上條館長の山城案内 宮原城

宮原城 みやはらじょう(松本市入山辺宮原)

 さて、今日は宮原城(みやはらじょう)です。
 山家城(やまべじょう)の対岸に位置しています。もともとは小笠原氏が諏訪系の神氏(後に山家氏を名乗る)を監視するために作った砦だと推測されますが、その後、播州姫路(ばんしゅうひめじ)より来住した折野薩摩守昌治(おりのさつまのかみまさはる)が山家氏と改名し、山家城を中心にこの地区を支配した際、改修したのではないでしょうか。そうすると小笠原城郭群として桐原城(きりはらじょう)、宮原城、山家城がつながるような気がします。山家氏は始めは小笠原氏に属していましたが、林大城(はやしおおじょう)の自落の後、村上氏を頼った小笠原氏とは袖を違え、武田氏に属し、川中島の戦いでも戦功があったとされています。この城は長野県町村誌には要害城跡(ようがいじょうせき)と記載されています。

薄川第一発電所

薄川第一発電所

 さて、道のりですが、薄川南の道をどんどん東に進むと舟付(ふなつけ)の集落があります。この入り口の左側に長野県最古の発電所である薄川一発電所(すすきがわだいいちはつでんしょ)があります。ぜひ、立ち寄ってみてください。
 その道を進むと右手に宮原神社(みやはらじんじゃ)が見えてきます。

もうしばらく行くと、右側に宮原の道祖神(どうそじん)があります。

道祖神を案内する看板

道祖神を案内する看板

宮原の道祖神

宮原の道祖神

 この道祖神は抱肩握手像(ほうけんあくしゅぞう)といい、二神が握手して立っている双体像(そうたいぞう)です。下の彫刻は全国的にも珍しい男女の合体像で、縁結びの神として広く信仰されています。ここも立ち寄ってほしい場所です。

道の右手(南側)の看板 地図1

道の右手(南側)の看板 地図①

 ここをあと100mほど進むと、右手に「宮原城登山口」の看板が見えてきます。この入り口に車を止めさせてもらいます。

 小さな川沿いに上るのですが、夏はかなりの草藪になってしまいます。雨が降ると沢が荒れるので要注意です。

鳥獣フェンスの金具 少し行くと、いつもの鳥獣フェンスがみえてきます。この入り口は奥の金具を持ち上げる形式です。少し、コツがいりますが、開けて入ってください。

 右側に大山神社(おおやまじんじゃ)という小さな社が見えてきます。道標は山手に向かう道を指示していますが、おすすめできません。むしろ、大山神社の上の方に登っていった方がいいと思います。

大山神社

大山神社

大山神社脇の道標 地図2

大山神社脇の道標 地図②

沢筋の道標

沢筋の道標

 大山神社脇の道標に従って沢筋を登ると、次の道標が見えてきます。ここからも直登できるのですが、こちらの道はおすすめできません。

宮原城おすすめルート地図

宮原城おすすめルート地図

昔の畑跡

昔の畑跡

 大山神社のすぐ上(西)の段には石積みがありますが、これは城域ではなく、昔の畑跡だと思われます。農業で使った廃材が散らばっています。

 この畑沿いを歩いていくと、いよいよ右手の山が待ち構えています。正直、道はほとんどわかりませんが、地元の方が歩いたであろう道筋があちこちに見えます。ピンクのテープが巻いてある松がヒントかもしれません。

ジグザグに登る坂の道標

ジグザグに登る坂の道標

 ジグザグにゆっくりと登っていくと次の道標に出会います。

空堀の道標 地図3

空堀の道標 地図③

 少しずつ平場(ひらば)もあり、そこを過ぎると空堀(からぼり)の道標があります。いよいよ城郭の雰囲気がでてきました。

 少し行くと三郭(さんのくるわ)、二郭(にのくるわ)に着きます。二郭には土塁(どるい)が築かれ、堀切(ほりきり)で主郭(しゅかく)とつながります。

二郭の土塁 地図4

二郭の土塁 地図④

 主郭は16m×8mの広さです。

主郭 地図5

主郭 地図⑤

 主郭の北側に積石(つみいし)が散乱しています。南側にもその姿は見られます。

主郭北側の積石

主郭北側の積石

主郭南側の積石

主郭南側の積石

 東側には入り口である虎口(こぐち)跡らしきものもあります。

虎口跡

虎口跡

 南側は水番城(すいばんじょう)と同じく、比高(ひこう)が高い山につながっていますので、山辺の城らしく四重の竪堀(たてぼり)がどんと作られています。(四重目は少し離れています。)

四重の竪堀

四重の竪堀

 宮原城は少々、道が整備されていないので、登りにくいですが30分ほどで、小笠原城郭群の片鱗が見えますので、登ってみてください。