夏期特別展「髙岡コレクション展」

 尼崎市に在住されていた髙岡得三郎氏(1933~2004)が収集された古時計等の資料190点余りを、ご遺族からご寄贈いただきました。各時計の製造国はアジア(日本・中国・韓国)、ヨーロッパ(ドイツ・イギリス・フランス・スイス)、アメリカと多岐に渡っています。また、製造年代も江戸時代から昭和後期までと大変幅広いものです。
 当展覧会では、ご寄贈いただいた様々な掛時計・置時計を展示し、各古時計の魅力等をご紹介します。

八角掛時計

八角掛時計

蹄鉄形置時計

蹄鉄形置時計

 

 

 

 

 

 

会期

 平成30年7月21日(土)~9月2日(日)【毎週月曜日は休館(ただし8月13日は開館)

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 (大人:300円 小・中学生:150円)

 

時の記念日企画展「時計博物館収蔵品展2018」

 

線香時計

線香時計

 松本市時計博物館では毎年様々な時計が寄贈されており、現在600点以上の時計資料を所蔵しています。本展では、精工舎製の掛時計・置時計やオリエント時計社製の自動巻腕時計など、平成29年度に寄贈された時計の数々を公開展示し、古時計の魅力をご紹介します。また線香時計や大砲形日時計、トランペット吹奏時計など、風変わりな仕掛けをもった時計を共に展示します。

会期

 平成30年5月19日(土)~6月17日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円

 

古時計説明会

 古時計を実際に動かしながら時計の仕組みを説明します。

 ○日時   6月9日(土)、6月10日(日)
       【第1回】午前11時20分 【第2回】午後2時20分 (各回とも約20分間)

 ○参加費  通常観覧料

古時計ネジ巻き見学会

 通常は開館前に時計技師が行っている、常設展示の古時計のネジ巻きや時刻合わせの様子を特別公開し、各時計の特徴などを解説する見学会です。大型振子置時計などを解説する予定です。

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

日時

 平成30年3月17日(土)・18日(日)
 各日 午前9時~午前10時

会場

 松本市時計博物館 常設展示室

料金

 通常観覧料(大人:300円 小・中学生:150円)

定員

 20名(先着順)

申込み

 不要

あめ市歴史展示「福の神とあめ市」

 古来より様々に名称や形を変えながら続いてきている「あめ市」は、城下町松本の正月の風物詩となっている伝統行事です。本展では、「あめ市」の歴史を資料展示などにより紹介するとともに、松本市重要有形民俗文化財に指定されている「初市の宝船・七福神人形」の写真パネルや、福の神を題材とした「松本押絵雛」や「中野土雛」の展示をします。(※本展は「松本市市制施行110周年記念」事業です。)

松本押絵雛 大黒天

松本押絵雛 大黒天

中野土雛 だるま恵比寿

中野土雛 だるま恵比寿

 

会期・開館時間

 平成30年1月4日(木)~1月28日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 無料(1、2階常設展は通常観覧料)

時計博物館最寄りバス停留所変更のお知らせ

 松本周遊バス「タウンスニーカー」のルート変更に伴い、時計博物館の最寄りバス停留所は下記のとおりとなります。
 ご面倒をおかけしますが、宜しくご承知おきをお願いいたします。

ルート変更後の最寄りバス停留所

タウンスニーカー 東コース「大手門駐車場」 (時計博物館までは徒歩5分)

國學院大學共催企画展「学びへの誘い」開催中止のお知らせ

 毎年9月に開催しておりました國學院大學共催企画展「学びへの誘い」につきましては、主催者の都合により中止とさせていただきます。
 展覧会を楽しみにしていてくださった方にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承賜りますようお願いいたします。

松本市時計博物館開館15周年記念 夏期特別展「振子時計の世界」

特大掛時計 (日本 大正)

特大掛時計
(日本 大正)

 平成14年9月1日に開館した松本市時計博物館は、今年で開館15周年を迎えます。当館の所蔵品の中核をなしているのは、諏訪市に在住された故・本田親蔵氏から昭和49年11月1日に松本市へ寄贈された、古時計とその関連資料342点からなる本田コレクションです。本展では、本田コレクションや県内外の方々から寄贈された数々の古時計のうち、振子を調時機構としている色々な時計を展示し、その魅力や歴史をご紹介します。
(※本展は「松本市市制施行110周年記念」事業です。)

会期

  平成29年7月22日(土)~9月3日(日) 【毎週月曜日は休館(ただし8月14日は開館)】

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円

時の記念日企画展「時計博物館収蔵品展2017」

八角掛時計 (アメリカ・ニューヘブン社製)

八角掛時計
(アメリカ・ニューヘブン社製)

 

 松本市時計博物館では毎年様々な時計が寄贈されており、現在600点以上の時計資料を所蔵しています。本展では時の記念日(6月10日)に合わせて、平成28年度に寄贈された時計の数々や線香時計などの風変りな時計を公開展示し、古時計の魅力をご紹介します。なかでも、アメリカ・ニューヘブン社製の八角掛時計は明治初期に国内に輸入されたもので、その後の日本で製造された時計の手本となったものです。

会期

 平成29年5月20日(土)~6月18日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円

 

古時計説明会

 時計を展示ケースから出して、実際に動かしながら時計の仕組みを説明します。

 ○日時   6月10日(土)、6月11日(日)
       【第1回】午前11時20分 【第2回】午後2時20分 (各回とも約20分間)

 ○参加費  通常観覧料

時計ネジ巻き見学会 

普段は見ることができない開館前に時計技師が行っている古時計のネジ巻きや時刻合わせの様子を、解説をまじえながら公開します。

日時:3月18日(土)・19日(日)の午前9時から10時まで

会場:松本市時計博物館 常設展示室

料金:通常観覧料(大人300円、小中学生150円)

※事前申し込みは不要です。当日、時間までに時計博物館にお越しください。

※土日ですので、午前11時・午後1時・午後3時にSPレコードのミニコンサートがあります
 (それぞれ約15分ほど)。

H27年度見学会の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尺時計のネジ巻きです。どうやってネジを巻くんでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段は見ることのできない時計の動きが見れるかも・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時計の中身を見せてもらえるかもしれません。どうなっているんでしょうか。

 

 

新商品 オリジナル腕時計(女性用シルバー)の販売を開始しました。

時計博物館のミュージアムショップでは、SEIKO製のオリジナル腕時計・懐中時計を販売しています。

このたび、女性用腕時計(シルバー)が新しく入荷しました。

既存のオリジナル時計より小型で、シンプルなデザインの腕時計です。

時計博物館受付で販売していますので、ぜひお買い求めください。

製  造:SEIKO WATCH CORPORATION
販売場所:松本市時計博物館 1階受付
価  格:¥10,000円(税込)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時計博物館オリジナルロゴマークが入っています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見やすさ重視のシンプルなデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時計本体の径は約2.5cmで、ベルトは革製です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存のオリジナル時計(右)とペアでいかがでしょう