第175回サロンあがたの森 3月9日(土)午後1時30分~

当世生き物事情

話題提供 丸山 隆 さん  [「信州野鳥の会」前会長]     
日   時     3月9日(土)午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円
 
近年、野生動物が人間の生活圏のなかに侵入し騒動になる事例が相次いでいます。また、カラスやムクドリが市街地でねぐらをとる現象が全国的な傾向になり、さらに松本平ではマツノザイセンチュウによる松枯れが猛威を振るうなど、ここ数十年の間に野生の生き物たちに大きな変化が生じています。
 私は松本市の中山で幼少期を過ごし、動物好きの祖父の影響もあって里山の自然に親しんできました。昭和30年代は、燃料の主役が薪や炭から石油石炭に変わる過度期でしたが、まだ里山的な環境が充分残っている時代でもあり、燃料革命前の里山を知る最後の世代なのかもしれないと思っています。
 新聞紙面を毎年賑わせているニホンジカの増加による被害や現代っ子ツキノワグマの脅威については周知のとおりですが、今回は普段あまり話題に上らない動物たちにも焦点を当ててお話できたらと考えています。
 キツネやタヌキなどの里山動物が空き家の増加などで平地でも増えていること、温暖化にともない数十年前には予測すらできなかった昆虫が棲みついていること、人との距離を著しく縮めてきたカラスや都市環境に進出しつつある野鳥のこと、また、すでに定着し、あるいはこれから侵入が予想される外来種のことなどです。人の営みと深い関係があるものも多く、そんなお話をさせていただきます。

  丸山隆さんは1950年、松本市生まれ。自然観察インストラクター。20代から松本平の自然観察を続けており、著書には『松本・安曇野 旬の自然観察』、写真集『安曇野四季の鳥』、図鑑『野の鳥70種』などがある。インターネット上のサイトで「長野県のカミキリムシ」を運営しているほか、地元紙「市民タイムス」や機関誌「平和の種」などに野鳥をテーマとしたエッセイも連載中。

  ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第174回サロンあがたの森 2月16日(土)午後1時30分~

変わる松本の伝統行事 ―

えびす講、商家の年末年始、
450周年を迎えたあめ市の変遷

話題提供 横沢 徳人 さん  [ 知新堂会長]     
日   時     2月16日(土)午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円

 一昔前の松本地方は、10月初めの神道祭が終わると稲刈りに入り、その秋の実りで得た代金を持って、11月19・20日のえびす講に出かけて来て、娘の嫁入り道具を始め冬に向かっての品々を買い求めたものです。
 当時は全市をあげての大売り出しで、各町の商家は入り口に竹竿を立て笹に千両箱や恵比寿、大黒の飾りなどを取りつけて賑わいを演出し、商工会議所で大抽選会が行われ、花火も打ち上げられました。菓子店では縁起物の「金津波」を販売し、大勢が買い求めるなど、本当に賑やかなものでした。
 昭和40年頃からモータリーゼーションの普及と売り出しが常態化したため、廃れてしまいました。しかし近年、四柱神社で「城下町招福祭」として郷土芸能の幾つかを披露する形で復活しています。

 12月になると商家はクリスマス、年末大売り出しと、大晦日までは年間で最も忙しい文字通り「師走」の時期です。そして正月は2日から初売り・初荷に追われ、「七草」を経てあめ市の行事を迎えます。

 あめ市は以前は1月10・11日に行われ、町の各所に市神の拝殿が建ち、神輿のお練りや太鼓の競演などがあり、町の子供達は縁起物のダルマや飴を大声で販売し、大変な賑わい。あめ市の起源は「敵に塩を送る」という上杉氏と武田氏の故事に由来すると言われていますが、名称も「塩市」から「初市」を経て「あめ市」と、時代の変遷と共に形を変えながら永禄の昔から450年続いています。
 祭りを担う人々の暮らしも変わり、地域の伝統行事も変わってきました。時代とともに変化してきた松本市街地の冬の行事を中心に、話を進めたいと思います。

  横沢徳人(よこざわ・のりと)さんは1934(昭和9)年、松本市生まれ。本町にある陶磁器専門店・知新堂の経営に長く携わり、現在は代表取締役会長。松本まるごと博物館友の会会長、松本まるごと博物館運営協議会委員などを務めている。2003(平成15)年、藍綬褒章を受章。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第173回サロンあがたの森 1月19日(土)午後1時30分~

お坊さんは、よく動く 

 ― お寺が紡ぐ知のネットワーク


 話題提供 渡辺 匡一 さん  [ 信州大学副学長・人文学部教授]     
日   時     1月19日(土)午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円

 「ご研究は」と尋ねられ、「お寺とか神社が所蔵している書物を調査しています」とお答えすると、「良い物はありますか」とよく聞かれたりします。テレビ番組の影響もあってか、「お蔵の調査=お宝探し」といったイメージが定着しているのかもしれません。
 お寺や神社の書物調査は、価値(古いとか稀少とか)のあるものを探すことが目的ではありません。お蔵に残されているすべてのもの(書物・書状・絵画など)を相手に、書名・紙の種類・装訂・寸法・書写者・出版社・成立年代などの情報を集め、整理・分析をして、書物たちに新たな価値を見いだすことを目的としています。
 たとえば、今回は、佛法紹隆寺(諏訪市)と宝聚院(福島県いわき市)という二つの寺院に残された書物を相手に考えてみたいと思います。両寺院は、ともに、真言宗の灌頂道場(僧侶になるための学校)であり、江戸時代は藩(高島藩・棚倉藩)のご祈祷全般を取り仕切っていました。
 調査を始めてみると、今から500年ほど前、諏訪といわきの間には深い交流があったことがわかってきました。さらに調査を進めていくと、交流の範囲はもっと広く、京都・中部・関東・東北にまで広がっていることが明らかになりました。この交流を支えたのは、「勉強がしたい」熱意に動かされたお坊さん(学僧)たちです。お坊さんたちが書き残した書物から、各地の寺院が紡いだ「知のネットワーク」の一端をお話しさせていただきます。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第172回サロンあがたの森 12月8日(土)午後1時30分~

ウォルター・ウェストン

                          上條嘉門次
 話題提供 上條 久枝 さん  [ 嘉門次小屋女将]     
日   時     12月8日(土)午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円

 九州出身で山が好きだった上條さんは、若いころは夜行列車で松本にきて、夏の北アルプスを登っていました。縁あって嘉門次小屋4代目のご主人と知り合って結婚。嫁ぎ先の上高地・嘉門次小屋の女将として忙しい山小屋を切り盛りするかたわらで、俳人として句集を出版し、支倉常長の足跡を訪ねる紀行エッセイなども著しています。
 今年5月には『ウォルター・ウェストンと上條嘉門次』を刊行し、日本近代登山の黎明期を描いた書として大きな反響を呼んでいます。
 その著書のなかで上條さんは「書いているうちに、はるか遠い存在であったウェストンさんの人物像が鮮明になり、また曾祖父嘉門次に対する理解が深まっていきました。ウェストンさんと嘉門次爺さんとの間に深い信頼と友情があったことを、あらためて知ったことは嬉しいことでした。これによってウェストンさんの業績と嘉門次の生きざまを知ってもらうことができたら幸いに思います」と記しています。
 今回のサロンでは、上條さん自身の山との出会い、昨今の中高年層(山ガール)の登山人気、新著『ウォルター・ウェストンと上條嘉門次』の執筆動機などについて語っていただきます。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第171回サロンあがたの森 11月10日(土)午後1時30分~

エッセーで綴る松高物語

― 慌しい時代の変転の中に生きた青春を偲ぶ

話題提供 根津 武夫 さん  [ 元松本高等学校同窓会会長・元高校教諭]     
日   時     11月10日(土)午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円

 松高は大正8年から昭和25年までの、僅か31年の短命の学校でしたが、大正デモクラシーの良き時代も束の間、厳しい統制と戦争の時代、そして敗戦後の慌ただしい民主化と、変転する時代の波に翻弄され、5千人の青春は波乱に富んだものでした。その思い出は数多くのエッセーに残されていますが、その中から10編ほどを選んで、映像などを交えて紹介してみます。
 何分にも卒業後何十年も昔の思い出ばかりですから、誇張や思い過ごしもあると思いますが、松本の自然や街や人の懐かしさ、寮や学園生活の思い出と珍談奇談、恩師との交流、戦争との関わりなど、多感な松高生の姿を辿ってみますと、現代に生きる私たちにも示唆するものがあると思います。
 同窓会が2年前に実質解散した後、「サロンあがたの森」を継続運営される有志の方々、参加される皆さんには、感銘と感謝の思いを深くします。今回、私に機会を与えて下さったことに、どれだけお応えできるか内心忸怩たるものがありますが、最後の卒業生の一員として、老躯に鞭打って責めの一端を果たせたら嬉しいと思います。
 それにつけても、自然豊かな「あがたの森」に残されている松本高等学校の姿、佇まいは、他に類のないものと思われ、ここに至る多くの方々のご努力に改めて感銘と敬意を覚え、「サロンあがたの森」の発展を心から念じます。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第170回サロンあがたの森 10月13日(土)午後1時30分~

秋のメロディー

話題提供 桂 聰子 さん  [ フルート奏者]
     臼井 文代さん [ピアノ伴奏]      
日   時       10月13日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館2 ― 8  
参加費        200円

 文化・芸術の秋。サロンあがたの森も、ちょっと趣向を変えて、松本市在住のフルート奏者・桂聰子さん、ピアノの臼井文代さんを迎えます。フルートの音色を楽しみ、和みのひとときをお過ごしください。

 桂聰子さんの父で画家の重英さんは1966年、信州の風景を描くために、北アルプスの眺望がすばらしい松本市里山辺に居を構え、85年に亡くなるまで制作を続けました。

 聰子さんはこうした環境下で音楽の道に進みました。2002年には重英さんのアトリエ跡に「桂重英美術館」が開館し、その運営に携わっています。現在はピアノの臼井さんとのコンビを組むことが多く、この美術館をはじめ、各地でコンサートを開いています。

 今回は、あがたの森に縁の松高寮歌「春寂寥」を演奏曲目に加えたほか、山や自然をこよなく愛した重英さんの思い出や、美術館のことなども話していただきます。

 ☆主な演奏曲目(予定)

ハンガリー田園幻想曲 Op.26より 第1楽章 Molto Andante ……………ドップラー

歌の翼による幻想曲 Op.17-1    ……………メンデルスゾーン・シュテックメスト

春寂寥                         ……………濱 徳太郎

小さな木の実                      ……………ビゼー

赤とんぼ変奏曲                  ……………山田耕筰・林光 他

 桂聰子(かつら・さとこ) さん 10歳からE・ムーニー氏、上田賢一氏より手ほどきを受ける。15歳より高橋利夫氏に師事。才能教育音楽学校フルート科卒。アメリカ、ドイツ、オーストラリア、アイルランド、台湾など海外での指導、演奏の他、国内でも各種コンサート、テレビ、ラジオに出演。2000年松本市芸術文化奨励賞受賞。現在は後進の指導にあたるほか、各地で演奏活動を行っている。

 臼井文代(うすい・ふみよ)さん 才能教育でピアノを始め、東京芸大音楽学部器楽科ピアノ専攻卒。ベルリン芸術大卒。1990年、第8回クロード・カーン国際ピアノコンクール(パリ)で3位入賞(1位なし)。現在は国際スズキ・メソード音楽院、長野音楽大学予備校で後進の指導にあたり、ソロ、アンサンブルなどで幅広い演奏活動を行う。これまでに故片岡ハルコ、辛島輝治ほか2氏に師事。

☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

旧制高校有名教授展  10月13日(土)から12月9日(日)まで

旧制高校有名教授展
                                10月13日(土)から12月9日(日)まで

岩元禎(第一高等学校教授)

岩元禎(第一高等学校教授)

 旧制高校教育が大きな成果を挙げた要因には、優れた教授たちに恵まれたことが挙げられます。今回の企画展では、何よりも旧制高校とその学生たちを愛し、大学教授への栄達も拒んで、生涯を高等教育に捧げた先生方について紹介します。

 

 

 

 

会 期      平成30年10月13日(土)から12月9日(日)まで
                        (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

第169サロンあがたの森 9月8日(土)午後1時30分~

「シネマの彼方の幻影」
~ 「ライムライト」から「桐島、部活やめるってよ」まで… 体験と想いの変遷
話題提供 金井 貞徳 さん  
                 [元松商学園高校校長・放送部顧問]
日   時       9月8日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円

 「人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力。生きて苦しんで楽しめ!」(チャールズ・チャップリン『ライムライト』より)

 私は、映像を見ると訳もなく血が騒ぐ人間である。高校の教員として40年、生徒たちと映画について語り合い、更に放送部顧問として映像作品の制作に関わってきた。その制作は、多くの人間の知恵と大変なエネルギーを必要とする。だが、実に創造的で素敵な活動であった。

 トーマス・エジソンやリュミエール兄弟による映画の発明から120年。数々の名作が生み出され、私たちを魅了し感動を与え続けている。 だが、膨大な映画の中から、何を見たらいいのか戸惑ってしまうという声をよく聞く。 私に、“これぞという一作を推薦してほしい”と言う人も多い。

 そこで、昨年の秋、映画に関する私の思いをまとめて本にしようと思い立った。私の人生に決定的な影響を及ぼした『ライムライト』や黒澤明監督の『生きる』、フェリーニの『道』から近年の名作まで、心に深く残る30作品を選び、記していくことにした。すると、その作品を見つめなおすうちに、シネマの彼方に数々の記憶が蘇ってきた。

『私は貝になりたい』や時代劇で映画の魅力を教えてくれた母や祖父の存在。小学校から中学3年まで9回転校し、そこで出会った人々と出来事。青春時代に観た魅力的な映画とスターたち。共に映画を愛し、語り合った仲間たち。また、現実に出会った高校生との数々のエピソードも浮かんできた。それらの記憶をほぐし、人生を耕す作業の中には多くの発見があり、映画の魅力を伝えたいという思いも一層強くなっていった。

 それらの思いを込めて、チャップリンの言葉を胸に、話をさせていただきます。私の関わった作品も鑑賞しつつ、会場の皆さんと、映画や人生について語り合いたいものです。

 金井 貞徳(かない さだのり)さんは1951年生まれ。松本深志高校、信州大学卒。1974年~2014年、松商学園高校に勤務。放送部顧問として1986年より22年間指導。NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント・テレビドラマ部門等、指導作品 全国優勝8回、全国準優勝6回。全国高等学校総合文化祭放送部門 ビデオメッセージ部門・アナウンス部門等、指導作品・生徒 全国最高賞9回受賞。9月、『シネマの彼方の幻影(仮題)』(オフィスエム)を出版予定。

☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

第23回夏期教育セミナー 8月18日(土)・8月19日(日)

 第23回夏期教育セミナー
8月18日(土)・8月19日(日) 
会場:あがたの森文化会館本館2階 2-8

 研究者・旧制高校卒業者・市民が一緒に学ぶ、夏期教育セミナーを今年も開催します。
 大勢のご参加をお待ちしております。

【1日目 ~基調講演・記念イベント・懇親会~ 】 8月18日(土) 

 午後1時開会 

Ⅰ 基調講演 渡辺かよ子 愛知淑徳大学文学部教授
 「(仮題)君たちはどう生きるか―1930年代における教育論と旧制高校―」

 時間:午後1時20分~2時40分

Ⅱ 記念イベント

 時間:午後2時55分~4時 
 旧制高等学校の教養とはどのようなものだったのか、卒業生のみなさんに在学時の様子を伺います。

Ⅲ 質疑応答

 時間:午後4時~4時45分 
 渡辺かよ子さん・卒業生の皆さん・会場を交えての総括質疑

Ⅳ 懇親会 

 時間:午後6時~8時
 会場:イオン松本パーティルーム

【2日目 ~研究発表会~】 8月19日(日)  

 午前9時開会

Ⅰ 研究者による研究発表会(発表順)   

 田中祐介氏 明治学院大学助教 
 「(仮題)「教養」概念の理想と呪縛的現実」

 高田知和氏 東京国際大学教授
 「(仮題)1910-20年代における同郷団体による学生寮の生活世界
        ―東京・市谷の「埼玉学生誘掖会寄宿舎」を事例にして―」

 大川清丈氏 帝京大学准教授
 「東京大学教養学部発足時の「教養」論」 

      ~お昼休憩~

Ⅱ 旧制高校OBによる記念館展示解説

      ~休憩~

Ⅲ 研究者情報交換会

★第1日目の講演会・第2日目の研究発表会は無料
★懇親会2,000円・宿泊(スマイルホテル)9,000円・2日目昼食代1,000円

お申込みは、宿泊を希望される方は8月3日(金)までに、
1日目の懇親会・2日目の昼食を希望される方は8月9日(木)までにお願いします。

詳しくは旧制高等学校記念館までお問い合わせください。
  〒390-0812 長野県松本市県3-1-1
  TEL:0263―35-6226  FAX:0263―33―9986

松高生が愛した映画展  7月14日(土)から9月24日(月)まで

松高生が愛した映画展
                                      
7月14日(土)から9月24日(月)まで

たくさんの映画ポスターが貼られた寮の一室

たくさんの映画ポスターが貼られた寮の一室

 松本平の山脈に囲まれた町の学生たちにとって、映画は青春の糧でした。松高生の生活の大部分が映画に関連のあるものであり、松高生と映画とは深いつながりがあるといえます。今回の企画展では、そんな松高生が愛した映画について、松本高等学校22回理乙誌のランキングをもとに紹介します。

 

 

 会 期      平成30年7月14日(土)から9月24日(月)まで
                        (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

 会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226