松本てまりプロジェクト「混沌に秩序をあたえるのが美術のちから」

「松本てまりモビール」が新博物館にとうとう設置されました。設置されたといってもまだ仮の設置なのですが、吹き抜け空間にてまりが上がっていく瞬間の感動をお伝えしたいと思い、その様子をレポートします。
8月23日午前、まだまだ残暑が厳しい中、東京からアートプロデユースの土屋氏、小松氏、アシスタントの鈴木さんが現場に入りました。三人が松本に来るのは昨年10月のてまりワークショップ以来10か月ぶりで、新博物館に入るのは初めてです。建築に造詣の深い土屋氏から「階段のてすりの曲線など木をふんだんに使ったデザインが松本らしく素晴らしい空間だ」とほめていただきました。

吹き抜け2階部分、 この右手にてまりモビールが吊るされます

吹き抜け2階部分、
この右手にてまりモビールが吊るされます

さて、さっそく作業の開始です。集められたてまりはすでに木工職人が作った白木のバーにのっています。前回、東京の小松氏のアトリエで仮組みをした際に課題となったてまりの重量のばらつきは、小さな真鍮のボールを使うことによって調整することができました。

中央下にあるのが真鍮の ボール

中央下にあるのが真鍮の
ボール

まず、てまりをのせた木製のバーにワイヤーを吊るすための金具を仕込みます。
その後、土屋氏、小松氏によって微妙なバランスの調整を行い、天井まで昇降可能なバトンで吊り上げていきます。

金具取付 調整 土屋
調整土屋小松 調整踏み台

木製バーにのったてまりが吹き抜け空間をゆっくりと回転しながら上がっていく様子に胸が高鳴ります。そして、すべてのバトンをあげ、木製バー28本、てまり約150個が新博物館の吹き抜け空間を満たした時、なんとも形容しがたい感動を覚えました。てまり一つ一つに作り手の思いがのっています。それらが呼応しあって静かに浮遊し、ひと時として同じ形状ではありません。全く見飽きません。
土屋氏は「これだけ多様なてまりがあることにワクワクする。その多様性はともすれば混沌だが、その混沌に秩序を与えるのが美術のちから」だとおっしゃっていました。実力のある二人の美術家によって新博物館の吹き抜けエントランスが本当に生き生きとした美しい空間になりました。
その後、さらに全体の空間を見て、ワイヤーの長さを調整していきました。

2階から見てさらに調整

2階から見てさらに調整

翌日、順番に降ろして再び金具の調整、てまりの修正などを重ね、すべての調整が終わったのは24日の夕刻でした。

1階から見上げても、2階から見下ろしても楽しい

1階から見上げても、2階から見下ろしても楽しい

写真では空間の素晴らしさが伝えきれないのが残念

写真では空間の素晴らしさが伝えきれないのが残念

松本てまりモビールはこの後、時間経過によるバランスの変化や安全性などを確認していきます。まだ完成ではありませんが、外からガラス越しに見えますのでお近くに来た際にはぜひ覗いてみてください。

vol.030 人にも資料のためにも必要な「枯らし」期間(R4.8.23 文責:福沢)

先月、建築工事が完了し、新博物館の外観が皆さんにもご覧いただけるようになりました。
現在は展示室に展示ケースや必要な機器などの設置作業を行っており、開館は令和5年10月を予定しています。
建物ができても開館まで時間が空いてしまうのにはとても重要な理由があります。

それが「枯らし」です。

新築の建物に入ると独特なにおいがしますが、新築後の建物ではコンクリートや壁紙などの内装材、使用された接着剤や塗装などから様々な化学物質や水分が放出されています。
放出されたアンモニアやホルムアルデヒドなどは、化学物質過敏症やシックハウス症候群の原因となることがあり、十分に対策することが法令等で定められています。
これらの化学物質は人体だけでなく資料にも悪影響を与えます。影響は下の表のとおりですが、文化財資料が被害を受けてしまうと取り返しがつきません。

独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所    「美術館・博物館のための空気清浄化の手引き」より

 

そのために、放出された汚染化学物質を換気し、文化財資料の展示・収蔵に望ましい濃度まで下げる通風乾燥期間が必要で、業界用語ではこれを「枯らす(枯らし)」と言います。
近年は温湿度管理のために高気密な展示ケースが主流で、展示ケースの内装材から発生する酢酸などの酸性ガスがわずかな量であっても、密閉度が高いために展示物に有害な影響を与える濃度にまで上昇する場合があり、展示ケース内部の枯らしも重要です。
文化庁の指針にも「鉄筋コンクリート造である保存施設の躯体の枯らし期間は、コンクリート打設後二夏以上を確保」とありますが、枯らしが終わらないと、松本市立博物館の国指定文化財をはじめとした多くの貴重な収蔵資料を新博物館に引越しすることができないのです。

 

枯らしが終わるまでは空の収蔵庫

枯らし期間中には、水道やガス、電気など様々な設備を運転させてみて問題がないかを確認します。
これらも大切な資料を運び込む前に必要な作業です。
文化財資料が失われてしまうと、そのものが記憶してきた歴史も失われてしまいます。
貴重な松本の宝を未来へつなげていくために必要な作業を行い、新博物館開館の準備を進めています。

松本市立博物館の電話の一時不通について

電話回線工事のため、松本市立博物館では以下の日程で直通番号が一時使用できません。
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご理解をお願いいたします。

不通となる番号と日時

不通となる番号:0263-32-0133
不通となる日時:令和4年9月1日(木)

不通の間の連絡先

不通の間、博物館へご用の際は0263-34-3000へ連絡いただくようお願いいたします。

第3回博物館まつり開催について

博物館を母体に活動している皆さんによるイベントを開催します。
子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです!
ぜひお越しください。
日時:9月24日(土)午前9時~午後4時
会場:歴史の里・旧制高等学校記念館ほか
※松本市立博物館全分館の観覧料無料となります。
※当日は各分館でクイズに答えるとオリジナル缶バッジをプレゼントします。
 (各分館で先着順、それぞれの分館でデザインが異なります。)
※新型コロナウイルス感染状況により開催が延期または中止となる場合があります。

博物館まつりチラシ(R4.8.19)

松本市歴史の里 開催イベント

◆松本の七夕を知ろう
 小学生の親子向け七夕講座を開催します。
 開催時間 午後1時30分~2時20分
 会 場  松本市歴史の里(展示・休憩棟)
 対 象  小学生の親子
 持ち物  筆記用具、飲み物(必要な場合)
 ※(要申込 先着順定員7組  9月6日より電話予約開始 
松本市歴史の里へ<☎0263‐47‐4515>)

◆松本地方の化石
 松本地方で発見された化石のギャラリートークを行います。
 ①松本に生息していた大海原の魚たち
 ②松本に生息していたクジラ・アロデスムスとは
 ③松本に生息していた大海原の魚たち
 ④松本に生息していたアロデスムス発掘記録
 開催時間 ①午前10時50分~/②午前11時20分~/③午後1時~/④午後1時30分~(各回20分程)
 会 場  松本市歴史の里(木下尚江生家)                    

◆昔の遊び
 開催時間 午前10時~午後3時
 会 場  松本市歴史の里(旧松本区裁判所庁舎前広場

◆松本六地蔵調査発表~まつもとの六地蔵は鈸(はち)を鳴らす~
 松本市内全域の六地蔵調査の発表と六地蔵の魅力を紹介します。
 開催時間 午後2時30分~3時30分
 会 場  松本市歴史の里(旧松本区裁判所庁舎)

◆松本市歴史の里館内案内
 開催時間 午前10時~/午後2時~(各回60分程)
 集合場所 旧松本区裁判所庁舎前

※「松本の七夕を知ろう」以外は、予約不要でご参加いただけます。

 

旧制高等学校記念館 開催イベント

 ◆屋根のない博物館松本を歩く~旧制松本高等学校界隈~
 
旧制松本高等学校の構内や周辺を、記念館に残る開校時の写真などと比較しながら解説を交えて歩きます。
 ※少雨決行予定。天候によってはコースを変更します。

 開催時間 午前10時~11時30分
 対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
 持ち物  雨具
 集合場所 旧制高等学校記念館入口
 ※(要申込 先着順定員10名  9月6日より電話予約開始 旧制高等学校記念館へ<☎0263‐35‐6226>)

街なか 開催イベント

 ◆まる博deウォーキング~城下町松本を歩く~
 
市民学芸員の解説で、城下町松本を歩きます。
 ※少雨決行予定。
 ①コース:本町と博労町界隈
 ②コース:松本城北西、総堀界隈
 ③コース:十王堂界隈
 開催時間 ①②とも午前9時45分~12時
      ③午前8時50分~12時30分
 対 象  ①②③とも小学生以上(小学生は保護者同伴)
 持ち物  ①②③雨具、飲み物、動きやすい服装
      ③のみコップも

 集合場所 ①②は枡形広場、③は松本城太鼓門
 ※(要申込 ①②③とも先着順定員10名  9月6日より電話予約開始 松本市立博物館へ<☎0263‐32‐0133>)
 ※駐車場が無いためなるべく公共交通機関でお越しください。

問い合わせ

松本市立博物館へ☎0263‐32‐0133>

vol.029 職人の心意気 (R4.8.5 文責:高木)

新博物館の展示の目玉の一つは初市の宝船です。この宝船は昭和初期まで松本の新春の行事、初市(飴市)で活躍していました。戦国時代、塩止めで苦しんでいた松本に、敵将上杉謙信が塩を送ったとされる「義塩伝説」にちなみ、塩が届いたことを祝う祭礼がいつしか塩市、飴市となって、現在でも連綿と続いています。その飴市の象徴ともいえる宝船の修復作業が真夏の木曽で始まりました。今回、船の漆塗り作業を担当してくれるのは、木曽の漆職人さんたちです。先日、「道の駅木曽ならかわ」内に設置された作業現場に解説パネルを設置し、その作業を見学してきました。

作業現場風景 7人の職人さんが剥離作業に取り組んでいました

作業現場風景
7人の職人さんが剥離作業に取り組んでいました

美しい漆塗りの船を復元するためには、まず、剥げたり欠けたりしている表面をすべて剥離しなければなりません。日本が世界に誇る漆塗りの加工技術は繊細でありながらもその強固さを誇っています。その強固な塗りを、施された彫刻などを壊すことなくすべて剥がす作業は想像以上に根気のいる作業です。職人さんたちは、およそ100年前にこの宝船を作った当時の職人の技術に感嘆しながら、自分たちもそれに劣らぬ仕事をしようと意気込んでいました。その作業場に溢れる汗と熱気に、これから復元されていく宝船の完成を予想して胸が熱くなりました。

削り 職人背中
船 帆先 4人

文化財の修復には技術の継承という大事な役割がありますが、新しく生まれ変わる宝船が新博物館に展示されることによって継承されていくのは技術だけではない、職人さんの心意気もなんだと感じることができました。

この作業の様子は「道の駅ならかわ」で、8月1日から31日まで一般公開しています。ぜひ職人さんたちの仕事を見学していただき、そして復元された姿を新松本市立博物館に見にきてください。

建物 工程

「道の駅木曽ならかわ」では漆塗りの工程の展示や、実演も行っています。

建設地の定点撮影(2022年8月1日)

 外構部分の植栽も完了し、ついに新博物館建築工事が竣工となりました。今後は建物内で展示物の設置等が行われ、開館は令和5年秋を予定しています。建設地の定点撮影は今回で最後となりますが、展示製作の様子等をコラム「博物館の展示ができるまで」で引き続き発信していきますので、ぜひご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

夜の新博物館外観

夜外観2

 夜外観1

松本民芸館臨時休館のお知らせ

照明更新工事のため、松本民芸館を臨時休館します。

臨時休館日:令和4年9月13日(火)~9月15日(木)(3日間)

Vol.028 空っぽの展示室 (R4.7.28 文責:千賀)

 これまで仮囲いに覆われていた新博物館の建物ですが、ついにその姿を表しました。個人的には、松本らしく「新しいなかにどこか伝統的な匂いがする」落ち着いた雰囲気の建物だと感じています。ご覧になった皆さんはどうでしょうか。

新博物館外観

 今日は、新しい常設展示室を少しだけご紹介します。
 天井は鉄板が複雑に折り重なった特殊な構造を採用しています。凸凹が連続する様子は、北アルプスの山並みにも見える大迫力の景観です。この構造は、常設展示室だけでなくエントランスの吹き抜けにも採用されていますので、お近くに来た際には、新博物館のガラス張りのエントランスを外側からのぞいてみてください。
 展示室の壁は、場所によって白と黒に分かれています。その理由は…お楽しみに!白い壁の両側のくぼみは、展示ケースを設置する空間です。これから展示ケースや間仕切壁などの設置を進め、この広い展示室がどんどんにぎやかに埋まっていく予定です。
 これまで松本のたくさんの“場所・もの・出来事”を松本の宝として調査し、展示の構想を進めてきました。空っぽの展示室はいわば「箱」です。そこに「松本の宝(=展示物)」を詰め込んで「宝箱」を完成させる作業が、いよいよ始まります。

展示室 その1  展示室 その2

松本てまりプロジェクト「松本てまりモビール仮組み」

前回のコラム(2022.4.19「てまり作家のてまり」)で、市民のみなさんに作っていただいたてまりに加え、てまり作家さんたちに作っていただいたてまりもすべてそろったことを報告しました。さて、今回はそれらのてまりが現在どうなっているかについてお伝えします。
4月後半に松本から東京の小松氏のアトリエにすべてのてまりが届けられました。アートプロデユースの土屋氏、小松氏ともに開封されたてまりの多様性に驚かれたと聞いています。そのひとつひとつに込められたてまりの美しさとエネルギーが二人の美術家の目と手によってどう変化していくのでしょう。作業としてはまず、それらのてまりを仕分けし、ナンバーをつけ、重さを測り、配置の構想を練ります。

アトリエに届けられた松本てまり

アトリエに届けられた松本てまり

仕分けの作業風景

仕分けの作業風景

そして、6月27日から29日にかけて、てまりモビールの仮組みが行われました。
土屋氏の考えで、松本てまりらしい伝統的な八重菊模様が一番目立つということで、その八重菊のてまりから配置を考えていったそうです。その後、重さや色のバランスなどを考慮しながら床に配置し、吹き抜けのアトリエの2階からバランスを見ます。

吹き抜け2階からバランスを見る小松氏と土屋氏

吹き抜け2階からバランスを見る小松氏と土屋氏

床に並べて配置を決める。右奥にいるのが土屋氏

床に並べて配置を決める。右奥にいるのが土屋氏

配置が終わり、吊り上げてみると、様々な検討事項が浮上しました。今回、てまりの出来上がりの重量を予想して設計していましたが、作り手や模様によって、使われる糸の分量が違うため、予定通りにバランスをとるのが大変難しかったのです。てまりがのった木工バーが平衡をとって浮遊するという繊細な作品の実現のため作家達のさらなる工夫が必要となりました。

吊り上げてバランスを調整

吊り上げてバランスを調整

「松本てまりモビール」は今回の仮組みで明らかになった課題をクリアし、さらにアート作品として洗練されていきます。新博物館の建設工事も終わり、設置される吹き抜け空間を外から確認することもできるようになりました。その空間に実際にモビールが吊るされるのは8月下旬から9月の初めの予定です。

新博物館の外観

新博物館の外観

てまりモビールが吊られる吹き抜け空間

てまりモビールが吊られる吹き抜け空間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vol.027 七夕の助っ人「カータリ」 (R4.7.7 文責:高木)

七夕祭りは全国的に7月7日とされていますが、これは旧暦の日付で、松本ではひな祭り同様、月遅れの8月7日にお祝いします。現在の日本の8月7日は猛暑の真っただ中、七夕は夏の行事と認識されがちですが、暦の上ではもう立秋、俳句でも秋の季語、秋の行事になっています。そここに川辺があり、湿った土の上を歩いていた昔の日本の集落では、秋がくるのも早かったのでしょうか。風になびく笹の葉と満天の星空に浮かぶ天の川、在りし日の七夕祭りの美しさを想像すると、確かに秋の気配がします。

さて、松本市立博物館には国の重要有形民俗文化財に指定されている七夕人形コレクションがあります。その「七夕行事の変遷を究明する上で極めて重要な資料となる」45点のコレクションのなかに、「カータリ」という松本地域特有のとても変わった人形があるので紹介します。下の写真の一番左がカータリです。

重要文化財馬場家住宅の軒下に飾られた七夕人形。

重要文化財馬場家住宅の軒下に飾られた七夕人形。

 

 

 

 

 

 

 

松本では織姫と彦星の対の七夕人形を軒下に飾る風習がありますが、それと一緒に角材で作った男の人形もぶら下げます。このカータリ(川渡り)は、雨が降って天の川が増水してしまった時に織姫(または彦星)を背負って川を渡る大切な役目を担っています。年に一度しか会えない七夕様のため、着物の裾をしりっぱしょり(尻端折り)して長い足を出し、天の川のほとりで待機している人足です。この伝承の人物がどうして松本の七夕に登場するのかよくわかってはいませんが、作物のためには雨がほしい、でも、織姫と彦星が会えないのは可哀そうという、人々の複雑な願いを解決するカータリというキャラクターが松本の七夕には必要不可欠なのです。

長い足が特徴のカータリ(川渡)、アシナガ(足長)、カワコシ(川越)とも言われます。

長い足が特徴のカータリ(川渡り)、アシナガ(足長)、カワゴエ(川越え)とも言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
松本市立博物館では数年前までこのカータリをストラップにして販売し、七夕の「恋のキューピット」としてとても人気がありました。現在は販売されていませんが、新博物館ではこのカータリストラップをワークショップとして復活させたいと思っています。胴体部には、石垣を壊すとして伐採された松本城の樹齢100年の欅(けやき)を使い、願いをこめながら結ぶ紐が手足となります。見る角度によって表情が変わる、カータリというキャラクターを生かしたかわいいストラップです。

松本城100年欅で作る カータリ君ストラップ

松本城100年欅で作る
カータリ君ストラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
新博物館の常設展示だけでなく、エントランスに設置される大型イラスト、こども体験ひろばのぬりえにもカータリが登場します。この、松本特有の頼もしい助っ人「カータリ」が、織姫・彦星だけでなく、新博物館と市民との橋渡しもしてくれそうです。