vol.013 新博物館の備品選定業務について(R3.7.29 文責:弘中)

 今回は、コラムの全体的なテーマである展示からは少し離れますが、新博物館の備品選定業務についてご紹介したいと思います。
 備品と聞いて、皆さんはどんなものを思い浮かべるでしょうか。職員が使う机や博物館資料を収蔵する棚、来館者が休憩するベンチなど、様々なものが備品に含まれます。新博物館のどこに、どのような備品を設置するのか考えることが備品選定業務の主な仕事です。

 日常の業務では、新しく導入する備品の検討や、新博物館への移転に向けた現博物館の備品整理を行っています。導入備品については、製品カタログや備品メーカーとの打合せを通じて検討を行っています。1つの備品でも使用方法・デザイン・材質等によって多くの製品があるため、選択肢が多く悩みながら選んでいます。

事務所にある備品のカタログです。 見れば見るほど迷ってしまいます。

事務所にある備品のカタログです。
見れば見るほど迷ってしまいます。

 現博物館の備品整理では、新博物館へ持っていく備品、他の施設で再利用する備品、廃棄する備品などを判別する必要があります。整理する備品の中には展示ケースなども含まれるため、展示担当とも協力しながら業務に取り組んでいます。

ああ

                      

整理中の

整理中の事務備品や展示ケースです。積極的に再利用し、廃棄する備品を減らしていく必要があります。

 新博物館には様々な備品が導入されますが、来館者の皆さんが「使いやすいな」、「おしゃれだな」など、少しでも印象に残るような備品を導入したいと思っています。また、備品の中には松本の伝統工芸品等の導入も検討しており、備品からも松本の文化を感じられる博物館を目指しています。

vol.012 松本てまりプロジェクト (R3.7.5 文責:高木)

 去る6月28日に、信州大学の金井直教授のゼミで松本てまりのワークショップを行いました。
このワークショップは新博物館が市民に開かれた博物館になるよう企画した「松本てまりプロジェクト」の一環で、エントランスの吹き抜け装飾を市民の皆様と一緒に作っていこうとするものです。 
 まず、アートプロデュースをしていただく、武蔵野美術大学の土屋公雄教授、新進気鋭の造形作家である小松宏誠氏から、模型を見ながらコンセプトの説明がありました。エントランスの吹き抜け空間を静かに浮遊する、木製バーと松本てまりを組み合わせたモビールです。

小松・土屋

「てまりモビール」模型

「てまりモビール」模型

 金井ゼミの学生はすでに、市民参加の博物館の在り方、松本てまりの歴史について学習しています。今回は「てまりモビール」に使用するてまりを実際に作ってみようということで、てまりを作るのも、針を持つのも初めてというような初々しい11名が授業の一環として参加してくれました。

制作風景1

制作風景3

 途中、ディスカッションの時間をはさみながら、正味90分、真剣に針を運んだ結果、作者自身がびっくりするほど素晴らしいてまりが出来上がりました。すべて八重菊という伝統的な模様ですが、色の組み合わせ、針の運び方の違いで十人十色個性的なてまりとなりました。

作品3

作品4

 今回、学生のみなさんから「想像以上に楽しかった」「てまりが好きになった」「新博物館に行くのが楽しみになった」などの感想を多くいただくと同時に、ワークショップの改善点も見えてきました。それらを活かして、9月から市民に向けたワークショップを企画していく予定です。

「松本てまりプロジェクト」は信大松本キャンパスから静かに力強く始動しはじめました。

 

建設地の定点撮影(2021年7月1日)


博物館施設の西側では、建設中の建物の上にタワークレーンが設置されています。通常のクレーン車ではなくタワークレーンを使用することで、建設工事により道路を占有する範囲を小さくしています。
 210701_from-south_to-west 210701_from-south_to-east
 210701_from-west?? 210701_from-east

vol.011 松本てまり (R3.6.28 文責:高木)

 松本てまりは松本を代表する民芸品であり、マンホールやお菓子のデザインなど松本の街の彩りとして欠かせないものとなっています。しかし戦後全く廃れてしまい、作り手がいなくなってしまった時期がありました。松本てまりが今日のように復活したのは、細い糸をつないでいくような、ある物語があったからです。

 現在、博物館に収蔵されているてまりで一番古いものは昭和初年に寄贈された岩崎せんさんが作ったてまりです。せんさんは幕末安政元年前後の生まれと予想され、せんさんが作ったてまりは江戸期のてまりをほぼ再現しているといわれています。色はあせていますが、とても丁寧にかがられた美しいてまりが11種類あり、それぞれに名前が付けられています。

岩崎せんさん制作「八重づる桔梗」

岩崎せんさん制作「八重づる桔梗」

岩崎せんさん制作「遊星」

岩崎せんさん制作「遊星」

 
 この、博物館に展示されていた岩崎さんの作ったてまりをもとに、松本てまりを再生したのが上條八尾さんです。八尾さんは幼いころ母親に作ってもらったてまりが忘れられず、記憶をたどって、てまり作りをしていました。その美しいてまりを見初め、松本てまりの再生を依頼したのが、丸山太郎さんでした。丸山さんは松本民芸館を創設し、クラフトのまち松本の礎を築いた方です。丸山家のひな祭りには必ず古いてまりが飾られていたそうです。

上條八尾さん制作「八重菊」

上條八尾さん制作「八重菊」

上條八尾さん制作「遊星」

上條八尾さん制作「遊星」

 八尾さんが作ったてまりは繊細で美しく、今でも色あせない斬新な配色です。せんさんが残し、八尾さんが再生した伝統柄9種は、現在、松本てまり保存会のみなさんが博物館オリジナルとして制作し続けています。その他にも多くの方々が松本てまりの普及に尽力してきました。多くの市民の努力によって再生された松本てまりですが、そのもとになったのが、博物館に保存・展示されていた岩崎せんさんのてまりだったわけです。松本てまりの歴史の糸をつなぐのに一役かったのが、博物館だったことを誇りに思います。

建設地の定点撮影(2021年6月1日)


博物館敷地の西側に、建物の構造が表れてきました。今回の博物館の工事では、西から東にかけて5つの工区に分け、徐々に工事する場所を移っていく「建て逃げ」という方法で工事を進めています。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA?? OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.010 建設現場で感じた職人さんの技術と情熱(R3.5.28 文責:堀井)

 今回は建設現場の様子を見学させてもらいましたので、その時の様子を簡単にレポートしてみます。新博物館では、「プレキャストコンクリート造」の柱を使って建物を建てていくという特徴があります。

吊り上げられる柱。実は重量15トン!

吊り上げられる柱。実は重量15トン!

 とても大きなクレーンを使って柱を据える位置まで移動させるのですが、クレーンと柱の位置とは何十メートルも離れています。それだけ離れているのに、柱を受ける基礎の部分は・・・。

900mm角の正方形に、9本の突起が出ている柱の基礎部分

900mm角の正方形に、9本の突起が出ている柱の基礎部分

 たったのこれだけの大きさしかなく、それぞれの棒の位置まで見据えてピンポイントで設置します。周囲の職人さんとの連携があってこそですが、クレーン操作の技術にはただただ驚嘆するばかりでした。
 設置された柱には、線が埋め込まれており、基礎の棒と線とを結んで引っ張ることで柱を固定するそうで、「張力」という力を使うことによって、柱だけで自立するそうです。学芸員としては、こういう難しい内容をわかりやすく・うまく伝えられないようにしないといけないのですが、まだまだ力不足です。

柱の傾きの計測。たった1mm、されど1mm。

柱の傾きの計測。たった1mm、されど1mm。

 柱の設置後は、柱に対して2方向から測量をし、「4mm西」「1mm北」などの声が交わされていました。これだけ大きい柱に対してミリ単位の誤差を修正していくのです。職人さん曰く、「建物の1階で少しでもくるってしまうと、3階まで建てたときの歪みはもっと大きくなってしまうから」だそうです。頭が下がるばかりです。
 現場見学をしていると、「学芸員さんに見てもらえて張り合いがでます、頑張ります。」と多くの職人さんに声をかけていただきました。

一本の柱にも多くの職人さんの技術や思いが詰まっています。

一本の柱にも多くの職人さんの技術や思いが詰まっています。

 「リモートはいつか、リアルを完全に凌駕するか」。テレビで流れていたCMですが、現場・本物には人を動かす力や熱があることは事実です。本物を見てもらう・触れてもらうための博物館。最新のリモートという手段の力は借りつつも、リアルが持つ力を皆様に伝えられるよう、学芸員一同、これからも悩みつつもよりよい博物館にしていくために、前に前にと進んでいきます。

 

vol.009 松本を再発見する(R3.5.7 文責:福沢)

 新博物館は3階建てで、3階に常設展示室、2階に企画展などを開催するための特別展示室ができます。
1階は博物館の入口として、多くの皆さんに気軽に立ち寄ってもらえる空間を目指しています。
 1階エントランスホールには、博物館に来られた皆さんを歓迎し、初めて松本に訪れた方にも現在の松本がどんなところかを知っていただくための展示をします。松本を紹介するには私たち学芸員が松本を知っていなければいけませんので、実際に現地に行って自分の目で確認することが必要です。

現地確認のため急な山道も 登ります。 前の千賀学芸員はサクサク登っていきます。

現地確認のため急な山道も
登ります。
前の千賀学芸員はサクサク登っていきます。

 見てもらいたい、知ってもらいたい松本ってどんなところかなと考えながら改めて市内を訪ねてみると、
今まで知らなかった魅力に気づくことができたり、松本の良さとして再認識することができます。

松本藩主から領民に解放されたのが始まりの 城山公園。 200年近く経っても市民が集う憩いの場です。

松本藩主から領民に解放されたのが始まりの
城山公園。
200年近く経っても市民が集う憩いの場です。

 市外や県外から来られた方にはもちろんですが、市民の皆さんにも松本の魅力を再発見してもらいたい。
新博物館がそんな場所となるよう展示を考えています。

 

【募集終了しました】第10期市民学芸員養成講座

 博物館で学び、情報発信するためのスキルを身につける市民学芸員養成講座の受講生を募集します。今回の市民学芸員養成講座では、「松本高等学校」「北杜夫」をテーマに、松本の歴史・文化について学び、多くの人に伝えるための実習を行います。(全9回講座)

対象

年間9回(原則土日開催予定)の講座を受講でき、野外での調査等に参加できる方

日時・会期

初回講座:6月26日(土)午前10時~午後4時
2回目以降:7月17日(土)、8月21日(土)、9月4日(土)、10月30日(土)
      11月27日(土)、12月11日(土)、1月22日(土)、2月26日(土)
      ※予定は変更になる場合があります。

会場

あがたの森文化会館 2-8教室

定員

10名

料金

1500円(3回目の講座時に一括徴収)

内容

街歩き、「松本高等学校」「北杜夫」に関する企画展の実施等

申込み

6月7日(月)午前9時から電話で松本市立博物館へ
(TEL:32-0133)

建設地の定点撮影(2021年5月6日)

今日は撮影のために現場に行くと、敷地南西側で何やら人だかりが…。何かと思ってよく見ると、建物を支える柱を立てていました。柱だけで本当に自立してました!詳しくは、また展示コラム(博物館の展示ができるまで)で紹介したいと思いますが、職人さんの技が凝縮されていて感動しました。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.008 レトロ玩具「かるた」(R3.4.23 文責:高木)

 双六は楽しく遊びながら学べる、まさに、新博物館が目指す子どもの空間にぴったりだと前回のコラムに書きました。今回は「かるた」についてです。
 かるたも双六と同様に歴史は古く、ポルトガル語の「Carta」が語源になっています。昭和初期にはお正月遊びの定番として人気がありました。種類も豊富ですが、最も有名なのは「犬棒かるた(いろはかるた)」でしょうか。「負けるは勝ち」「油断大敵」「楽あれば苦あり」「泣きつらにハチ」など今でも使えることわざの宝庫です。

犬棒かるた小

 かるたについて調査を進めるなかで見つけたのが「少国民カルタ」です。
 昭和17年(1942)10月発行で、この年には「欲しがりません勝つまでは」が流行語となって  
います。アンネフランクが日記を書き始めた年でもあります。

小国民かるた箱小

 かるたには教育的側面もあると話しました。
 しかし、この読み札と絵札を見ると胸が痛くなってきます。

小国民かるた小

 どんな時代にあっても、大人は子どもの遊びに責任を持つべきです。
 新博物館では子どもの遊びについてしっかりと考えなければと、このかるたを見て思いを新たにしました。