第177回サロンあがたの森 5月11日(土)午後1時30分~

私の出会った大切な人たち

― ドキュメンタリー制作を通して

話題提供 野沢 喜代 さん 
      [人権センターながの代表理事、元SBCディレクター
 
日   時     5月11日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円
 
ふり返れば、私の放送人生はなんと40年余。連合赤軍浅間山荘事件の余塵がくすぶる中の入社でした。当時はニュースを読むのは男性、と決まっていました。隔世の感があります。私たちの世代の女性たちが、少しずつ実績を積み仕事の場を広げて行きました。
 昭和50年代、「デンスケ」という重い録音機を肩にかけ、各地を巡り、戦争体験を聞く取材を続けました。この頃から人権におけるメディアの役割を自覚するようになりました。
 松本放送局にいた時に、少年刑務所桐分校のラジオ番組を作りました。また「暗黒日記」の著者で、安曇野出身のジャーナリスト、清沢洌の研究をしている方々と出会い、番組化につながりました。塩尻市の詩人島崎光正さんとの出会いも懐かしい思い出です。
 番組は我が子のようなもので、いずれも忘れがたいですが、同和教育の素材として作った『ドキュメンタリー結婚』というビデオ作品には、特別の思いがあります。いまも、中学校の授業で使われています。
 取材を通して、出会いがあり、学びがあり、それは私の糧となり、大切に心に刻まれて行きました。放送のように消えてなくなる、ということはありません。この出会いに支えられて、今の私があります。私の放送人生とは、そのようなものだったと思います。
 「40年に及ぶ仕事での出会い」と、そこから「私自身が学んだこと」……・それはとりもなおさず、いまかかわっている人権センターの活動につながっていくのですが、そんな私のささやかな「個人史」を、映像を交えてお話しますので、気楽に聞いて頂ければと思います。

  野沢喜代さんは1972年信越放送入社。アナウンス部・制作部・松本放送局を経て、2013年まで長野本社制作部で番組制作に当たる。戦争・障害・差別・家族などをテーマとした「ヒューマンドキュメンタリー」を多く手がける。日本民間放送連盟賞、文部大臣賞、ギャラクシー賞などのほか、放送界で活躍する女性を対象にした放送ウーマン賞を受賞。「ドキュメンタリー結婚」「ソーテサワサワ」など、差別問題を取材した長野県同和教育推進協議会の同和教育ビデオの制作を担当。NPO法人人権センターながの代表理事。

  ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

「学都松本ミュージアムめぐり2019」4月27日(土)~9月29日(日)

旧山辺学校校舎・重要文化財旧開智学校校舎・

旧制高等学校記念館 連携事業

 「学都松本

ミュージアムめぐり2019」

 「学都松本」の重要な要素として、日本で最も古い小学校の一つとされる旧開智学校の開校や、松本高等学校の誘致が挙げられます。
 そこで、重要文化財旧開智学校校舎と旧制高等学校記念館に、4月にリニューアルオープンする旧山辺学校校舎を加えた3館で、教育に関する企画展を実施します。また、期間中には3館間で観覧料の減免とスタンプラリーを行います。

旧山辺学校

旧山辺学校

 

 

旧制高等学校記念館

旧制高等学校記念館

旧開智学校

旧開智学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 事業内容

  ⑴ 企画展

   ア 旧山辺学校校舎「懐かしの校舎展」

     郷愁を誘う木造校舎など懐かしい校舎の写真を展示し、学校建築の多様性とその魅力を
    紹介します。

   (ア)会期

      平成31年4月27日(土)~平成31年9月29日(日)

      ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

    (イ)観覧料

      通常観覧料(大人200円、小人無料)

   

   イ 重要文化財旧開智学校校舎「教育からみる開智学校と山辺学校、松本高等学校」

     3校の教育の様子や特徴を、比較を交えながら紹介します。

   (ア)会期

      平成31年6月29日(土)~平成31年8月25日(日)

      ※7月16日(火)のみ休館

        (イ)観覧料

      通常観覧料(大人300円、小人150円)

 

   ウ 旧制高等学校記念館「松本高等学校開校100年記念展」

     松本高等学校開校100年を記念して、松本高等学校と同時期に開校した
    新潟・山口・松山高等学校の歴史を紹介します。

   (ア)会期

           平成31年8月3日(土)~平成31年12月22日(日)

      ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

    (イ)観覧料

      無料(通常観覧料別:大人300円、小人無料)

 

2 観覧料の相互割引

  参加館のいずれかの観覧料半券を、他の参加館の受付で提示した場合、
 観覧料が団体料金になります。        

  ※相互割引は、期間中に各施設一人1回のみとします。

  ア 旧山辺学校校舎 団体料金 

    大人150円(通常料金より50円引き)、小人無料

   

  イ 旧開智学校校舎 団体料金

    大人250円(通常料金より50円引き)

    小人100円(通常観覧料より50円引き)

 

  ウ 旧制高等学校記念館 団体料金

    大人200円(通常料金より100円引き)、小人無料

 

3 スタンプラリー

  期間中(4月27日(土)~12月22日(日))に、3館の常設展示か特別展示を
 ご覧いただいた方には
スタンプを押印します。全てのスタンプを集めると、
 記念品がもらえます。ぜひご参加ください!

  ※記念品数には限りがあります。
  ※スタンプ用紙は、3館それぞれの受付にあります。
   全てのスタンプがたまった後、3館いずれかの受付にてスタンプ用紙を提出すると、
  記念品がもらえます。

 

4 問い合わせ   

  松本市立博物館分館 旧山辺学校校舎

  〒390-0221 松本市里山辺2932-3

  (教育文化センターTEL:32-7600 FAX:32-7604)

  同 重要文化財旧開智学校校舎

  〒390-0876 松本市開智2-4-12

  TEL:32-5725 FAX:32-5729

  同 旧制高等学校記念館

  〒390-0812 松本市県3-1-1

  TEL:35-6226 FAX:33-9986 

第176回サロンあがたの森 4月13日(土)午後1時30分~

中高齢者のための口腔ケア

話題提供 飯島 和彦 さん  [歯科医
     佐々木 麻美さん、坂井 茉莉さん[歯科衛生士]   
日   時     4月13日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円
 
今年11月に歯科医院を開業してから50周年を迎えますので、記念事業として、ともに頑張って80-20(80歳で自分の歯が20本以上残っている)を達成した患者さんをお招きして、お祝いをしようと思い調べましたところ、該当者が71名もおりました。30年以上前に日本歯科医師会と厚生省合同で、提唱された80-20運動ですが、達成者の割合は当初数%のものが、最近は20%近くになり、当院では40%を超えており、確実にその成果が上がっております。
 人生100年時代といわれ長野県民の平均寿命は男81.8歳、女87.7歳で全国1、2の数字です。しかし、健康寿命はまだまだ低いので、口腔ケアの充実などいろいろな施策の中で健康寿命の延伸が図られるべきです。
 高齢者にとっておいしく食べることは、とても大切なことですが、むし歯や歯周病で歯が失われるたびに、噛む力が弱くなります。最後総入れ歯になりますと、その力は、健康な人の2割以下になるといわれています。
 人は噛むことにより、唾液の分泌を促し、脳が活性化することが実証されていますから、老人施設で、噛まずに飲み込めるような柔らかな食事が多いと認知症の進行が進むとの報告もあります。
 80-20達成にはどうすればよいのか、実例を交えてお話をし、日々口腔ケアの実践に努めている歯科衛生士から、歯ブラシ及び補助用具の使い方について話をします。

  飯島和彦(いいじま・かずひこ)さんは1942(昭和17)年松本市生まれ。現在、深志にある飯島歯科医院院長として地域歯科医療に携わる。佐々木麻美・坂井茉莉さんは飯島歯科勤務の歯科衛生士

  ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

企画展「松高人名録(その一)」 3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

松高人名録(その一)
                                3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

会 期       平成31年3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

         (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場       旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間      午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料       無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ  旧制高等学校記念館 0263-35-6226

 2019年、松本高等学校開校100年にあたり、旧制高等学校記念館と、信州大学日本文学分野、信州大学大学史資料センターの連携事業として、企画展「松高人名録(その一)」を行います。松本高校の卒業生数十人を選び、生年月日、出身地、出身中学、学科、大学、卒業後の進路に、在学中・卒業後のエピソードを付したプロフィールをパネルにして紹介します。

臼井吉見

臼井吉見

唐木順三

唐木順三