蓄音機で聴くSPレコードコンサート2019

 11月3日が「レコードの日」であることにちなんで、時計博物館の蓄音機によるSPレコードの演奏会を開催します。

コンソール型蓄音機

コンソール型蓄音機

蝋管式蓄音機

蝋管式蓄音機

ラッパ型蓄音機

ラッパ型蓄音機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時

 令和元年11月3日(日) 午後2時から3時まで

会場

 松本市時計博物館 2階蓄音機展示コーナー (※演奏中の会場出入りは自由です)

料金

 開催時間中無料 (当日午後2時から3時まで)

内容

 時計博物館所蔵の蓄音機とSPレコードによる演奏会です。コンソール型蓄音機とラッパ型蓄音機の演奏の聴き比べや、蝋管式蓄音機の試演なども予定しています。

申込み

 不要

 

時計博物館ミニ展示「四柱神社と城下町」開催します

 四柱神社は、明治12年に現在地に鎮斎された比較的新しい神社です。ですが、近代以降のマチの行事や形成に関係が深くあります。現在では地元の方だけではなく、観光客も含め多くの参拝者が訪れています。そんな四柱神社を中心に城下町の歴史について紹介します。

四柱風景

四柱神社風景

 

会期

令和元年度9月14日(土)~10月6日(日)(毎週月曜日休館 休日の場合はその翌日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

松本市時計博物館3階企画展示室

料金

通常観覧料(大人300円 小・中学生学生150円)

     (※10月1日以降 大人310円)

夏期特別展「明治-日本時計の近代化」を開催します。

 

 夏期特別展

 

「明治-日本時計の近代化」

 

⑤精工舎四つ丸②6717

精工舎「四つ丸時計」

④ニューヘブン八角5922

ニューヘブン「八角掛時計」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期

令和元年7月20日(土)~9月1日(日)

【毎週月曜日は休館(ただし8月12日は祝日のため開館)】

会場  

松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料  

通常観覧料 (大人:300円 小・中学生:150円)

 

  明治の改暦以後、定時法の採用で西洋時計の需要高まり、不定時法に対応していた和時計が衰退していきました。明治初期は、西洋時計を海外から大量に輸入していましたが、明治中期から後期にかけて多くの時計会社が国内に設立され、日本製の時計が製造されるようになりました。 当展覧会では、当館所蔵の明治期の時計を使い、明治改暦以後の日本の時計の近代化の歴史について紹介します。

 

時の記念日企画展「わが家のお宝時計展Ⅴ」

 

 6月10日の時の記念日は、時間の大切さが広く意識されるように設けられた記念日で、大正9年(1920)に制定されました。明治時代になって暦が変わり、欧米に並ぶためには時間の大切さを意識しなければならないと考える人々が増え、制定された記念日です。

 本展では、そんな時の記念日にちなみ、ご家庭で大切にされてきた時計を展示します。家族の「時」を刻んできた思い出の時計をこの機会にぜひご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

展示風景

会期

 令和元年(2019)5月18日(土)~6月16日(日) 【毎週月曜日は休館】

 ※6月10日(月)は時の記念日のため臨時開館します。

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円

 

古時計説明会

 古時計を実際に動かしながら時計の仕組みを説明します。

 ○日時   6月8日(土)、6月9日(日)
       【第1回】午前11時20分 【第2回】午後2時20分 (各回とも約20分間)

 ○参加費  通常観覧料

時計博物館ミニ展示「日本の暦と時」

日本の年号や暦法・暦注などの「暦」の今昔や、和時計・不定時法などの昔の時間について展示します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和時計(松本市時計博物館蔵)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寛政暦(松本市立博物館蔵)

会 期

平成31年(2019年)4月13日(土)

        ~令和元年(2019年)5月6日(月・休)

(毎週月曜日休館 休日の場合その翌日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会 場

松本市時計博物館 3階企画展示室

料 金

通常観覧料(大人300円 小・中学生150円)

わが家のお宝時計展Ⅴ 出展時計大募集

 時の記念日企画展「わが家のお宝時計展Ⅴ」に展示をする時計を募集します。

掛時計・置時計・腕時計など、大切にされてきたものなら、動かなくても大丈夫です。

エピソードを添えてお申込ください。

 IMG_4800IMG_4824

 

 

 

募集期間

 平成31(2019)年4月5日(金)~5月6日(月・祝)

 ※募集期間中でも、募集点数に達した段階で締切ります。

 ※企画展会期:2019年5月18日(土)~6月16日(日)

応募方法

 応募用紙に記入いただき、出展いただく時計ともに、時計博物館まで持参してください。

(応募用紙は時計博物館にあります)

応募条件

 1 時計の搬入・搬出は、各ご家庭で出来ること。

 2 50~100字程度の時計にまつわるエピソードを添えていただくこと。

募集点数

 先着30点程度(時計の大きさ等により、数が増減する場合があります。)

借用期間

    搬入された日から7月7日(日)まで

古時計ネジ巻き見学会

 通常は開館前に時計技師が行っている、常設展示の古時計のネジ巻きや時刻合わせの様子を特別公開し、各時計の特徴などを解説する見学会です。大型振子置時計などを解説する予定です。

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(大型振子置時計)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

見学会の様子(西洋時計の部屋)

日時

 平成31年3月16日(土)・17日(日)
 各日 午前9時~午前10時

会場

 松本市時計博物館 常設展示室

料金

 通常観覧料(大人:300円 小・中学生:150円)

定員

 なし

申込み

 不要

平成31年あめ市歴史展示「絵図にみるあめ市」

 古来より様々に名称や形を変えながら続いてきている「あめ市」は、城下町松本の正月の風物詩となっている伝統行事です。本展では、「あめ市」の歴史を資料展示などにより紹介するとともに、江戸・明治期に描かれた絵図から、当時のあめ市の様子や城下町のにぎわいについて展示します。

初市の図「長野県町村誌」より

初市の図「長野県町村誌」より

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初市の図「松本繁昌記」より

 

会期・開館時間

 平成31年1月4日(金)~1月27日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 無料(1、2階常設展は通常観覧料)

時計博物館最寄りバス停留所変更のお知らせ

 松本周遊バス「タウンスニーカー」のルート変更に伴い、時計博物館の最寄りバス停留所は下記のとおりとなります。
 ご面倒をおかけしますが、宜しくご承知おきをお願いいたします。

ルート変更後の最寄りバス停留所

タウンスニーカー 東コース「大手門駐車場」 (時計博物館までは徒歩5分)

國學院大學共催企画展「学びへの誘い」開催中止のお知らせ

 毎年9月に開催しておりました國學院大學共催企画展「学びへの誘い」につきましては、主催者の都合により中止とさせていただきます。
 展覧会を楽しみにしていてくださった方にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承賜りますようお願いいたします。