蓄音機で聴くSPレコードコンサート2020

 11月3日が「レコードの日」であることにちなんで、時計博物館の蓄音機によるSPレコードの演奏会を開催します。

コンソール型蓄音機

コンソール型蓄音機

蝋管式蓄音機

蝋管式蓄音機

ラッパ型蓄音機

ラッパ型蓄音機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時

 令和2年11月3日(火・祝) 午後2時から3時まで

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室 (※演奏中の会場出入りは自由です)

料金

 無料 (1、2階常設展示は通常観覧料が必要)

内容

 時計博物館所蔵の蓄音機とSPレコードによる演奏会です。コンソール型蓄音機とラッパ型蓄音機の演奏の聴き比べや、蝋管式蓄音機の試演なども予定しています。

申込み

 不要

 

「江戸時代の絵本と浮世絵」を開催します。

偐紫田舎源氏初編上下表紙

偐紫田舎源氏初編表紙

 

 本展は、日本浮世絵博物館との共催展として、「江戸時代の絵本と浮世絵」・「押絵雛と浮世絵」・「浮世絵に描かれた時計」の3つのテーマにそって、博物館資料を浮世絵とともに展示し、博物館資料のさらなる魅力を紹介します。

会期

令和2年10月3日(土)~10月25日(日)(毎週月曜日休館)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

松本市時計博物館 3階企画展示室

料金

通常観覧料(大人310円 小・中学生150円)

夏期特別展「時計の部品展」を開催します。

 A2poster_web.cleaned

会期

令和2年7月23日(木・祝)~9月6日(日)

【月曜日休館、休日の場合はその翌日、(ただし8月11日(火)は臨時開館)】

会場  

松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料  

通常観覧料 (大人:310円 小・中学生:150円)

 

概要 

 一般的な機械式時計は、文字盤と指針があり、鐘をついて我々に時間を知らせてくれます。この時計を動かすための時計機械は、様々な役割を持つ機構に分けられます。動力をつかさどる機構、時間を調節する機構、時を打つ機構などがあり、そこに使われる時計部品も一つ一つ重要な役割を果たしています。本展では、機械式時計の歴史や、明治時代以降の日本に普及した時計を主に取り上げ、時計の仕組みや部品の役割などを紹介します。

 

古時計ネジ巻き見学会→中止


 通常は開館前に時計技師が行っている、常設展示の古時計のネジ巻きや時刻合わせの様子を特別公開し、各時計の特徴などを解説する見学会です。大型振子置時計などを解説する予定です。

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

日時

 令和2年3月14日(土)・15日(日)
 各日 午前9時~午前10時

会場

 松本市時計博物館 常設展示室

料金

 通常観覧料(大人:310円 小・中学生:150円)

定員

 なし

申込み

 不要

令和2年あめ市歴史展示「にぎわいのあめ市」

 古来より様々に名称や形を変えながら続いてきている「あめ市」は、城下町松本の正月の風物詩となっている伝統行事です。本展では、「あめ市」の歴史を資料展示などにより紹介するとともに、江戸時代から現代にかけての「あめ市」のにぎわいについて展示します。

「善光寺道名所図会」 初市の様子

「善光寺道名所図会」 初市の様子

2006-002 塩取合戦

塩取合戦の綱引き

 

 

 

会期・開館時間

 令和2年1月4日(土)~1月26日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 無料(1、2階常設展は通常観覧料)

時計博物館ミニ展示「四柱神社と城下町」開催します

 四柱神社は、明治12年に現在地に鎮斎された比較的新しい神社です。ですが、近代以降のマチの行事や形成に関係が深くあります。現在では地元の方だけではなく、観光客も含め多くの参拝者が訪れています。そんな四柱神社を中心に城下町の歴史について紹介します。

四柱風景

四柱神社風景

 

会期

令和元年度9月14日(土)~10月6日(日)(毎週月曜日休館 休日の場合はその翌日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

松本市時計博物館3階企画展示室

料金

通常観覧料(大人300円 小・中学生学生150円)

     (※10月1日以降 大人310円)

松本市時計博物館臨時休館のお知らせ

松本市時計博物館では、施設の空調設備の更新工事にともない、下記の期間臨時休館いたします。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申しあげます。

休館期間

令和2年6月29日(月)~7月6日(月)

松本市時計博物館の開館のお知らせ

松本市時計博物館は、令和2年6月2日(火)より下記のとおり開館いたします。

開館

 令和2年6月2日(火) 午前9時より

ご来館の皆様へのお願い

 ◆ マスク着用での見学をお願いします。
  ● マスク未着用のお客様の入館をお断りさせていただく場合があります。
 ◆ 手指消毒の徹底にご協力ください。
  ● 館に設置してある手指消毒用アルコールをご利用ください。
 ◆ ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保をお願いします。
  ● 人と人との距離を約2メートル空けてご見学ください。
   混雑時には入館者数を制限させていただく場合があります。
  ◆ 入館制限
  ● 咳、頭痛、咽頭痛など、新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状のある場合は、入館をご遠慮ください。
  

  ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

松本市時計博物館の臨時休館延長のお知らせ(令和2年4月3日更新)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、松本市時計博物館の臨時休館は延長となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力を賜りますよう、お願いいたします。

休館期間

当面の間

時の記念日企画展「わが家のお宝時計展Ⅴ」

 

 6月10日の時の記念日は、時間の大切さが広く意識されるように設けられた記念日で、大正9年(1920)に制定されました。明治時代になって暦が変わり、欧米に並ぶためには時間の大切さを意識しなければならないと考える人々が増え、制定された記念日です。

 本展では、そんな時の記念日にちなみ、ご家庭で大切にされてきた時計を展示します。家族の「時」を刻んできた思い出の時計をこの機会にぜひご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

展示風景

会期

 令和元年(2019)5月18日(土)~6月16日(日) 【毎週月曜日は休館】

 ※6月10日(月)は時の記念日のため臨時開館します。

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円

 

古時計説明会

 古時計を実際に動かしながら時計の仕組みを説明します。

 ○日時   6月8日(土)、6月9日(日)
       【第1回】午前11時20分 【第2回】午後2時20分 (各回とも約20分間)

 ○参加費  通常観覧料