企画展「松本押絵雛による端午の節句展」を開催します

 R03 端午の節句展ポスター

 馬場家住宅では、令和3年5月1日から企画展「松本押絵雛による端午の節句展」を開催します。

 押絵雛は江戸時代から明治時代にかけて松本で盛んにつくられた人形です。厚紙に書き写した人物などの絵を部分ごとに切り抜き、それぞれに綿を挟んで布で包み込んだのち、絵の形に張り合わせた人形で、絵でありながら立体感のある造詣が特徴です。「雛」の文字から、雛人形=ひな祭りの印象を受けますが、押絵雛は端午の節句や祭り、祝い事の際にも飾られたようです。松本の押絵雛は内裏雛だけでなく様々な題材を基にした人形が見られます。
 本展では、月遅れの端午の節句に合わせ、武将や伝説の偉人達の姿をかたどったものを中心に押絵雛を展示します。子供の健やかな成長を願い贈られたであろう押絵雛たちの姿をご覧ください。

 また、会期中は敷地内にこいのぼりを飾るほか、竹馬やけん玉など昔ながらの遊びもお楽しみいただけます。展示と合わせ、江戸時代創建の古民家で端午の節句をお過ごしください。

会期

令和3年5月1日(土)~6月6日(日)

休 館 日:5月6日(木)、10日、17日、24日、31日(月)

開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

重要文化財馬場家住宅 主屋

観覧料

通常観覧料 
 大人(高校生以上)310円
 大人団体(20名以上)200
 小人(中学生以下)無料

期間中のイベント

・無料公開
 5月1日(土)は、松本市政施行記念日に合わせて当館を無料公開いたします。この機会にぜひご来館ください。

・朗読の会
 朗読インストラクターによる朗読会を開催します。端午の節句にちなんだお話などをお楽しみください。
 日 時 5月30日(日)午前10時~11時
 場 所 重要文化財馬場家住宅主屋
 語り手   小松志づ子氏(朗読インストラクター)
 定 員 20名
 参加費 通常観覧料のみ
 申 込 5月8日(土)午前9時から電話受付