建設地の定点撮影(2022年5月2日)

 ゴールデンウィーク中ということもあり、建設地周辺では多くの観光客や自動車が往来していました。このような光景を見ると、新博物館が街中に立地していることを改めて実感します。建設地周辺の道路では、交通誘導等により通行人・車両に一層注意しながら工事が進められています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.24 てまり作家のてまり (文責:高木)

松本てまりプロジェクトでは、てまりモビールに使用する150個のてまりのうち約100個を市内のてまり作家さんに作ってもらいます。先日、そのてまりが納品され全てがそろいました。てまりモビール用ということで、発泡スチロール芯を使い、木製バーに固定するための軸を挿入する穴を設定してもらうなど多くの制約があり、作り手さんは大変苦労したようです。けれども今回納品された個性豊かなてまりを見て、改めててまりの素晴らしさ、一針一針に込められた、てまりを作る人のエネルギーの強さに圧倒された思いです。

まずは松本てまり保存会の海老澤さんの作品を紹介します。海老沢さんは松本市立博物館の収蔵品をもとに復活した伝統的なてまりの作り方をしっかりと守ってくださっています。てまりワークショップDコースの講師も務めていただきました。松本てまりといえばこれという、白地に八重菊のてまりは、華やかさ、文様のつくるリズムなど伝統工芸品として完成された美しさです。その他に様々なオリジナルてまりも作っています。

松本てまりの代表的な模様、八重菊

松本てまりの代表的な模様、八重菊

博物館オリジナル伝統9種

博物館オリジナル伝統9種

松本城オリジナル城の華シリーズ

松本城オリジナル「城の華」シリーズ

左から芙蓉、れんげつつじ、芝桜

左から芙蓉、れんげつつじ、芝桜

創業明治11年、松本城近くに店を構える「土産処たかぎ」も、昭和30年代に松本てまりを復活させ、土産物として売り出していました。今でも多くのてまりを販売し、体験教室も開いています。伝統的な模様ですが、地まりの色を黒くするなどモダンな雰囲気が特徴的です。

てまり高木縦
中央は「渦まきかがり」という難しい技法のてまり

中央は「渦まきかがり」という難しい技法のてまり

次に紹介するのは、てまりワークショップCコースの講師も務めていただいた、鈴木さん、森下さんに作っていただいたてまりです。8㎝から25㎝までの様々な模様のてまりで、色づかいに作り手のエネルギーを感じます。

鈴木てまり
左は伝統的な八重菊模様を変化させたもの

左は伝統的な八重菊模様を変化させたもの

最後に中町の「手仕事商會すぐり」が主催するてまりワークショップで研鑽する方々の作品です。15名の作り手がそれぞれ精魂込めて作ってくださいました。すぐりてまりの特徴はその使われる糸で、すべてオリジナルの草木染の木綿糸を使用しています。

中央はレンゲツツジをイメージしたオリジナル作品、右下は天の川で色が少しずつ変化しています。

中央はレンゲツツジをイメージしたオリジナル作品、右下は天の川で色が少しずつ変化しています。

右側のてまりは「七宝麻の葉」麻の葉模様は昔からこどもを守り成長を願う模様です。

右側のてまりは「七宝麻の葉」麻の葉模様は昔からこどもを守り成長を願う模様です。

今回、「てまりプロジェクト」を通して最も感じているのは、同じ糸、同じ模様でも作り手によって全く違うてまり=世界、ができあがるということでした。また、幼い子どもの手で作られたいびつなてまりも、職人の精緻な技法で作られたてまりも同様に完成されていると感じます。それはてまりが球体という完全な形であるということ、糸が繰り返し繰り返し巻かれていく時に必然的に成立する祈りのような時間が込められるということと関係するかもしれません。

伝統的な松本てまりを含め、松本市民の作り手によって個性豊かなてまりがそろいました。あとは、アートプロデュースの土屋氏・小松氏にゆだね、作り手の思いをのせて浮遊する、てまりモビールの完成を待つばかりです。

 

建設地の定点撮影(2022年4月1日)

 令和4年度に入りました。ついに新築工事の最終年度となり、7月に竣工を迎える予定です。現場では屋根・外壁の大部分が完成し、今年度は主に内装工事・外構工事等が行われます。建物内部では、作業員の方々が竣工へ向け急ピッチで作業を進めています。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

Vol.023 取材を通して―みすず細工― (R4.3.25 文責:福沢)

新博物館の展示製作には多くの方にご協力いただき、さまざまなことを教えていただいています。今回は伝統工芸品のみすず細工を、松本みすず細工の会の取材を通して感じたことと併せてご紹介します。
みすず細工はザルやカゴ、弁当行李などのさまざまな種類の日常品が作られ、軽く丈夫なため、明治・大正時代には海外にまで輸出された松本のブランドとして盛んに生産されていました。時代の変化とともに、安価な大量生産品やプラスチック製品などが流通し、徐々に製作者が減っていきました。最後の職人が亡くなり製作技術が途絶えましたが、市民により復活プロジェクトが立ち上がり、プロジェクト終了後の今でも体験講座などの普及活動や、技術の継承のための活動が行われています。

 IMG_4929

みすず細工製作は、材料のミスズ竹の採取から始まります。現在では長く真っ直ぐな竹を入手するのがとても難しくなってきているそうです。産業の衰退には、需要の減少だけでなく、材料の調達が困難になることも大きく影響しているとの話を実感しました。
竹を採ってくると乾燥する前に竹割りをし、内側を剥いで薄くし、削って幅を揃えてひごを作ります。過酷で地味な作業ですが、繊細なみすず細工を編むためには竹採りと竹割りがとても重要です。

IMG_5934   IMG_4077

編み方も、設計図や解説本として残されている訳ではないので、復活プロジェクトの際には博物館収蔵資料を観察し、昔の壊れかけた製品を分解したり、他地方の竹細工の技術を学んだりして、「松本の」みすず細工の技術を復元しました。会の皆さんのお話によると、熟練した職人の編むスピードはかなり早く、1日にザルを何枚も編み上げ、竹ひごの本数を数えたり確認することなく、身体が覚えているようにどんどんと編んでいたそうです。会の皆さんは現状に満足せず、自分たちの技術を高めていく向上心を持って日々作業をされていました。生まれ変わってもみすず細工をやりたいという話がとても印象的でした。

IMG_4935  IMG_9290 

人から人へ受け継がれてきた技術は、職人が亡くなると、そこで技術が途絶えてしまいます。技術を継承するためには記録を残したり人に教えたり、日頃から技術を伝え残していく活動が必要です。取材を続けているなかで、新たにみすず細工を学び始めた方もいらっしゃいました。多くの人に知られ興味を持ってもらえれば、製作品を購入するだけではなく、学びたい、作りたいと思う人もいると思います。まずは、伝統工芸品のみすず細工の魅力を多くの人に知ってもらうことが第一歩です。
ここ2年は、クラフトフェアや商業施設の伝統工芸品展といったイベントの中止で、伝統工芸品を知ってもらう機会が減り、職人としても作品や技術を披露する機会が減っています。そんななか、伝統技術をつなげるために新しい博物館でできること、やるべきことをやっていきたいと思います。

松本てまりの思い出

ホームページ上で募集した「松本てまりの思い出」に、とても素敵な写真とエピソードを寄せていただいたのでぜひ紹介したいと思います。
松本市にお住まいの40代女性からの投稿です。

☆DSC_3212.cleaned

 

 

 

 

 

「八年前、結婚を機に松本市に越してきました。
友人も知り合いもいない中、慣れない土地で過ごしていましたが、外出時にふと“松本てまり”が施されたマンホールが目に留まりました。
模様や色彩がとても綺麗だなと思い、早速調べてみることに。
すると、松本市の伝統的な民芸品だということが分かり、惹かれるようにてまり教室に申し込みをしました。
実際に作ってみると難しいものですが、糸を一本いっぽんかがっていく作業や色を選ぶ作業は、とても楽しいものでした。
妊娠するまでの二年弱、教室に楽しく通い、伝統的な八重菊模様だけでなく、様々な創作模様のてまりにも挑戦しました。

DSC_3207.cleaned

 

 

 

 

 

その間、同じ教室に通う方々と交流することができ、私自身、松本市の住民になれた喜びでいっぱいでした。
子どもが生まれてからも自宅でてまり作りは続け、家に飾るだけでなく、節句の写真などの背景に添えたりもしています。
また、友人の出産祝いなど、プレゼントとしても喜んでもらっています。
最近は多忙になってしまい、なかなか本格的なものに取り組めませんが、今度は娘も一緒に、こつこつとかがっていけたらなと思っています。

私を松本の地に馴染ませてくれた“松本てまり”。
これからもずっと続いていく伝統民芸品として、そして日々の生活の一部として、愛していきたいです。」

DSC_4644.cleaned

 

 

 

 

 

 

 

 

松本てまりの存在が、松本に暮らす喜びにつながったとのこと、「松本てまりプロジェクト」に関わるものとして、とてもうれしく、ありがたく、読ませていただきました。

これからも、松本てまりが人々の生活のうるおいとなるよう願いつつ、新博物館オープンに向けてプロジェクトを進めていきたいと思います。
「松本てまりの思い出」まだまだ募集中です。こちらのアドレスmcmuse@city.matsumoto.lg.jpに住所、氏名、年齢をご記入いただき送信してください。

建設地の定点撮影(2022年3月1日)

 今日は風が強く肌寒さを感じますが、風向きが北から南に変わっていました。日に日に春は近づいているようです。
 さて、建設現場の西側では一部足場が取り外され、建物南側の外壁が表れました。菱形のパターンが繰り返されていますが、実はこれ、松本てまりの伝統的模様の一つ「八重菊」をモチーフにしたものです。春の陽光が照らす微妙な陰影が、柔らかな雰囲気を醸し出していました。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Vol.022 なぜワラウマを展示するのか(後編) (R4.3.1 文責:千賀)

実は、博物館にはすでにワラウマがありました。1998年に寄贈され長年にわたり展示されたものですが、製作から24年が経過し状態が悪く、これ以上の展示には耐えられない状態でした。
そのことは、入山辺厩所集落の皆さんもご存じで、新しいワラウマの製作に向けて「今博物館にあるワラウマを返してほしい」とのお話がありました。24年前のワラウマは、現在製作される皆さんの親世代が作ったものです。自分の親たちが作ったワラウマをじっくりと見てみたいということでした。

 
古いワラウマ

古いワラウマ

 
新しいワラウマ

新しいワラウマ

新旧2体が並びます

新旧2体が並びます

こうして迎えた2月8日のコトヨウカの日、事前に博物館から古いワラウマを持ち込み、それを皆さんで観察しながら考察が始まります。「今よりワラの量が多い」「ジジ・ババに指がある」「昔の人は丁寧だ」などと言いながら、結論は「博物館用に気合を入れて作ったのだろう(笑)」でした。
よく見ると、目や顔の作り方は現在と違います。それでも、古いワラウマをマネするでもなく、いつも通りどんどんワラウマを作っていきます。そもそも設計図はないので、その年ごとに姿が違うのもワラウマの特徴です。ちなみに今年のワラウマは、コロナ禍で家でテレビをよく見た影響か、競走馬のようになったとのことです。そして、24年前の親世代と同様に、博物館での展示用に例年より2倍近い時間をかけて作っていただきました(笑)。
今年は、新旧2体のワラウマの周りで念仏を唱え、博物館にあった古いワラウマを河原で燃やしてもらいました。これで、24年間しっかり依り付いた博物館の貧乏神ともお別れです。
行事が終わり、新しいワラウマを新博物館へ運び出す際、「今回はワラウマを作れたが25年後にはできるだろうか」とのお話をいただきました。厩所集落では子どもが数人しかおらず、行事の継続に不安があるようです。松本市全体でも、近年では人手不足などで中止される民俗行事が多くあり、コロナ禍によりその数は増える一方です。
外部の人間が簡単に「続けてください」とは言えません。しかし、博物館での展示を通して、この行事の価値を広くお知らせすることで、誇りを持ちこれからも続けてもらえればと思います。仮に続けられなくなった場合でも、博物館でワラウマを保管すればこれをもとに復活することも可能です。
博物館は、“地域の記憶装置”と言われます。それは、古いものを大切に保管することだけではありません。今の暮らしを伝え100年後の歴史や伝統にする役割も表しています。今、消えそうになっている民俗行事や伝統はたくさんあります。地域の皆さんの力だけでは継承できないものを博物館が保管し、その価値を伝える努力をしなければなりません。こうして博物館で蓄積される歴史や伝統が、“松本らしさ”を生み出し、さらには、都市としてのブランドイメージやアイデンティティを創出することになります。
博物館の資料は、精巧な工芸品や教科書に掲載される資料など集客力のあるものばかりに目が行きがちです。ワラウマは、それらに比べるととても地味で人を呼べるものではありません。でも、松本市立博物館にとっては、とても意味のある大切な資料なのです。
なぜワラウマを展示するのか、2年前に遡って2回に分けてお伝えしました。新博物館の展示室でワラウマをご覧になる際には、展示に至るまでのこうした経緯を少しでも感じていただけると幸いです。
この想いを、どうやってワラウマに添える解説文に表現するか、私の苦悩は続きます。

Vol.021 なぜワラウマを展示するのか(前編) (R4.2.24 文責:千賀)

2月8日に、入山辺厩所集落で行われるコトヨウカの「貧乏神送り」に行ってきました。目的は、新博物館で展示するワラウマを作ってもらうことです。
この企画のスタートは2年前に遡ります。そこから語りだすと非常に長くなるので、今回のテーマは前編と後編の2回に分けてお届けします。
前編は、「ワラウマ製作を依頼するまで」です。

博物館の常設展示室で展示する資料は、基本的には、博物館で収蔵するコレクションのなかから選びます。それは、所蔵資料を詳しく調査して、その成果を展示でお伝えするためです。 しかし、「屋根のない博物館 松本」をぎゅっと詰め込んだ常設展示にするためには、博物館の収蔵資料だけでは足りず、現地で今まさに使用しているものを展示して、現地で感じる肌感覚のようなものを伝えたいと考えました。
今回のワラウマの展示は、2年前に民俗分野の展示構成を考える際に、実際に「貧乏神送り」の行事にお邪魔したのが始まりでした。
「貧乏神送り」は、コトヨウカと呼ばれる2月8日に入山辺厩所集落で行われる行事です。住民がワラを持ち寄って公民館に集まり、ジジ・ババとよばれる人形を乗せたワラの馬を作ります。そのワラウマを中心に住民が輪になって座り、大きな数珠を回しながら念仏を唱え、「貧乏神追い出せ」と言いながらワラウマを抱えて河原まで運び出し、燃やします。集落を練り歩きながらジジ・ババに貧乏神を依り付かせ、それを燃やすことで無病息災を願う行事です。

   

私自身、民俗行事には「伝統を守る」という儀式的な堅苦しいイメージを持っていました。しかし、実際に拝見してみると、集落の皆さんが楽しそうにワラウマを作っている様子がとても印象的でした。ワラウマの設計図はなく感覚で作っているので、同じものは2度と作れず、そもそも、完成後すぐに燃やしてしまうので細かいことは気にしないとのことです。「どうだったかや?」とか言いながら、笑い声の絶えない中であっという間にワラウマを作っていました。そして、河原で燃やした後に公民館で開かれる酒宴では、「今年のウマの出来は…」など皆さんで講評して盛り上がっていました。
私は、この行事では、ワラウマを作ることとともに、集落全員で共同作業をして無病息災という同じ願いを共有し、そして一緒に酒を飲むことで、集落の絆を深めることが重要なんだと感じました。ワラウマ作りは、その手段に過ぎないのです。伝統的な民俗行事は、ひょっとしたら娯楽の少ない時代の「遊び」だったのかもしれません。みんなで集まって酒を飲むための口実だったと考えると、急に身近に感じられました。
しかし、その「遊び」の先には「集落の絆を維持する」という重要な目的があります。民俗行事に楽しみを共有することで集落を維持する機能があるとすると、そこから、高齢化や人口減少という今日的な課題に対して解決のヒントが得られるかもしれません。
実際に現地で使われるものを展示できないかという目的で調査に伺ったところ、思いがけず「集落の維持」という大きなテーマに思いをはせることになりました。そして、このワラウマは、現地の姿だけでなく、民俗行事への関心を高め、集落の現状と未来を考える資料になると考えました。
そこで、行事の終了後に、集落の皆さんに新博物館でのワラウマ展示とそれに向けた製作を依頼し、快諾いただきました。
続きは、後編へ。

建設地の定点撮影(2022年2月1日)

 2月に入り、松本らしく、身体の芯から冷えを感じる日が多くなっています。
 建設現場では、ついに東端の建物部分にまで、屋根の下地がかかりはじめ、西端では屋根が葺かれはじめています。
 先日から市街地の名建築を舞台に「マツモト建築芸術祭」が開催されています。「この博物館もいつか、そうした建築物と並び称されるほどのものになれるように」、携わっている職人、職員一同、気持ちを新たに日々努力しています。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Vol.020 市民の手で松本城天守木組模型を修理 (文責:千賀)

新博物館の常設展示は、これまでの展示とは全く違う視点で一からつくり上げています。そのため展示する資料も、今までは展示されず収蔵庫に保管されていたものが数多くあります。
松本城天守木組模型もそのひとつ。昭和25年(1950)の松本城天守解体修理工事の際に製作された1/30の模型です。普段は壁に隠れている柱や梁など、5重6階の木造高層建築を支える構造を見ることができます。
製作から70年以上が経過し接着剤の劣化による部品の欠落などがみられることから、この機会に修理を行うことにしました。しかし、欠落した部品が本来どこに付いていたのか分からず四苦八苦。やはり建築の専門的知識なしには作業が進められませんでした。

 

そこで、市内在住の野村秀康さんに協力をお願いしました。もともと大工だった野村さんは、これまでに国宝旧開智学校校舎など数多くの建築模型を製作しています。野村さんの製作する建築模型はいずれも、外観だけでなく内部の構造も建築図面に基づいて精巧に再現された逸品です。
今回は、歴史資料の修復のため、破損や欠損した部材は同じ太さで複製していただき、補修材であることが分かるよう古色再現は行いませんでした。修理を終えた野村さんは「隅の軒の出を少し曲げるなど、松本城天守の構造の工夫が分かった」と大変興味深くお話しされていました。

   

今回の模型修理は、市民と一緒に進められたことが大きな成果でした。市民の宝である博物館資料を、市民の得意分野を活かして一緒に保存・活用していくことは、とても大切な活動だと考えます。市民の皆さんとともに歩み続ける博物館となるよう、これからも、皆さんと新博物館づくりを進めていきます。