Vol.038 博物館での体験ってなに(R5.1.31 文責:千賀)

ひと昔前の博物館といえば、展示を「観覧」する場所というイメージでしたが、最近では「体験」という要素が重要視されています。確かに、解説文を読み展示資料を見るだけよりも、自分で触れる・操作するといった体験要素があるほうが、関心が高まり理解が深まるとともに、なにより楽しいですよね。また、観光の志向も「モノ消費」から「コト消費」へと変化しつつあり、飲食や買い物だけでなく「そこでしかできない体験」に価値を求めるようになっているようです。

 新博物館の展示にあたっても、どういった体験を提供すべきなのかを何度も議論し、実際にいくつかの博物館で最新のコンテンツを体験してみました。VRやAR、プロジェクションマッピングといった映像・デジタルコンテンツでは、クイズやゲームなど様々なシミュレーションを楽しめました。また、資料のレプリカに触れて、模様の複雑さや重量を感じるコンテンツもありました。

どれも楽しいものでしたが、導入に向けてはどうかなと思うところもありました。

ひとつは、すでに実施されているコンテンツを参考にしたところで、二番煎じになってしまい陳腐化してしまうことです。ほかの施設と似たことを実施しても「そこでしかできない体験」ではなく、それを目的に来る人はいないでしょう。また、デジタル技術の発展は著しく、せっかく導入しても数年後には時代遅れになってしまう可能性もあります。

もうひとつは、ゲーム的な「楽しさ」が博物館の体験の本質なのだろうかということです。ゲーム的なコンテンツは博物館の楽しさを伝えるための「手段」であり、大切なのは、そこで伝えたい本質は何かということです。

 日々の業務を振り返ると、学芸員はいろいろな資料に触れています。例えば、4,500年ほど前の縄文土器に触れると、時空を越えて土器を作った縄文人と対話している気持ちになります。どんな資料でも、触ってみると「見た目よりも重いな」「この出っ張りは何だろう」「表面がザラザラしてるな」「ここに書いてある文字は…」など、多くの疑問と発見があります。疑問と発見を結び付けながら「資料と対話する=当時の使用者・製作者とつながる」ことは、とっても楽しいです。やはり本物に勝るものはありません。これこそ、博物館でしかできない体験だと考えます。

これを学芸員しかできないのは、もったいないですよね。もちろん、皆さんが資料に触れることで汚れや破損のリスクは高まるので、多くの博物館では本物ではなくレプリカを体験に使っているのだと思います。しかし、学芸員が立ち会いサポートすることで解決できるのではないでしょうか。また、学芸員との会話も生まれ、体験がさらに楽しくなるのではないでしょうか。体験を通して「資料との対話」と「学芸員との会話」を楽しんでもらうことは、博物館の敷居を下げることにもなります。機械任せではなく、博物館のヒト(=学芸員)とモノ(=資料)を楽しんでいただくことこそ、「松本市立博物館でしかできない体験」になればと考えています。

縄文土器と弥生土器を持ってみる

縄文土器と弥生土器を持ってみる



 
昔の電話を使ってみる

昔の電話を使ってみる



 

ということで、前置きがかなり長くなってしまいましたが、現在、本物の資料に触れる体験プログラムを検討しています。それとともに、学芸員のトーク力もトレーニング中ですので、ぜひ、お楽しみにお待ちください。開館後は、「松本の博物館で本物の○○を触ってみたら…」なんて声が聞けるとうれしいです。

Vol.037 こども体験ひろば アソビバ!(R5.1.24 文責:高木)

新博物館の子どものための空間は展示室というより、触って、感じる体験型の広場を目指しています。世界的なコロナ禍の影響で、実際にさわって感じるという体験が難しくなってしまいました。それでもやはり、子どもから実際に体験する機会を奪ってはならないと感じています。子どもの遊びがすべてバーチャルになってしまったら・・・・・。そう考えると不安になります。子ども時代に五感を使って一生懸命遊んだ事が大人になってからの生きるエネルギーになるはず。新博物館では「あそびはまなび・まなびはあそび」をコンセプトに子どもたちに博物館の特別なあそび場を提供できればと思っています。それが「こども体験ひろば アソビバ!」です。

展示工事1 まるはくコレクションを入れる棚

展示工事1 まるはくコレクションを入れる棚

展示工事2 壁面イラストと大型什器の枠

展示工事2 壁面イラストと大型什器の枠

具体的には、松本にゆかりのあるモノ、昔の遊びなど24種類のおもちゃ箱をそろえた「まるはくコレクション」、松本のまちをかたどった大型マップをを使って自由にまちをつくっていく「まちをつくろう」、松本に生息する動物と背比べができる「まつもとのもり」、不思議な木にマグネットの野菜や果物を貼っていく「まつもとファーム」、県産材の積み木で自由に遊ぶ「つみきひろば」、木製のボールプールにてまりを入れた「てまりおんせん」。
どうでしょう。このラインナップをみてわくわくしていただけたでしょうか。
そして、この部屋のイラストを担当したのは松本で活躍しているイラストレーターの古荘風穂さんです。古荘さん自身、現在子育てに奮闘中ということで、子どもの気持ち、親の気持ちをダイレクトに感じ、表現に生かしてくれました。

古荘さん

イラストもその存在感もエネルギッシュな古荘風穂さん

古荘 くま 

 

「こども体験ひろば アソビバ!」には古荘さんが描く、小さなまつもとの大きな世界が広がっています。

何度も描き直してもらった動物たち

何度も描き直してもらった動物たち

イラストだけでなく、アイテムの素材についても検討を重ねた「まちをつくろう」

イラストだけでなく、アイテムの素材についても検討を重ねた「まちをつくろう」

現在、すべてのアイテムが揃い、特別なアソビバ!が整いつつあります。その内容をこれから少しずつ紹介していこうと思います。

vol.036 甲冑レプリカ贈呈式を実施しました(R5.1.17 文責:本間)

赤廣三郎氏より手作りの甲冑レプリカを寄贈いただいたため、1月5日に贈呈式を実施しました。
伊佐治教育長より赤廣氏への感謝状贈呈後、甲冑の歴史やレプリカ作成方法について懇談を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

甲冑レプリカのクオリティは高く、精巧なつくりで展示も可能なレベルです。
しかし、強化プラスチックを用いて軽量化を図っているため、装着してもほとんど重さを感じず歩行に支障が無い程です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERACIMG1628

 

 

 

 

 

 

 

博物館で所蔵している甲冑をもとに作成いただいたレプリカもあります!
ご寄贈いただいた甲冑レプリカは、新博物館で着付け体験用として活用予定です。
どのレプリカも本物そっくりにできているため、着付け体験をすることで体感しながら歴史を学ぶことができます。こうご期待ください。

 cleaned20230105_192122

 

 

 
また現在、新博物館のウィンドーギャラリーに、いただいたレプリカのうち3領を展示しています。是非足をお運びいただき、実物をご覧ください。

vol.035 いよいよ搬入開始 ―収蔵資料の梱包と運搬 ―(R5.1.10 文責:大島)

旧博物館に収蔵されている資料はざっと12万点。1988年に行われたベータベースを基に随時、悉皆調査、燻蒸作業を経て、徐々に新館への資料の搬入が行われています。今回は、収蔵資料の「梱包」と「輸送」についてお話します。

梱包
まず資料の輸送に先立って行われるのは梱包作業。大切な資料を安全に運ぶための最初の作業です。コロナ禍において劇的に変化した生活様式に物流があげられます。ありとあらゆる物が直接自宅まで届けられます。その時、荷物が痛まないように適切な資材を用いて届けるための荷造りが「梱包」です。近年モノを包む梱包用資材も多様化しています。空気を利用した緩衝材エアーキャップ(プチプチ)などは、皆さんお馴染みではないでしょうか。
ここで注目してほしいのは旧館で運搬を待つ梱包された収蔵資料【写真1】。
白い紙で包まれているのが解るかと思います。この白い紙、実は日本発の優れもので「白薄葉紙」というものです。一定方向に強く、特性を利用しもう一方方向は簡単に裂けるため頑強な紙紐も現場で作ることができます。今では世界中の博物館や美術館で使用されているスタンダードな梱包材の一つなのです。

【写真1】 梱包された収蔵資料

【写真1】梱包された収蔵資料

輸送
当館の中でも超ヘビー級の収蔵資料「蒸気ポンプ(大正2年)」。優に800㎏を超すと思われ、輸送は長年の実績と経験を積んだ専門業者6人で行われました。入念な事前打ち合わせにより作業手順が決定しました。運搬時のダメージを回避するため、木枠が組まれています。思い出したのは、以前立ち会った重要文化財である仏像彫刻の運搬のこと。この木枠はその時のノウハウが生かされていました。多様な資材と道具を駆使して、仏像に対峙する時と同じ心持ちで、輸送を遂行していただきました。この一連の作業は、大事な資料の安全の担保、資材の解体のしやすさに加え、再利用が可能なサスティナブルな資材が活用されていました。

蒸気ポンプ① 蒸気ポンプ②

【蒸気ポンプ搬入】

博物館資料の運搬を扱う専門の作業員。服装にしても作業時にポケットのものが落ちて資料を痛めるリスクを避けるため、胸ポケットのない長袖のユニホーム、資料を汚さないため白手袋を着用。資料への気配りと、たくさんの道具を使い分ける技術力が求められます。

最後に、学芸員実習の際の「資料取り扱いの心得」について幾つか触れておきます。まず、資料の構造や状態について理解を深めることが前提です。
・どんな小さな資料でも必ず両手で行い、モノを扱うとき音を立てない。
・取り扱いは冷静に慌てないこと、一人で無理をしない(2人で組になって行う)。
・箱に入った資料を扱う際には箱の紐に頼らないで、底と側面をしっかり持つ。
そして何より大切なことは、歴史を刻んできた資料に「敬意」と「愛情」を持って接するようにと先輩から言われたこと思い出しました。

古文書搬入

【古文書を収蔵庫へ搬入】

古文書など紙資料は、酸性化を防ぐため中性紙箱を使用し保管します。調湿と防虫効果にも優れています。

「松本てまりプロジェクト」番外編 本郷小3年2組が初めて作ったてまり

 12月上旬にウィンドーギャラリーにてまりを展示しました。本郷小学校3年2組の皆さんが総合学習の時間を使って制作したてまりで、28個の色とりどりのてまりが並びました。
 今年度初めにお話を伺った際に、先生が「松本てまりプロジェクト」をご存知だったこともあり、ウィンドーギャラリーでの展示のお話をさせていただいたものです。
 展示の際には特別に児童の皆さんにバックヤードに入ってもらい、自分でてまりを展示してもらいました。

 

 「松本てまりプロジェクト」では新博物館のエントランスホールを飾るシンボル展示物を市民参加で制作しましたが、市民と博物館をつなぎ、今まで以上に博物館を身近に感じてもらうことを目指す取り組みでもありました。プロジェクトをきっかけに松本てまりに興味を持つ市民が増えたことも成果の一つですし、このように市民が作ったものを博物館に展示できたことも、てまりが市民と博物館をつなげてくれたからだと思っています。
 今後もてまりモビール制作のように市民が参加し、「私たちの博物館」と思っていただけるような事業を継続的に行っていきたいと思っています。

 本郷小学校3年2組のてまりは令和5年1月末まで展示予定です。児童の皆さんが初めて作ったてまりをぜひご覧になってください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

vol.034 資料を安全な場所へ (R4.12.19 文責:福沢)

 展示製作業務委託が先月に完了し、導入展示があるエントランスや展示室の準備が徐々に整ってきました。展示製作業務では展示ケースに実際に資料や解説パネルを並べ、安全に、見やすく資料を展示できているかを確認し、展示器具の調整などを行いました。
 vol.030でも書きましたが、作ったばかりの展示ケースや展示器具は、使用された塗料や接着剤などから資料を劣化させてしまう汚染物質が出ています。もちろん、汚染物質の発生が少ない材料を使用し、その後も十分に換気し「枯らす」ことで、展示室内やケース内の汚染物質濃度が基準値以下であることを専門業者が測定を行って確認しています。

 
ケースを開けて「枯らし」を行います。

ケースを開けて「枯らし」を行います。

 ですが、資料を劣化させる汚染物質は、木質材料など長期間にわたり微量に出続けるものもあり、徐々にケース内に溜まってしまうことがあるので、確実に放出が終わり、安全な空気環境になるまで資料を展示することができません。また、夏季は放出が多く、気温の下がる冬季は放出が少ない傾向にあります。
 きれいに展示した資料ですが、変色、腐食、破損から守るためには一度安全な空気環境である収蔵庫に戻す必要があるのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
  確認のためにケースに並べた資料をきれいに包み直して保管します。

 資料を劣化させる怖れが確実になくなるのは来年の夏以降のため、開館は令和5年秋となっています。
 それまでは展示ができないため、皆さんに展示室をご覧いただくことはできませんが、今後も開館に向けて様々なイベントや情報発信を行っていきたいと思います。

vol.033 展示を支える縁の下の力持ち (R4.11.28 文責:千賀)

博物館の展示室の主役は、もちろん展示資料です。でも、資料を展示するために欠かせないものが、展示ケースです。展示ケースがなければ、博物館の資料を展示することができません。
博物館の資料は、長い年月を経て今に残るものや精巧な飾りのついたものなど、非常に繊細で脆いものも多くあります。そのため、展示するためには展示ケースに入れて資料を守らなければなりません。では、何から資料を守るのでしょうか。それは、温度・湿度・有害ガス・紫外線などの大気に含まれるものから、地震や火災、事故や盗難といった災害など、資料を傷つける可能性のあるすべてのものから守ります。
展示ケースには絶対の安全性が求められます。ケース自身が有害なガスを発していないか、また、ケース内に外気が入ってこないかなどを測定し、基準を満たしているかどうかを確認します。それとともに、実際に資料を展示して開閉時の操作性や展示台の安定性などの確認も必要です。
一方で、展示ケースはただ資料を守るだけではなく、来館者がストレスなく資料を見ることができることも大切です。そこで、仮展示の作業では、資料を展示する高さや角度、ガラス面からの距離などを細かく調整しながら、解説パネルとの位置関係や照明の当て方を決めていきます。
資料を保存することだけを考えると、本当は安全な環境が維持された収蔵庫でゆっくりと休んでもらうことが良いのですが、皆さんに見てもらうこと(=展示)も博物館資料の重要な仕事です。しかし、展示は、収蔵庫から出すため資料にとってはリスクを伴います。そのリスクを最小限に抑えながら、来館者には最大限に満足してもらうという、2つを両立させる役割を展示ケースは担っています。
でも、そんな重要な役割をもっていながら、展示室ではできるだけ存在を消さなければなりません。まさに展示を支える縁の下の力持ちです。
今回製作した展示ケースは、こうした困難なミッションを果たしうる、全幅の信頼をもって大切な資料を預けられるケースになったと思います。展示室に来られた際は、もちろん展示資料を見ていただきたいですが、展示ケースのことも少しだけ気にかけていただけると、うれしいです。
特別展示室

松本あめ市にあわせ、はかり資料館を無料開館します。

無料開館日

令和5年1月8日(日)

対象施設

松本市はかり資料館

vol.032 松本てまりモビール完成 (R4.11.8 文責:髙木)

11月6日、秋晴れの吉日に「松本てまりモビールお披露目会」が開かれました。
この会は昨年秋に開催した市民ワークショップの参加者、お世話になった先生方など、関係者全員で「松本てまりモビール」の完成の瞬間を分かち合い祝おうという会です。
このモビールに使われたてまりは146個、その製作者全員に声をかけ、木製フレームを製作した柳沢木工所の方々にも来ていただきました。
一人二人と参加者が集まり、初めて、新博物館の講堂がいっぱいになった時、博物館の体温があがっていく、空間が温かくなっていくように感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、完成に至るまでの、取材と試作/信大金井ゼミでのプレワークショップ/市民ワークショップ/東京での仮組み上げ/現場での設置実証実験と、「松本てまりプロジェクト」の5つのプロセスを動画を使って振り返りました。その後、講堂から吹き抜けエントランスに場所を移し、いよいよ松本てまりモビールのお披露目です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者が作った自分のてまりが見つけられるように、あらかじめ、モビールは下降させてあります。コース別に作った見取り図を見ながら、それぞれ自分が作ったてまりがどこにあるかを探しました。見つけて嬉しそうに輝く参加者の笑顔がまた、新博物館の体温を上げていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者すべてのてまりが見つかったところでカウントダウンが始まりました。「5、4、3、2、1!」てまりを乗せたモビールが参加者の歓声に押されるように一斉に吹き抜け空間を上がっていきます。上昇後、自然とあふれた拍手とともに「松本てまりモビール」が完成しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吹き抜けの2階にあがる大階段の右半分はベンチ仕様になっています。そのベンチに座って、できたてほやほやの松本てまりモビールを眺めながら参加者の感想などを聞くことができました。「新博物館のオープンが待ち遠しい」と言ってくださる方が多数あり、このプロジェクトが博物館と市民とをつなぐきっかけになったことが本当にありがたいと思いました。

(このお披露目会は展示製作を請け負う、株式会社乃村工藝社のソーシャルグッド事業の一環として行われました。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新博物館 ウィンドーギャラリー展示紹介

現在、新博物館のウィンドーギャラリーでさまざまな展示をしています。
今回は展示の様子を少し紹介したいと思います。

1 松本まるごと博物館分館紹介

 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

まるごと博物館分館を紹介するコーナーです。
各分館に関する展示品及び外観写真を展示しています。
松本市立博物館・旧開智学校は現在休館中ですが、その他の分館は開館しておりますので、是非足をお運びください。

 

2 召田薬師堂 仏像展示【終了しました】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

四賀・召田薬師堂から借用した「薬師如来像」「十二神将像」を展示しているコーナーです。
今回展示中の仏像は普段は地域の方が保存しており、公開されていない貴重な文化財です。
本コーナーの展示は11月3日(木)までとなります。是非お早めにご覧ください。