第178回サロンあがたの森 7月13日(土)午後1時30分~

野田高梧記念蓼科シナリオ研究所

『新・雲 呼 荘』

― 山の小さな資料館のお話

話題提供 山内   美智子 さん 
      [野田高梧記念蓼科シナリオ研究所代表理事
 
日   時     7月13日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5  
参加費        200円
 
戦前の大ヒット映画『愛染かつら』の脚本家であり、小津安二郎監督のデビュー作『懺悔の刃(ざんげのやいば)』をはじめとして、戦後は 2 作品を除き、小津映画と呼ばれている作品の脚本を書いたのが野田高梧です。『東京物語』『麦秋』『晩春』……その野田高梧の資料館「新・雲呼荘(しん・うんこそう)」(野田高梧記念蓼科シナリオ研究所)を蓼科高原に開館して今年で 4 年目になります。
 「新・雲呼荘」と聞くと、多くの方が笑いながら「面白い名前ね」とおっしゃり、でも口にするのをためらわれますが(笑)、その由来をお話しすると皆さん「素敵な名前ですね」と言ってくださいます。山が雲を呼び、雲が人を呼ぶ ― そんな風にみんな集まって来いよという気持ちを込めて、そしてそこに映画人特有のシャレをひとひねり、1951(昭和 26)年、野田が蓼科高原 に開いた山荘が「雲呼荘」です。そこには面白いものがたくさん残されていました。
 「雲呼荘」は処分されて既に現存しませんが、そこからほど近い所に、脚本家山内久・玲子(野田の長女)夫妻が野田未亡人のために建てた山荘を改修し、膨大な野田の資料を保存、ご紹介しているのが資料館「新・雲呼荘」です。
 所蔵資料はシナリオの原本はじめ、野田の生原稿や書簡、「雲呼荘」を訪れた人々の写真、2013年 8 月に出版された『蓼科日記・抄』の原本にあたるノート『蓼科日記』18 冊など。また、野田 が撮った8㍉フィルムなどもご覧いただけます。
 今日は8㍉フィルムも含め資料の一部をご紹介して、野田高梧の人となり、そして映画におけるシナリオというものの大切さをお話しできればと思います。

  山内美智子(やまうち・みちこ)さんは 1955 年、東京生まれ。2012 年 山内久・玲子夫妻の養女となる。一般社団法 人 野田高梧記念蓼科シナリオ研究所代表理事。昨 2018 年6月、夫の脚本家・渡辺千明さんと共に蓼科に移住。

  ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)

「斎藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展」開催記念講演会 7月6日(土)14時から 

「斎藤茂吉と北杜夫の

親子昆虫展」開催記念講演会
                                               月6日(土)

企画展「斎藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展」開催を記念し、講演会を行います。
ぜひ皆様お越しください。

演 題  「茂吉と宗吉にとっての虫」

講 師  新部公亮氏(日本昆虫協会理事)

日 時  7月6日(土)14時~15時30分        

会 場  松本市あがたの森文化会館2-8

料 金  無料

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

 

「斎藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展」6月27日(木)から7月23日(火)まで

斎藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展
                                 6月27日(木)から7月23日(火)まで

  少年の頃から昆虫に興味を持ちはじめた作家・北杜夫の父である斎藤茂吉は歌人であり、昆虫をテーマとした歌を多く残しています。今回は、そんな斎藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展を開催します。

会 期      令和元年6月27日(木)から7月23日(火)まで
                   (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226木(「齋藤茂吉と北杜夫の親子昆虫展」欄に掲載)

 

松高・信大寮歌祭 6月29日(土)

松高・信大寮歌祭

 旧松本高等学校と信州大学の同窓生が一堂に集まり交流を深めつつ寮歌・学生歌をうたい継いでいく会です。松高同窓会が開いてきた「寮歌祭」を引き継ぎ「松高・信大寮歌祭」として開催します。ぜひご参加ください。

日時 6月29日(土) 12時~15時30分(予定)                                   

前回の松高・信大寮歌祭の様子

前回の松高・信大寮歌祭の様子

場所 松本市勤労者福祉センター 
   大会議室                                     

◆事前申込制 
 準備の都合上6月3日(月)までにお申し込みください。
 
◆申込先 信州大学同窓会連合会事務局 
     電話0263-37-2079
     松本高等学校同窓会     
     電話0263-32-4030

◆会費  一般3,000円
     学生無料

 ※詳細はこちらのホームページにてご確認ください。
https://www.shinshu-u.ac.jp/group/sufaa/news/2019/03/h30519-2.html

第56回あがた美術会作品展  5月18日(土)から6月23日(日)まで

第56回あがた美術会作品展
                                 5月18日(土)から6月23日(日)まで

第55回あがた美術会作品展の様子

第55回あがた美術会作品展の様子

 毎回力強い作品があつまる、松本高等学校卒業生による美術作品展です。今年は、信州大学文理学部出身者の方々からも作品をご出展いただきます。風景画から静物、人物など、会員の皆様の個性光る多彩な作品をお楽しみください。

 

 

 

 
会 期      令和元年5月18日(土)から6月23日(日)まで
                        (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

「学都松本ミュージアムめぐり2019」4月27日(土)~9月29日(日)

旧山辺学校校舎・重要文化財旧開智学校校舎・

旧制高等学校記念館 連携事業

 「学都松本

ミュージアムめぐり2019」

 「学都松本」の重要な要素として、日本で最も古い小学校の一つとされる旧開智学校の開校や、松本高等学校の誘致が挙げられます。
 そこで、重要文化財旧開智学校校舎と旧制高等学校記念館に、4月にリニューアルオープンする旧山辺学校校舎を加えた3館で、教育に関する企画展を実施します。また、期間中には3館間で観覧料の減免とスタンプラリーを行います。

旧山辺学校

旧山辺学校

 

 

旧制高等学校記念館

旧制高等学校記念館

旧開智学校

旧開智学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 事業内容

  ⑴ 企画展

   ア 旧山辺学校校舎「懐かしの校舎展」

     郷愁を誘う木造校舎など懐かしい校舎の写真を展示し、学校建築の多様性とその魅力を
    紹介します。

   (ア)会期

      平成31年4月27日(土)~令和元年6月30日(日)

      ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

    (イ)観覧料

      通常観覧料(大人200円、小人無料)

   

   イ 重要文化財旧開智学校校舎「教育からみる開智学校と山辺学校、松本高等学校」

     3校の教育の様子や特徴を、比較を交えながら紹介します。

   (ア)会期

      令和元年6月29日(土)~令和元年8月25日(日)

      ※7月16日(火)のみ休館

        (イ)観覧料

      通常観覧料(大人300円、小人150円)

 

   ウ 旧制高等学校記念館「松本高等学校開校100年記念展」

     松本高等学校開校100年を記念して、松本高等学校と同時期に開校した
    新潟・山口・松山高等学校の歴史を紹介します。

   (ア)会期

           令和元年8月3日(土)~令和元年12月22日(日)

    ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)
    ※9月18日(水)~9月23日(月・祝)、
     11月6日(水)~11月10日(日)は展示替えのため常設展示のみ開館

    (イ)観覧料

      無料(通常観覧料別:大人300円、小人無料)

 

2 観覧料の相互割引

  参加館のいずれかの観覧料半券を、他の参加館の受付で提示した場合、
 観覧料が団体料金になります。        

  ※相互割引は、期間中(4月27日(土)~12月22日(日))に
   各施設一人1回のみとします。

  ア 旧山辺学校校舎 団体料金 

    大人150円(通常料金より50円引き)、小人無料

   

  イ 旧開智学校校舎 団体料金

    大人250円(通常料金より50円引き)

    小人100円(通常観覧料より50円引き)

 

  ウ 旧制高等学校記念館 団体料金

    大人200円(通常料金より100円引き)、小人無料

 

3 スタンプラリー

  期間中(4月27日(土)~12月22日(日))に、3館の常設展示か特別展示を
 ご覧いただいた方には
スタンプを押印します。全てのスタンプを集めると、
 記念品がもらえます。ぜひご参加ください!

  ※記念品数には限りがあります。
  ※スタンプ用紙は、3館それぞれの受付にあります。
   全てのスタンプがたまった後、3館いずれかの受付にてスタンプ用紙を提出すると、
  記念品がもらえます。

 

4 問い合わせ   

  松本市立博物館分館 旧山辺学校校舎

  〒390-0221 松本市里山辺2932-3

  TEL:32-7602 FAX:32-7604

  同 重要文化財旧開智学校校舎

  〒390-0876 松本市開智2-4-12

  TEL:32-5725 FAX:32-5729

  同 旧制高等学校記念館

  〒390-0812 松本市県3-1-1

  TEL:35-6226 FAX:33-9986 

企画展「松高人名録(その一)」 3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

松高人名録(その一)
                                3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

会 期       平成31年3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

         (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場       旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間      午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料       無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ  旧制高等学校記念館 0263-35-6226

 2019年、松本高等学校開校100年にあたり、旧制高等学校記念館と、信州大学日本文学分野、信州大学大学史資料センターの連携事業として、企画展「松高人名録(その一)」を行います。松本高校の卒業生数十人を選び、生年月日、出身地、出身中学、学科、大学、卒業後の進路に、在学中・卒業後のエピソードを付したプロフィールをパネルにして紹介します。

臼井吉見

臼井吉見

唐木順三

唐木順三