縄文土器づくり講座

市内で出土した本物の縄文土器をモデルにして、縄文土器をつくります。

土器づくり(形成)

土器づくり(形成)

 

 

 

 

 

 

 

「縄文」の由来である縄目や竹べらなどを使って粘土に模様をつけ、1ケ月後に野焼きをします。

 縄文人のわざと美に挑戦して縄文時代の生活をイメージしてみよう。

野焼き

野焼き

 

 

 

 

 

 

 

1 日 時   平成29年10月15日(日)成形  9時~12時まで
               11月12日(日)野焼き 9時~12時まで
        ※雨天の場合は11月19日(日)に延期します。

2 会 場   松本市立考古博物館 2階体験学習室(成形)
        松本市立考古博物館 西側職員駐車場(野焼き)

3 定 員   各20名(先着)

4 対 象   小学4年生以上で、両日とも参加できる方

5 参加費   800円

6 申込み   10月5日(木)午前9時から電話で考古博物館へ (☎86-4710)

考古学まるごと体験!!

夏休みに実施の人気講座!勾玉づくり、火起こし、弓矢飛ばし、土器に触ろうなど、考古博物館で行っている体験学習をまとめて実施します。古代へ半日タイムスリップして、当時の人々の知恵と技術を体験してみよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日 時  7月29日(土)午後1時30分~4時
会 場  松本市立考古博物館
対 象  小学生以上
(小学校低学年の参加者は、保護者の付添いが必要です)
定 員  先着30人
参加料  300円 
受付開始 7月11日(火)午前9時より

申込み 電話で考古博物館まで(☎0263-86-4710)

第39回あがたの森考古学ゼミナール「魅力あふれる松本の山城」

 

この度、小笠原氏城跡(井川城跡・林城跡うち大城)が国史跡に指定されました。今回の講座では、松本の山城をテーマに開講いたします。第1講では、発掘調査担当者から、これまでの発掘調査で明らかになった成果について解説いたします。第2講では、長野県立歴史館の笹本正治館長に信濃の戦国史と小笠原氏城跡など山城についてご講演いただき松本の山城の謎へと迫ります。

2 林城跡遠景

林城跡遠景

日 時  第1講7月9日(日)、第2講7月23日(日)
いずれも午後1時から午後3時
会 場  あがたの森文化会館会議室2-8
     ※駐車場が少ないので、公共交通機関をご利用ください。
定 員  各講先着60人
参加料  各講200円
講 師  第1講「林城と林山腰遺跡~戦国時代の小笠原氏本拠をさぐる」竹原学/松本市文化財課課長補佐
第2講「松本平の山城と戦国時代」笹本正治氏/長野県立歴史館館長
申込み:7月1日(土)午前9時以降に松本市立考古博物館へお電話ください。
(☎:0263-86-4710・FAX:0263-86-9189)

5 林小城主郭北面

林小城主郭北面

 

縄文土器づくり講座

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土器づくり(成形)

市内で出土した本物の縄文土器をモデルにして、縄文土器を作ります。
「縄文」の由来である縄目や竹べらなどで粘土に模様をつけ、1ヵ月後に野焼きをします。

日 時:成 形 10月16日(日)9時~12時
    野焼き 11月13日(日)9時~12時  ※雨天の場合11月20日(日)もしくは23日(水)に
    延期します。

対 象:小学校4年生以上で、両日とも参加できる方

定 員:20名(先着順)

参加費:800円

申込み:考古博物館(0263-86-4710)へお電話ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土器づくり(野焼き)

 

 

考古学まるごと体験!!

 

 勾玉づくり、火起こし、弓矢飛ばし、土器に触ろう体験など、考古博物館で行っている体験学習をまとめて実施します。一日古代人になりきって、当時の人々の気持ちに迫ってみよう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1 日時   平成28年7月30日(土)13:30~16:00

2 場所   松本市立考古博物館

3 対象   小学生以上

4 料金   500円

5 申込方法 電話で考古博物館(86-4710)まで

6 その他  小学校低学年の参加者は、保護者の付添いが必要です。

「鹿角アクセサリーづくり体験」を始めます!

 鹿角は、縄文時代から装身具や狩猟具として利用され、縄文人は、肉はもちろん角や骨や皮まで無駄にすることなく利用しました。そして、現在、考古博物館がある松本市中山地区にはたくさんの鹿が生息し、猟友会員が活動を行っていますが、捕獲した鹿が充分に活用されていないという現状があります。
 そこで、考古博物館では、自然のなかで動物とともに生活した縄文人にならって、地元でとれた鹿角を使う「鹿角アクセサリーづくり体験」を始めました。好きなビーズや紐と組み合わせて自分だけのオリジナルアクセサリーを作ってみませんか!

実 施 日:3月19日(土)より実施し、開館日はいつでも体験できます。
      ただし、材料が無くなり次第終了します。
      事前予約は不要ですが、団体で体験される場合は事前にご連絡ください。
料   金:400円
対   象:どなたでも体験可能です。
体 験 時 間:約20分
協   力:この体験は、中山地区地域づくりセンターの協力により地元でとれた鹿角を使用しています。

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー

鹿角アクセサリー