まつもとの七夕2017「古民家で楽しむ七夕さま」を開催します

 松本平では、七夕を月遅れに祝う風習が残っています。馬場家住宅では、松本まるはく連携事業「まつもとの七夕2017」の一環として、例年主屋において、古民家の中での七夕の風情を体験していただく展示を行っています。 

1 会  期  平成29年7月1日(土)~8月20日(日) (月曜日休館、祝日の場合は翌日)

2 料  金  通常観覧料(大人300円、20名以上の団体は200円、中学生以下無料)

3 内  容  松本の七夕人形、江戸時代の七夕飾り

4 関連事業  ① 七夕人形作り講座 七夕人形作りキットを使って本格的な七夕人形を作ります。

           日 時 平成29年7月9日(日) 午後1時30分~午後3時30分 

           会 場 馬場家住宅主屋

           定 員 10名

           料 金 1,100円(キット代)、通常観覧料

        ② ほうとうサービス 幅広の麺に小豆、黄な粉を和えた七夕の伝統食をご賞味ください。

           日 時 平成29年8月6日(日) 午前10時から、なくなり次第終了                                                                                       

           会 場 馬場家住宅主屋

           料 金 無料、ただし通常観覧料が必要

ぜひ、古民家の中での七夕を、お楽しみください!

 

江戸時代の七夕再現

江戸時代の七夕再現

IMG_1597

七夕人形のある縁側

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほうとうの試食、お兄ちゃん、おいしい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重要文化財馬場家住宅 お茶席の会 担当協力団体の誤表記について(おわび)

各 位 

   日頃は、重要文化財馬場家住宅の事業に対しまして、ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 さて、先般発行いたしました、あなたと博物館5月1日号のガイドコーナーにおきまして、お茶席の担当が「松風の会/表千家」となっておりますが、正しくは、5月21日(日)が「松風の会/表千家」、6月26日(日)が「おしゃれ茶道の会/裏千家」でございます。表記が不完全であり、大変ご迷惑をおかけしました。心よりおわび申し上げます。

 今後は、このようなことにならないように注意を払ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

                                                                                                                                                                                 松本市立博物館分館

重要文化財馬場家住宅

特別公開! 隠居屋・茶室

IMG_3321IMG_3322

 

 

 

 

 

左:隠居屋内部、右:茶室内部 

 重要文化財馬場家住宅では、市制施行110周年・開館20周年の記念イベントとして、所有者の馬場太郎氏の好意により、通常非公開の隠居屋と茶室を特別公開いたします。ぜひこの機会に、第15代当主で元外交官である馬場称徳氏が晩年を過ごした隠居屋と、坪庭を見下ろす高台にある茶室をご覧ください。

期間・時間                                                                               平成29年5月1日(月)~5月5日(金)                                                              午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入 館 料                                                                              5月1日(月)は無料                                                                      5月2日(火)~5日(金)は通常入館料が必要

はた織り体験講座

小学生から気軽に参加できる裂き布などを使った初級者向けの裂織体験教室と、将来高機(たかはた)で織物を目指したい人・ボランティアとしてお手伝いしたい人の上級者向け高機入門教室を開催いたします。                                                 この機会に、ぜひ日本の伝統的なはた織りに挑戦してみませんか。

 

P8220177 P3240614

 

 

 

 

 

 

はた織り体験講座共通事項

会場

重要文化財馬場家住宅南門長屋

参加費

各講座1回1,000円

講師

宮島道江氏ほか、染織の会

問合せ

重要文化財馬場家住宅                                                                〒399-0023 長野県松本市大字内田357番地6                                                電話 0263-85-5070 

Aコース 初級者向け 裂織体験教室

日程

・第1回  5月20日(土) 敷物を織ろう                                                        ・第2回  6月17日(土) 袋物を織ろう                                                           ・第3回  7月15日(土) 三つ折りのさいふかソーイングセットのどちらか                                      ・第4回  8月19日(土) 自然物を生かした織                                                   ・第5回  9月 9日(土) 自分で用意した素材で創作織                                             ・第6回 10月14日(土) 自由に織る

対象

小学校高学年以上の方はどなたでも可能                                                                    全6講座は独立していますので、お好きな回にお申し込みください。

時間

午前9時30分から午前11時30分まで

定員

各回4名

申込み

各講座の1ヶ月前から電話で馬場家住宅まで

Bコース 上級者向け 高機入門教

日程

・第1回  5月10日(水) 高機の仕組みと組み立て、プランニング、素材づくり                                                    ・第2回  6月14日(水) たて糸のワクあげ、整経、かりおさ通し、ちきりに巻き                                ・第3回  7月12日(水) 高機に仕掛ける                                                     ・第4回  8月 9日(水) 織る、トラブルの直し方、仕上げの仕方                                      ・第5回  9月13日(水) いろいろな素材で織る                                                                  ・第6回 10月11日(水) 次のプランニング、織ったものを作品にする。

対象

将来高機で織物を目指したい人・ボランティアとして手伝いをしてみたい人で、6回続けて出席可能な人

時間

午前9時30分から午後3時30分まで

定員

4名

申込み

電話で馬場家住宅まで

29機織りポスターチラシ

お茶席の会(前半 4月~7月)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 作法がわからなくても大丈夫です。どなたでもお気軽に参加いただける、お茶席の会です。重要文化財に指定されている江戸時代の古民家で、ゆったりとした時間をお過ごしください。4月~11月の日曜日に開催予定です。

会 場

 馬場家住宅主屋

料 金

 無料(ただし、観覧料として大人300円が必要です。中学生以下・市内70歳以上の方は無料です。)

申込み

 不要です。

開催予定

 第1回 4月23日(日)午前10時~正午 担当 おしゃれ茶道の会(裏千家)

 第2回 5月21日(日)午前10時~正午 担当 松風の会(表千家)

 第3回 6月25日(日)午前10時~正午 担当 おしゃれ茶道の会(裏千家)

 第4回 7月23日(日)午前10時~正午 担当 松風の会(表千家)

お問い合わせ

 重要文化財馬場家住宅

 〒399-0023 長野県松本市大字内田357-6

 電話:0263-85-5070

その他

 8月~11月の予定は、後日お知らせいたします。

 29お茶席ポスター(前半)

 

 

松本市市制施行110周年記念 松本押絵雛による端午の節句展(4月22日~6月4日)

CIMG2267

 

 

 

 

 

 

 重要文化財馬場家住宅では、こどもの日にあわせて、松本地方で作られた押絵雛形式による端午の節句を祝う人形の展示を行います。                 

 押絵雛とは、厚紙を切った型に綿をのせて、布で包み張り合わせた立体感のある絵で作られた人形の形式です。江戸時代の終わり頃に書かれた『善光寺道名所図会』にも松本の特産品「ひいな」として紹介されています。雛人形がよく知られていますが、端午の節句のためのものも多くあり、たくましくあれ、と願った武将などの力強いものなど、様々に意匠を凝らしたものが制作されてきました。

 幕末の本棟造りの民家の中で、初夏を告げる風物詩、端午の節句の飾り物をご覧いただき、その風情を楽しんでみてください。

会 期

 平成29年4月22日(土)から6月4日(日)まで

 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)

 開館時間 午前9時から午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分まで)

会 場

 重要文化財馬場家住宅 主屋

観覧料

 大人個人300円、20名以上の団体200円

 中学生以下、松本市内の70歳以上の方は無料

お問い合わせ

 重要文化財馬場家住宅

 〒399-0023 長野県松本市大字内田357番地6

 電話 0263-85-5070

OLYMPUS DIGITAL CAMERAチラシ

 

 

押絵雛展~古民家で楽しむひな祭り~(3月1日から4月9日まで)

ひな祭り鑑賞の写真

 馬場家住宅では、ひな祭りにあわせて松本伝統の押絵雛をはじめとしたひな人形を展示します。
 押絵雛とは、厚紙を切った型に綿をのせて、布で包み張り合わせた立体感のある絵で作られた雛人形です。江戸時代の終わり頃に書かれた旅行ガイドブック『善光寺道名所図会』には松本の特産品として「ひいな」が登場しています。これが押絵雛の起源といわれています。
 幕末の本棟造りの建物を彩る、春の訪れを告げるにふさわしい華やかな押絵雛をぜひお楽しみ下さい。

会期

平成29年3月1日(水)から平成29年4月9日(日)まで

休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間:午前9時から午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分まで)

会場

重要文化財馬場家住宅

観覧料

大人300円
(中学生以下及び松本市在住の70才以上の方無料)

29押絵雛チラシ  

お問い合わせ

重要文化財馬場家住宅
〒399-0023 長野県松本市内田357-6
電話:0263-85-5070

 

松本平の御柱展(12月3日から1月22日まで)

馬場家住宅のある松本市内田地区では、新年を迎えると道祖神の傍らに五色の色紙で飾られた柱が立てられます。一週間ほどで姿を消してしまうこの柱は「御柱(オンバシラ)」と呼ばれるもので、内田地区のみならず西山山麓や安曇野の各地に伝えられています。御柱と言えば七年に1度行われる諏訪大社の御柱が有名ですが、この御柱は毎年行われ五穀豊穣、家内安全などの願いをかけてさまざまな飾りのついた柱を立てる道祖神のお祭です。
本展では、二十九カ所の御柱を写真などで紹介します。個性豊かな御柱をお楽しみください。

松本平の御柱の写真

 

会期

平成28年12月3日(土曜日)から平成29年1月22日(日曜日)まで

休 館 日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館しその翌日休館)
      年末年始(12月29日から1月3日)

開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

会場

重要文化財馬場家住宅

観覧料

大人300円
中学生以下及び松本市在住の70才以上の方無料 

●H28松本平の御柱展チラシ

お問い合わせ

重要文化財馬場家住宅
〒399-0023 長野県松本市内田357-6
電話:0263-85-5070

専門家が語る馬場家住宅の魅力~重要文化財指定20周年を記念して~

重要文化財馬場家住宅研究センター平成28年度研究交流会
専門家が語る馬場家住宅の魅力~重要文化財指定20周年を記念して~

名古屋大学重要文化財馬場家住宅研究センターの研究交流会が開催されます。
これまでの公開講座と研究交流会の実績、研究成果を活かし、重要文化財馬場家住宅とその周辺地域が持つ豊かな環境を含めた遺産の魅力を再確認します。
また、馬場家住宅の主要部分が国の重要文化財に指定されたのが平成8年12月であり、主屋などが松本市立博物館の分館として一般公開を始めたのが平成9年4月であることから、今回の企画はそれらの20周年記念として位置づけるものでもあります。
重要文化財馬場家住宅に着目し、そこに残された古文書と建物が語る文化と歴史を考え、無形・有形の遺産の魅力を再発見します。

日時

平成28年12月10日(土)13時から16時40分

会場

重要文化財馬場家住宅

プログラム

講演1:吉澤政己(信州伝統的建造物保存技術研究会副理事長)
「本棟造としての馬場家住宅」(仮題)

講演2:堀田典裕(名古屋大学重要文化財馬場家住宅研究センター助教)
「〈再考〉馬場家住宅」(仮題)

囲炉裏端談義「馬場家住宅の魅力」

募集人員

30名(先着順)

参加費

無料

応募方法

馬場家住宅へご連絡下さい(TEL:0263-85-5070)

主催

名古屋大学重要文化財馬場家住宅研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学 環境総合館2階

共催

松本市教育委員会

その他

ポスター展示「遺産としての馬場家住宅」が開催されます。ぜひお越しください。

開催期間:平成28年12月6日から12月11日まで
開催場所:重要文化財馬場家住宅
休館日 :月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

お問い合わせ

重要文化財馬場家住宅
〒399-0023 松本市内田357-6
TEL:0263-85-5070

馬場屋敷ピアノリサイタル-星へのプレリュード-

馬場家住宅恒例のピアノリサイタルです。
約110年前にドイツで製造されたグランドピアノ、通称「蘭子のピアノ」の音色が江戸時代末期の民家に響き渡ります。
古民家に響くクラシックのメロディーをどうぞお楽しみください。
演奏者 ヤスヨ・テラシマ・ヴェアハーンの写真

演奏者 ヤスヨ・テラシマ・ヴェアハーン

 

 

日時

平成28年12月17日(土曜日)
午後2時開演

会場

馬場家住宅主屋

演奏者

ヤスヨ・テラシマ・ヴェアハーン(寺島康代)
ピアニスト
武蔵野音楽大学ピアノ科卒。
7歳より伊藤信男に手ほどきを受け、平井揚子、福井直敬、マックス・マーティン・シュタイン、レナーテ・クレッチマー各氏に師事。
スズキメソード指導法を片岡ハルコ氏に師事し、ドイツスズキ才能教育指導者、レムシャイド市立音楽学校ピアノ講師としても活動。
皇后陛下御前演奏会・ペンシルバニア州音楽祭をはじめ、ドイツ・アメリカ・日本においてソリスト・室内演奏者として活躍中。
1975年から1989年 ドイツ、1989年から1994年 アメリカ、1994年以降はドイツ・ボン在住。

 

入場料

無料

お申込み

不要

主催・共催

主催 馬場屋敷ピアノリサイタル実行委員会
共催 重要文化財馬場家住宅

 

H28ピアノリサイタルチラシ

 

お問い合わせ先

重要文化財馬場家住宅
〒399-0023 長野県松本市内田357-6
電話:0263-85-5070