生誕150周年記念企画展「『木下尚江』という生き方」開催中です

 松本市歴史の里には、松本出身の社会運動家・木下尚江の生家が移築保存されています。

 尚江は明治2年(1869)、松本の天白町(現在の松本市北深志)に松本藩の下級武士の子として生まれました。今年で生誕150周年を迎えます。

 新聞記者や弁護士、小説家として活躍した尚江は、日本で初めての普通選挙運動を松本で起こしたことでも知られるほか、その生涯を通じて人権、民主主義、平和を主張し続けました。今でこそ違和感なく受け止められる尚江の主張ですが、当時の社会の風潮・常識に反することも多く、「尚江を生んだことは松本の恥」とまで批判されることもありました。

 批判され、挫折を味わいながらも、尚江は自身の信念を貫き「おかしなことはおかしい」と声を上げ続けました。

 時代の先覚者であった尚江の生き方の土台を形成した、故郷・松本で過ごした日々を紹介します。

生誕150周年記念企画展「『木下尚江』という生き方」

会  期:令和元年7月27日(土)~9月16日(月・祝)

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会  場:松本市歴史の里 木下尚江生家

観 覧 料:通常入館料(大人400円、中学生以下無料)

休 館 日:月曜日(祝日・振替休日の場合は、その翌日)

 

木下尚江(外観)木下尚江(展示)

 

 

 

 

 

 

パネル展「歴史の里2018」

 2018年に歴史の里で実施した各種活動や季節ごとの風景などを写真で紹介するパネル展を開催します。

 はた織り・草木染め・みすず細工の体験講座の様子や、専門的に建築を学ぶ講座、歴史的な建造物の雰囲気の中で行われた各種イベントなど、歴史の里では、2018年も様々な活動が行われました。

 昨年、講座やイベントに参加された方は、もしかしたらパネル展に写真が展示されているかも知れません。

 参加されなかった方も、歴史の里が年間を通してどんな活動をしているのかをご覧いただければと思います。    

  2019年も、様々な講座やイベントを開催予定です。このパネル展をご覧いただき、気になる催しなどがあれば、今年、ぜひ歴史の里にお越しください。  

パネル展「歴史の里2018」   

会  期:平成31年1月19日(土)~3月31日(日)   

開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)   

場  所:松本市歴史の里 展示・休憩棟   

観 覧 料:通常観覧料  大人400円(300円)、中学生以下無料 ※(  )内は20名以上の団体料金   

休 館 日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は、当該日以降の休日を除いた最初の日)

 

八重桜と旧松本区裁判所庁舎

八重桜と旧松本区裁判所庁舎

ナイトミュージアム

ナイトミュージアム

  

紫陽花と工女宿宝来屋

紫陽花と工女宿宝来屋

 

建築講座「松本のたてもの2018」を開催します

 松本市歴史の里では、松本市内で活躍する建築士の方々と協働で、市内の歴史的建造物を紹介
する展示を開催しています。
 5回目となる今年は、松本市内の“くら”に焦点を当ててご紹介します。
 日常生活の中に溶け込み、普段あまり意識することのない“くら”の魅力を感じていただければ
幸いです。
 また、期間中、建築士の方々による展示解説や、講演会、現地見学会も予定しておりますので
ぜひご参加ください。

詳しくは、チラシをご覧ください。松本のたてもの2018

期 間  平成30年9月29日(土) ~ 12月24日(月・祝)
休館日  毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は、その翌日)
場 所  松本市歴史の里 展示・休憩棟
観覧料  通常観覧料(大人400円、中学生以下無料) 

 

重要文化財指定記念企画展「裁判所という文化財」

 平成29年11月、歴史の里に保存されている旧松本区裁判所庁舎が国の重要文化財に指定されました。そのことを記念し、企画展を開催します。
 普段あまり馴染みのない裁判所の建築について、旧松本区裁判所庁舎だけでなく、裁判所建築全般を文化財という視点から紹介します。

会 場:松本市歴史の里 旧松本区裁判所庁舎
会 期:平成30年6月2日(土曜日)~9月2日(日曜日) ※月曜休館(休日の場合は翌日)
時 間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:大人400円(300円)、中学生以下は無料  
※(  )内は20名以上の団体料金

詳しくはチラシをご覧ください。 「裁判所という文化財」   

現在の旧松本区裁判所庁舎

現在の旧松本区裁判所庁舎

竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

 

写真展「歴史の里2017」

 歴史の里の2017年の活動や歴史的建造物の四季折々の景観を、写真パネルで紹介します。
 はた織りや竹細工などの伝統的な技術の体験や、建築に関する専門的な講座、歴史的建造物を活用したイベントなど、様々なイベントに参加するもよし、桜やソバなどの花と歴史的建造物が織りなす四季折々の景観を楽しむもよし。ぜひ今年は歴史の里に来て、博物館を気軽にお楽しみください。

桜と旧松本区裁判所庁舎

桜と旧松本区裁判所庁舎

そばの花と工女宿宝来屋

そばの花と工女宿宝来屋

囲炉裏端でおはなし会

囲炉裏端でおはなし会

旧松本区裁判所庁舎が国の重要文化財に指定されました

旧松本区裁判所庁舎国の重要文化財に指定されました

煉瓦造の正門と建物正面

煉瓦造の正門と建物正面

車寄が付く玄関

車寄が付く玄関

 平成29年11月28日の官報告示号外256号(文部科学省告示第177号)により、旧松本区裁判所庁舎(長野県宝 旧長野地方裁判所松本支部庁舎)が新たに重要文化財に指定されました。

旧松本区裁判所庁舎とは
 旧松本区裁判所庁舎は、明治41年(1908)に松本城二の丸御殿跡に建てられました。設計は司法省とみられ、施工は坂巻儀平ら7名の地元の大工が担当しています。区裁判所は戦前の裁判所組織の名称で、現在の簡易裁判所にあたります。旧松本区裁判所庁舎には、区裁判所の機能とともに長野地方裁判所松本支部の機能も置かれ、建物内に区訟廷と支部訟廷の2つの法廷が設置されていました。戦後、名称が長野地方裁判所松本支部・松本簡易裁判所に変わりましたが、建物は昭和52年(1977)に新庁舎に機能が移転するまで、約70年に渡り市民に親しまれてきました。

明治41年の竣工直前

明治41年の竣工直前

右奥に松本城天守がそびえる(昭和52年)

松本城天守がそびえる(昭和52年)

   

市民が守った文化財
 新庁舎に機能が移転した翌年には、旧庁舎の解体工事が始まりました。いよいよ庁舎本館を残すだけとなったとき、「貴重な建物を後世に残して活用したい」という市民の熱心な運動が起こり、その結果、移築して保存することが決まりました。保存運動を行った市民は、建物を保存公開するために財団法人日本司法博物館を設立し、昭和57年、移築復元された建物は博物館施設として生まれ変わりました。昭和60年には文化財としての価値が評価され、旧長野地方裁判所松本支部庁舎として長野県宝に指定されています。その後、平成13年に松本市に譲渡され、翌年「松本市歴史の里」に改称しました。

保存を訴える市民パレード

保存を訴える市民パレード

建物の特徴
 木造平屋建の建物は、主体部の南北両端に翼部を付した左右対称のH形平面で、主体部の正面中央に玄関を突出させ、さらに車寄を付けています。内部は、南翼部に支部訟廷、北翼部に区訟廷をそれぞれ置き、訟廷は、外部から石廊下を通って入廷する被告人・弁護士等と、建物内から入廷する判事・検事等との動線を明確に分けています。また、判事等の席は被告人等の席よりも上段に設置されています。
 外観は、柱を現し長押を廻らせた外壁や、入母屋屋根を組み合わせた瓦屋根により全体を和風意匠でまとめています。また、屋根正面と側面に各2所付けられたドーマ窓や、両翼部の小屋組みに採用されたキングポストトラスなど洋風の手法も併用され、近代和風建築の要素が多数みられます。

判事等の席が上段にある支部訟廷

判事等の席が上段にある支部訟廷

両側に受付のある玄関

両側に受付のある玄関

 

 

 

 

 

 

 

価値・評価
 戦前の裁判所建築は、大審院(現在の最高裁判所)や大阪・名古屋などの控訴院(現在の高等裁判所)、神戸・熊本などの大都市の地方裁判所は、洋風意匠で建てられましたが、地方都市の地方裁判所や区裁判所は、もっぱら和風意匠で建てられています。明治期の和風の裁判所建築で現存するものは、旧相川区裁判所(新潟県佐渡市、明治21年築)、旧篠山区裁判所(兵庫県篠山市、明治24年築)など、松本のほかに6件あります。
 こうしたなかで、旧松本区裁判所庁舎は、明治期後半の区裁判庁舎の典型的な特徴をよく示し、和風の裁判所建築のうちもっとも完成度が高いことから、歴史的価値が高いと評価されています。

建築講座「松本のたてもの2017~松本の近代和風建築~」

 和風建築といえば、「日本の伝統的な建物」と思われる方が多いかもしれません。
 しかし、明治期から昭和初期に建てられた和風建築は、幕末の開国や明治維新による身分制撤廃・文明開化の影響を受け、江戸時代までの伝統的な建築から大きな変化を遂げています。これを「近代和風建築」といい、洋風建築とならぶ近代建築の大きな要素として注目されています。
 そこで、この講座では、地元で活躍されている建築士の方々と協働して、松本市内に現存する近代和風建築をパネル展示でご紹介するとともに、展示説明会・講演会、まち歩き見学会を開催します。
 まちの建築を知ると、もっとまちが好きになるかも。ぜひご参加ください。
 詳細は、チラシをご覧ください。

松本のたてもの2017チラシ

料亭の大広間

料亭の大広間

明治期の蔵座敷

明治期の蔵座敷

浅間温泉の湯屋

浅間温泉の湯屋

出張展示「山本茂実」パネル展(庄内地区公民館)

 『あゝ野麦峠』の作者として知られる山本茂実は、松本市並柳で生まれ今年で生誕100年を迎えます。これを記念して、故郷である庄内地区公民館でパネル展を開催します。お近くにお寄りの際には、ぜひご覧ください。
 また、9月13日(水)には、山本茂実と『あゝ野麦峠』に関する勉強会を開催しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

○パネル展
会 場:8月30日(水)~10月1日(日)
    ※9月27日(水)は休館日
会 場:庄内地区公民館(ゆめひろば庄内1階) 図書コーナー

○勉強会
日 時:9月13日(水)9時~10時30分
会 場:庄内地区公民館(ゆめひろば庄内1階) 視聴覚室
内 容:「山本茂実と『あゝ野麦峠』」と題し、当館学芸員が解説します。
その他:事前申し込み不要、参加費無料

 ご不明な点は、会場・アクセス等については庄内地区公民館(電話:0263-24-1811)、内容については歴史の里(電話:0263-47-4515)にお問い合わせください。

山本茂実パネル展

山本茂実パネル展

第7回戦争と平和展「非戦~木下尚江の訴え~」

木下尚江(明治45年撮影)

木下尚江(明治45年撮影)

小説『火の柱』

小説『火の柱』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不幸にして日本人は世界の好戦者なり」
「非戦論の要諦は『不義』にあり、『不利』のごときはそも末節の末節のみ」

これは、日露戦争開戦前に、松本出身の木下尚江が新聞紙上で発表した論説の一部です。
国全体が戦争一色になろうとするなか、尚江は『非戦論』を訴え続けました。

本展では、尚江の『非戦論』を通して、戦争と平和を考えます。

会場:歴史の里 展示休憩棟
会期:平成29年7月22日(土曜日)~9月3日(日曜日)
料金:通常観覧料(大人400円、中学生以下は無料)

 

松本市市制施行110周年記念 連携展「松本の近代建築」

重要文化財旧開智学校校舎と歴史の里の2館が連携して開催する企画展です。明治初期の擬洋風建築の代表作である旧開智学校校舎と、明治期の木造裁判所庁舎の旧長野地方裁判所松本支部庁舎。全国的にも貴重な2つの建築を通して、松本の近代建築を紹介します。

歴史の里会場では、「市民が守った文化財~旧長野地方裁判所松本支部庁舎のあゆみ~」と題し、長野県宝に指定されている旧長野地方裁判所松本支部庁舎の歴史と魅力、そして、この建物を保存した市民運動について紹介します。

会 期:6月3日(土)~10月1日(日)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)
観覧料:通常観覧料(大人400円、中学生以下は無料)
詳細は、添付チラシをご覧ください。

松本の近代建築チラシ