講座「馬場家文書を読む」を開催します

 

 

 天正10年(1582)から内田の地に住み着き、江戸時代には村の指導的立場にいたという馬場家には、近世から近代にかけての文書や古典籍が数多く残されています。
 本講座では、これらの資料を扱い、内容を読み解きながら当時の馬場家や近隣地域の姿、時代背景を学びます。各回独立の講座を予定しておりますので、是非ご参加ください。

日 程:令和3年5月~10月の各月1回
    詳細は下記予定表のとおり

時 間:午前9時30分~11時30分 

会 場:重要文化財馬場家住宅(松本市内田357番地6)   

受講料:各回 500円

定 員:各回10名

講 師:信濃史学会会員 太田秀保氏

申込み:下記予定表の受付開始日の午前9時以降、電話受付(0263-85-5070)

その他:新型コロナ感染症の感染状況等により、内容を急遽変更・中止する場合がございます。

  • 各回開催予定表 

馬場家文書を読む 日程