第180回サロンあがたの森 10月12日(土)午後1時30分~

世界を旅して得た大切なこと 

― 紛争地での経験を中心に ―

話題提供 村田 信一 さん
      [元戦場写真家
 
日   時     10月12日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円
 
世界を見てみたい、さまざまなことを体験したい、多くの人たちに会い、異なる文化に触れてみたい…。そんなことを思われた人たちも多いかと思います。 でも、多くの人とは違い、わたしがとくに行ってみたかったのは、戦場でした。
 戦争というのは、ある種の極限状態です。しかし、テレビの映像からこちらを見つめる人々は、もちろん、生死を彷徨い疲労困憊の人々や悲嘆に暮れる人々もいましたが、それ以上に生の迸りの中にいる人たちの姿も少なからず見ました。その理由も知りたかったし、また戦う意味も知りたかった。これは、メディアが伝える政治的な要素ではなく、戦場に生きている人たちの感覚として知りたかったのです。
 世界には、さまざまな文化や歴史、宗教などがあり、言語も異なっています。そういうことにも惹かれ、同じ地球のさまざまな暮らしや出来事を体感したいと思い続けていました。幾多の戦場で経験したことは、どこにでもある人間の生き様だったり、人間の素晴らしさ、文化の素晴らしさであり、地球の美しさでした。
 残念ながら、今の世界は憎しみや分断を煽るような言説が力を得ています。
 大切なのは、異なることに対する寛容、容認、そして共生だと思います。誰もがそんな意識を持てたら、世界はより平和へと近づくでしょう。

 村田信一(むらた・しんいち)さんは1963年、松本市生まれ。1990年より戦場取材を始める。中東・アフリカを中心に、パレスチナ紛争、ボスニア戦争、ソマリア紛争、ルワンダ虐殺、アルジェリア、レバノン、イラク戦争、南スーダン飢餓、シエラレオネ等を取材。戦争以外でも、ハワイ、ブラジル、キューバ、スイスなどで撮影取材。2011年以降、東日本大震災被災地の取材や、復興にかかわる形で福島に滞在したり、九州の原発取材など。2017年から、松本で古書販売&ギャラリーカフェ&イベントスペース「恋する虜」を運営。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会

旧制高等学校記念館・あがたの森図書館連携イベント「おはなしの会」

旧制高等学校記念館・あがたの森図書館連携イベント

「おはなしの会」 

11月3日(日)14時~15時

 成蹊高等学校(旧制)出身の絵本作家である、「かこ さとし」の絵本の読み聞かせを行います。また、おはなしを聞いたあとは、旧制高等学校記念館のバンカラ君のぬりえ体験をします。ぜひご参加ください!

日 時  2019年11月3日(日)14時~15時

絵 本  かこ さとし作『からすのパンやさん』『だるまちゃんとてんぐちゃん』など 山とバンカラ

会 場  あがたの森文化会館 1-5教室

参加費  無料

申込み  旧制高等学校記念館に10月25日(金)までに

     お申し込みください。

連絡先  0263-35-6226

 

「松本高等学校開校100年記念展」8月3日(土)から12月22日(日)まで

学都松本ミュージアムめぐり2019連携展

「松本高等学校開校

                 100年記念展」

8月3日(土)から12月22日(日)まで

 キャプション「松本高等学校校舎(大正11年発行『落成記念帖』より)」松本高等学校開校100年を記念して、松本高等学校の歴史及び、同時期に開校した新潟・山口・松山高等学校の歴史を紹介します。新潟大学工学部、山口大学図書館、愛媛大学図書館より資料を借用し、企画展開催中は、それぞれの借用資料に合わせて展示替えを行います。

 会期中は、ぜひ何度も足をお運びいただき、貴重な資料をご覧ください。

 

会 期      8月3日(土)から12月22日(日)まで

※毎週月曜日休館(月曜祝日の場合はその翌日)

※9月18日(水)~9月23日(月・祝)、11月6日(水)~11月10日(日)は展示替えのため常設展示のみ開館

 会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

 開館時間      午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

 観覧料       無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   また、企画展開催中はバンカラ衣装の無料貸出を行います。(※着用は、旧制高等学校記念館・あがたの森文化会館館内のみで、1組2名まで)バンカラを着て旧松本高校校舎で写真を撮ることで、ぜひ旧制高等学校を体感してください。

???????????????????????????????

こんな感じに撮れます♪

会  場    あがたの森文化会館
       (松本高等学校校舎)
        旧制高等学校記念館内

持 ち 物    カメラ

参 加 費    無料

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

 

第24回夏期教育セミナー 8月17日(土)・8月18日(日) 

 第24回夏期教育セミナー

 8月17日(土)・8月18日(日) 

会場:あがたの森文化会館本館2階 2-8

 

 研究者・旧制高校卒業者・市民が一緒に学ぶ、夏期教育セミナーを今年も開催します。

大勢のご参加をお待ちしております。

 

【1日目 ~基調講演・記念イベント・懇親会~ 】 8月17日(土) 

 午後1時30分開会 

 Ⅰ 基調講演  渡邉匡一さん 信州大学副学長・附属図書館長・大学史資料センター長      
「近代教育資料の可能性と課題―旧制松本高校を中心に―」

 Ⅱ 記念イベント

午後3時25分~4時30分  記念イベント

「思誠寮の青春 ―旧制松本高校~信州大学3世代の体験談を通じて」(仮)

Ⅲ 質疑応答

 午後4時30分~5時15分  質疑応答                            

渡邉さん・思誠寮出身のみなさん・会場を交えての総括質疑

 Ⅳ 懇親会 

午後7時~9時   懇親会 

会場:たつみ亭

 

【2日目 ~研究発表会~】 8月18日(日)  

  午前9時25分開会

 Ⅰ 研究者による研究発表会(発表順)   

 研究発表1

冨田ゆりさん   学習院大学史料館学芸員  

「旧制松本高等学校時代における辻邦生の創作

——寮雑誌「思誠」・日記『園生』を視座として」

 

研究発表2

谷本宗生さん  大東文化大学准教授 

「旧制高等学校の教育システムと教育方針

ー第四高等学校長溝淵進馬と第二高等学校長阿刀田令造を事例としてー」

 田中智子さん 早稲田大学大学史資料センター嘱託

「第二高等学校および第四高等学校の学生生活・寮生活」(仮)

 

研究発表3 テーマ「一高校長時代の狩野亨吉 ―教養学部前史として―」

司会者 東京大学駒場博物館助教 折茂克哉さん

 発表者 田村隆さん 東京大学大学院総合文化研究科准教授

    「明治30年代の一高」

     丹羽みさとさん 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター助教 

     「狩野亨吉と旧制一高医学部」

     川下俊文さん 東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程

    「第二臨時教員養成所 —一高における教員養成—」

 

     ~お昼休憩~

 

Ⅱ 旧制高校OBによる記念館展示解説

 Ⅲ 研究者情報交換会

 

★第1日目の講演会・第2日目の研究発表会は無料

★懇親会5,000円・宿泊(ホテルニューステーション)7,000円※1泊朝食無し・2日目昼食代1,000円

 お申込みは、宿泊を希望される方は8月2日(金)までに、

1日目の懇親会・2日目の昼食を希望される方は8月8日(木)までにお願いします。

 

詳しくは旧制高等学校記念館までお問い合わせください。

  〒390-0812 長野県松本市県3-1-1

  TEL:0263―35-6226  FAX:0263―33―9986

 

「学都松本ミュージアムめぐり2019」4月27日~12月22日

旧山辺学校校舎・重要文化財旧開智学校校舎・

旧制高等学校記念館 連携事業

 「学都松本

ミュージアムめぐり2019」

 「学都松本」の重要な要素として、日本で最も古い小学校の一つとされる旧開智学校の開校や、松本高等学校の誘致が挙げられます。
 そこで、重要文化財旧開智学校校舎と旧制高等学校記念館に、4月にリニューアルオープンする旧山辺学校校舎を加えた3館で、教育に関する企画展を実施します。また、期間中には3館間で観覧料の減免とスタンプラリーを行います。

旧山辺学校

旧山辺学校

 

 

旧制高等学校記念館

旧制高等学校記念館

旧開智学校

旧開智学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 事業内容

  ⑴ 企画展

   ア 旧山辺学校校舎「懐かしの校舎展」

     郷愁を誘う木造校舎など懐かしい校舎の写真を展示し、学校建築の多様性とその魅力を
    紹介します。

   (ア)会期

      平成31年4月27日(土)~令和元年6月30日(日)

      ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

    (イ)観覧料

      通常観覧料(大人200円、小人無料)

   

   イ 重要文化財旧開智学校校舎「教育からみる開智学校と山辺学校、松本高等学校」

     3校の教育の様子や特徴を、比較を交えながら紹介します。

   (ア)会期

      令和元年6月29日(土)~令和元年8月25日(日)

      ※7月16日(火)のみ休館

        (イ)観覧料

      通常観覧料(大人300円、小人150円)

 

   ウ 旧制高等学校記念館「松本高等学校開校100年記念展」

     松本高等学校開校100年を記念して、松本高等学校と同時期に開校した
    新潟・山口・松山高等学校の歴史を紹介します。

   (ア)会期

           令和元年8月3日(土)~令和元年12月22日(日)

    ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)
    ※9月18日(水)~9月23日(月・祝)、
     11月6日(水)~11月10日(日)は展示替えのため常設展示のみ開館

    (イ)観覧料

      無料(通常観覧料別:大人300円、小人無料)

 

2 観覧料の相互割引

  参加館のいずれかの観覧料半券を、他の参加館の受付で提示した場合、
 観覧料が団体料金になります。        

  ※相互割引は、期間中(4月27日(土)~12月22日(日))に
   各施設一人1回のみとします。

  ア 旧山辺学校校舎 団体料金 

    大人150円(通常料金より50円引き)、小人無料

   

  イ 旧開智学校校舎 団体料金

    大人250円(通常料金より50円引き)

    小人100円(通常観覧料より50円引き)

 

  ウ 旧制高等学校記念館 団体料金

    大人200円(通常料金より100円引き)、小人無料

 

3 スタンプラリー

  期間中(4月27日(土)~12月22日(日))に、3館の常設展示か特別展示を
 ご覧いただいた方には
スタンプを押印します。全てのスタンプを集めると、
 記念品がもらえます。ぜひご参加ください!

  ※記念品数には限りがあります。
  ※スタンプ用紙は、3館それぞれの受付にあります。
   全てのスタンプがたまった後、3館いずれかの受付にてスタンプ用紙を提出すると、
  記念品がもらえます。

 

4 問い合わせ   

  松本市立博物館分館 旧山辺学校校舎

  〒390-0221 松本市里山辺2932-3

  TEL:32-7602 FAX:32-7604

  同 重要文化財旧開智学校校舎

  〒390-0876 松本市開智2-4-12

  TEL:32-5725 FAX:32-5729

  同 旧制高等学校記念館

  〒390-0812 松本市県3-1-1

  TEL:35-6226 FAX:33-9986