沿革

校舎の沿革

 旧開智学校は明治6年(1873)5月6日、筑摩県学を改め学制による小学校として、廃仏毀釈で廃寺となった全久院の建物を仮の校舎として開校しました。新校舎は明治9年4月に全久院跡地に竣工し、昭和38年(1963)3月まで90年近くも使用されました。昭和36年に重要文化財に指定されていた校舎は、令和元年(2019)に近代学校建築としては初めて国宝に指定されました。

創建当初の旧開智学校校舎

創建当初の旧開智学校校舎

  文明開化の時代を象徴する擬洋風建築の校舎は、地元の大工棟梁立石清重が設計施工したもので、現存校舎のほかに30余室の教室棟が設けられており「広大華麗・地方無比」とうたわれた大規模校でした。明治17年にはアメリカ・ニューオリンズでの万国工業博覧会、同25年には、アメリカ・シカゴでの万国博覧会に校舎の写真が出品されるなど、当時から日本を代表する学校校舎として評価を受けていました。

明治25年 シカゴ万国博覧会出品写真

明治25年 シカゴ万国博覧会出品写真

 工事は、当時のお金で1万1千余円の巨額なもので、およそ7割を地域の人々が負担し、残り3割は特殊寄附金及び廃寺をとりこわした古材受払金などで調達しました。その後、校舎はなんども水害などの被害にあいましたが、児童や教員、地域の人々に大切に守られ続けました。

長い間、松本の学びを支え市民に愛されてきた校舎ですが、昭和34年の台風による水害をきっかけに校舎の保護のため、新校舎を建設して文化財指定を受けた校舎を移築復元することが決まりました。校舎は、竣工からずっと市街地の中央を流れる女鳥羽川のほとり(現中央1丁目)にありましたが、河川の拡幅工事のため昭和38年1月から翌年8月にかけて、現在地への移転修理工事が行われました。

 

女鳥羽川沿いの校舎

女鳥羽川沿いの校舎

移築修理工事の様子

移築修理工事の様子

 昭和40年4月、旧校舎は文化財校舎の価値と松本の教育のあゆみを伝える教育博物館に生まれ変わりました。文化財校舎の公開と明治時代から脈々と受け継がれてきた歴代の教育資料3万点(現在は約11万点)を展示する博物館として、現在まで活動を続けています。

旧開智学校校舎のあれこれ

〇校名の由来

 「開智」の校名は、明治5年8月学制発布の前日に公布された「被仰出書」の文中にある「~人々自ヲ・・・・其身ヲ修メ智ヲ開キ才芸ヲ~云々」の「智ヲ開キ」から命名されたといわれています。

〇授業の内容

 開校当初の開智学校では、明治5年8月に布達された教則に準拠しつつ、読本課・算術課・習字課を設け、英学課も置いていました。英学課は、筑摩県(当時松本が属した県、現在の長野県中南信と岐阜県高山市の一部)内では開智学校だけでした。 その後は、国語・算数・歴史・理科・体操・唱歌などを中心に、時代時代の教育制度に即した授業を行っていました。

昭和初期の教室の様子

昭和初期の教室の様子

昭和初期の体操の様子

昭和初期の体操の様子

〇開智学校に附設された教育機関

 開智学校には、各時代を通じてさまざまの教育機関が併設され、幼稚園や高等教育・特別支援教育、社会教育等の礎を築きました。

  一例をあげると、

  •  師範講習所(明治6年) →後に、信州大学教育学部
  •  変則中学校(明治9年) →後に、県立松本深志高校
  •  付属幼稚園(明治20年) →後に、市立松本幼稚園
  •  開智書籍館(明治24年) →後に、市立松本図書館
  •  明治三十七、八年戦役紀念館(明治39年) →後に、松本市立博物館

 ほかにも、美術館や特別支援学級などがあります。これらの施設はその後学校から独立し、現在も市や県の教育施設として運営されているものが多くあります。

 開智学校は開校以来ずっと、初等教育にとどまらず地域の様々な学びを担い、松本地方の教育センター的役割を果たしました。学都を標榜する松本市ですが、松本の学びの礎を築いてきた学校といえます。


施設案内>沿革