建設地の定点撮影(2022年8月1日)

 外構部分の植栽も完了し、ついに新博物館建築工事が竣工となりました。今後は建物内で展示物の設置等が行われ、開館は令和5年秋を予定しています。建設地の定点撮影は今回で最後となりますが、展示製作の様子等をコラム「博物館の展示ができるまで」で引き続き発信していきますので、ぜひご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

夜の新博物館外観

夜外観2

 夜外観1

松本民芸館臨時休館のお知らせ

照明更新工事のため、松本民芸館を臨時休館します。

臨時休館日:令和4年9月13日(火)~9月15日(木)(3日間)

Vol.028 空っぽの展示室 (R4.7.28 文責:千賀)

 これまで仮囲いに覆われていた新博物館の建物ですが、ついにその姿を表しました。個人的には、松本らしく「新しいなかにどこか伝統的な匂いがする」落ち着いた雰囲気の建物だと感じています。ご覧になった皆さんはどうでしょうか。

新博物館外観

 今日は、新しい常設展示室を少しだけご紹介します。
 天井は鉄板が複雑に折り重なった特殊な構造を採用しています。凸凹が連続する様子は、北アルプスの山並みにも見える大迫力の景観です。この構造は、常設展示室だけでなくエントランスの吹き抜けにも採用されていますので、お近くに来た際には、新博物館のガラス張りのエントランスを外側からのぞいてみてください。
 展示室の壁は、場所によって白と黒に分かれています。その理由は…お楽しみに!白い壁の両側のくぼみは、展示ケースを設置する空間です。これから展示ケースや間仕切壁などの設置を進め、この広い展示室がどんどんにぎやかに埋まっていく予定です。
 これまで松本のたくさんの“場所・もの・出来事”を松本の宝として調査し、展示の構想を進めてきました。空っぽの展示室はいわば「箱」です。そこに「松本の宝(=展示物)」を詰め込んで「宝箱」を完成させる作業が、いよいよ始まります。

展示室 その1  展示室 その2

松本てまりプロジェクト「松本てまりモビール仮組み」

前回のコラム(2022.4.19「てまり作家のてまり」)で、市民のみなさんに作っていただいたてまりに加え、てまり作家さんたちに作っていただいたてまりもすべてそろったことを報告しました。さて、今回はそれらのてまりが現在どうなっているかについてお伝えします。
4月後半に松本から東京の小松氏のアトリエにすべてのてまりが届けられました。アートプロデユースの土屋氏、小松氏ともに開封されたてまりの多様性に驚かれたと聞いています。そのひとつひとつに込められたてまりの美しさとエネルギーが二人の美術家の目と手によってどう変化していくのでしょう。作業としてはまず、それらのてまりを仕分けし、ナンバーをつけ、重さを測り、配置の構想を練ります。

アトリエに届けられた松本てまり

アトリエに届けられた松本てまり

仕分けの作業風景

仕分けの作業風景

そして、6月27日から29日にかけて、てまりモビールの仮組みが行われました。
土屋氏の考えで、松本てまりらしい伝統的な八重菊模様が一番目立つということで、その八重菊のてまりから配置を考えていったそうです。その後、重さや色のバランスなどを考慮しながら床に配置し、吹き抜けのアトリエの2階からバランスを見ます。

吹き抜け2階からバランスを見る小松氏と土屋氏

吹き抜け2階からバランスを見る小松氏と土屋氏

床に並べて配置を決める。右奥にいるのが土屋氏

床に並べて配置を決める。右奥にいるのが土屋氏

配置が終わり、吊り上げてみると、様々な検討事項が浮上しました。今回、てまりの出来上がりの重量を予想して設計していましたが、作り手や模様によって、使われる糸の分量が違うため、予定通りにバランスをとるのが大変難しかったのです。てまりがのった木工バーが平衡をとって浮遊するという繊細な作品の実現のため作家達のさらなる工夫が必要となりました。

吊り上げてバランスを調整

吊り上げてバランスを調整

「松本てまりモビール」は今回の仮組みで明らかになった課題をクリアし、さらにアート作品として洗練されていきます。新博物館の建設工事も終わり、設置される吹き抜け空間を外から確認することもできるようになりました。その空間に実際にモビールが吊るされるのは8月下旬から9月の初めの予定です。

新博物館の外観

新博物館の外観

てまりモビールが吊られる吹き抜け空間

てまりモビールが吊られる吹き抜け空間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vol.027 七夕の助っ人「カータリ」 (R4.7.7 文責:高木)

七夕祭りは全国的に7月7日とされていますが、これは旧暦の日付で、松本ではひな祭り同様、月遅れの8月7日にお祝いします。現在の日本の8月7日は猛暑の真っただ中、七夕は夏の行事と認識されがちですが、暦の上ではもう立秋、俳句でも秋の季語、秋の行事になっています。そここに川辺があり、湿った土の上を歩いていた昔の日本の集落では、秋がくるのも早かったのでしょうか。風になびく笹の葉と満天の星空に浮かぶ天の川、在りし日の七夕祭りの美しさを想像すると、確かに秋の気配がします。

さて、松本市立博物館には国の重要有形民俗文化財に指定されている七夕人形コレクションがあります。その「七夕行事の変遷を究明する上で極めて重要な資料となる」45点のコレクションのなかに、「カータリ」という松本地域特有のとても変わった人形があるので紹介します。下の写真の一番左がカータリです。

重要文化財馬場家住宅の軒下に飾られた七夕人形。

重要文化財馬場家住宅の軒下に飾られた七夕人形。

 

 

 

 

 

 

 

松本では織姫と彦星の対の七夕人形を軒下に飾る風習がありますが、それと一緒に角材で作った男の人形もぶら下げます。このカータリ(川渡り)は、雨が降って天の川が増水してしまった時に織姫(または彦星)を背負って川を渡る大切な役目を担っています。年に一度しか会えない七夕様のため、着物の裾をしりっぱしょり(尻端折り)して長い足を出し、天の川のほとりで待機している人足です。この伝承の人物がどうして松本の七夕に登場するのかよくわかってはいませんが、作物のためには雨がほしい、でも、織姫と彦星が会えないのは可哀そうという、人々の複雑な願いを解決するカータリというキャラクターが松本の七夕には必要不可欠なのです。

長い足が特徴のカータリ(川渡)、アシナガ(足長)、カワコシ(川越)とも言われます。

長い足が特徴のカータリ(川渡り)、アシナガ(足長)、カワゴエ(川越え)とも言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
松本市立博物館では数年前までこのカータリをストラップにして販売し、七夕の「恋のキューピット」としてとても人気がありました。現在は販売されていませんが、新博物館ではこのカータリストラップをワークショップとして復活させたいと思っています。胴体部には、石垣を壊すとして伐採された松本城の樹齢100年の欅(けやき)を使い、願いをこめながら結ぶ紐が手足となります。見る角度によって表情が変わる、カータリというキャラクターを生かしたかわいいストラップです。

松本城100年欅で作る カータリ君ストラップ

松本城100年欅で作る
カータリ君ストラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
新博物館の常設展示だけでなく、エントランスに設置される大型イラスト、こども体験ひろばのぬりえにもカータリが登場します。この、松本特有の頼もしい助っ人「カータリ」が、織姫・彦星だけでなく、新博物館と市民との橋渡しもしてくれそうです。

建設地の定点撮影(2022年7月1日)

 竣工を目前に控え、建築工事は大詰めを迎えています。建物の1階軒下部分も足場が解体され、外観が確認できるようになりました。新博物館の南側軒下部分はウインドーギャラリーとなっており、木材が多く使用された温かみのある空間となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

松本まるごと博物館の臨時開館のお知らせ

松本まるごと博物館では以下の日程で臨時開館を行います。

  1. 松本民芸館、はかり資料館、旧司祭館、時計博物館/8月15日(月)
  2. 高橋家住宅/8月12日(金)、15日(月)、16日(火)
  3. 安曇資料館/7月19日(火)~8月19日(金)(土・日・休日は通常開館)

Vol.026 松本城模型―燻蒸に向けた解体から―(R4.6.20 文責:福沢)

松本市立博物館には明治44年(1911)に作られた松本城模型があります。この模型が制作された頃は、堀の一部が埋められ櫓が解体され、御殿焼失後の二の丸には長野県立松本中学校の校舎が建つなど、松本城周辺の景観は大きく変化していました。当時の開智学校の教員たちが幕末頃のお城周辺の様子を聞き取りながら制作し、完成直前には担当の授業を別の教員に代わってもらったり、深夜まで作業をしたりして制作したことが日誌に記されています。模型は児童たちが郷土の歴史を学ぶ教材としても使われ、博物館でも展示され続けてきました。
先日、新博物館へ移設するために必要な燻蒸作業のため、模型の解体を行いました。後の時代に作られたガラスのカバーや展示台を取り外し、模型は6つのパーツに分割し、分割ライン上にある建物や塀は場所を記録して一時的に取り外しました。

燻蒸についてはこちらの「休館通信 ~新博物館への道~」もご覧ください。

模型の展示台は後世に作り直されたもの。

 

 

取り外した建物などを観察すると、厚紙製と木板製があり、模型全体を見ても窓の表現や外壁の塗装色が異なるものがあり、何回も補修があったことがわかります。もちろん、昭和30年(1955)に架けられた埋橋も後の補修で付け足されたものです。武家住宅などの建物は当初は厚紙で作られていたようで、土塁上の塀は木板で作られているものが多く、当初からのものかどうか検討が必要です。取り外した建物の内側にはメモ書きがされているものもあり、新しめの木板製の住居には「昭和己酉後補 花岡」と書かれており、己酉(つちのと とり)から昭和44年(1969)に補修されたものだとわかります。前年の昭和43年に日本民俗資料館として新築開館していますので、関連して修復されたのでしょうか。

 

接着剤が劣化し剥がれたものも今回補修をします。

城郭の門にも補修された時代の差がよく表れています。制作当初のものは、門が開閉できるような細工がされており、後で補修されたものは木の板に扉を描いただけのものもあります。

制作当初のものと考えられる大手門。 脇戸も開くようになっています。

 

板に線で描いただけの「あかずの門」。

 

今回の解体で間近に見ることで細かい作り込みも発見することができました。現在制作を進めている松本城下町ジオラマのように最新の研究成果が反映されておらず、制作当時も学術的な調査や根拠が不足していたかもしれませんが、細かい作り込みには教員たちのこだわりや熱意が表れており、また何回も補修された痕跡や、後に作り直されたガラスケースや展示台には、模型を大切にしてきた人々の想いが詰まっているようです。
今回は一部の建物を取り外しただけでしたが、細かく観察すると面白いことがたくさんわかります。110年も模型を大切に受け継いできた人々の想いを感じながら、新博物館でもご覧いただけたらと思います。

建設地の定点撮影(2022年6月1日)

 建物の外壁を囲んでいた足場が解体され、新博物館の全体像が姿を現しました。大名町通りに面する建物東側はガラス張りとなっており、開放感のある外観となっています。ガラス面からは、大きな吹き抜けになっている博物館内部を一部見ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Vol.025 まち歩きは楽しい! (R4.5.26 文責:千賀)

 信州の厳しい寒さが過ぎ暖かな日が多くなるにつれ、皆さんをご案内して城下町のまち歩きをする機会が増えてきました。
 展示室を作っている立場で言ってよいものかと思いますが、やっぱり現地に出て実際に歩いて見て回るのが一番楽しいですね。古地図を片手に歩くと、松本城の堀の痕跡、現存する水路、不自然に曲がる道路など、江戸時代の城下町と今自分が立っている場所や見ている風景がつながり、わくわくします。歴史だけでなく地質などの分野でも、現地で本物を見ることに勝るものはないでしょう。
 でも、これって、古地図という歴史資料や地質の知識があるからこそ、楽しいのではないでしょうか。
 博物館の展示や学芸員の役割は、ここにあるのだと思います。このコラムのVol001でも書きましたが、松本には、豊かな自然・歴史・文化が現地に残され、市域全体が「屋根のない博物館」です。だから、ぜひ現地に足を運んで見てもらいたい。そのために、博物館の展示や学芸員の解説を、現地をより楽しむためのガイドとして使ってもらえれば、きっと現地見学が素晴らしいものになるはずです。
 展示製作もいよいよ大詰めを迎えてきました。雪にも夏の暑さにも原稿の締め切りにも負けない、そういう学芸員に私はなりたい。

IMG_0214 IMG_0291