーズや紐と組み合わせて自分だけのオリジナルアクセサリーを作ってみませんか!

実 施 日:3月19日(土)より実施し、開館日はいつでも体験できます。
      ただし、材料が無くなり次第終了します。
      事前予約は不要ですが、団体で体験される場合は事前にご連絡ください。
料   金:400円
対   象:どなたでも体験可能です。
体 験 時 間:約20分
協   力:この体験は、中山地区地域づくりセンターの協力により地元でとれた鹿角を使用しています。

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー