歴史の里 修理工事のお知らせ 【終了しました】

平成30年7月24日(火)から、傷んだ館内渡り廊下を修理するための工事を実施します。

工事期間中、館内の見学順路の一部が変更になるほか、

旧松本少年刑務所独居舎房をご見学いただけなくなります。

ご来館の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

【工事期間(予定)】

  平成30年7月24日(火)~8月1日(水)

   ※ 工事の進捗状況によって、期間が変更になる場合もあります。

 

【工事が終了し、旧松本少年刑務所独居舎房がご見学いただけるようになりました。工事期間中は、ご協力いただき、ありがとうございました】

重要文化財指定記念企画展「裁判所という文化財」

 平成29年11月、歴史の里に保存されている旧松本区裁判所庁舎が国の重要文化財に指定されました。そのことを記念し、企画展を開催します。
 普段あまり馴染みのない裁判所の建築について、旧松本区裁判所庁舎だけでなく、裁判所建築全般を文化財という視点から紹介します。

会 場:松本市歴史の里 旧松本区裁判所庁舎
会 期:平成30年6月2日(土曜日)~9月2日(日曜日) ※月曜休館(休日の場合は翌日)
時 間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:大人400円(300円)、中学生以下は無料  
※(  )内は20名以上の団体料金

詳しくはチラシをご覧ください。 「裁判所という文化財」   

現在の旧松本区裁判所庁舎

現在の旧松本区裁判所庁舎

竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

 

博物館でお花見を!桜茶を振る舞います

 松本市歴史の里は、歴史的な建造物とともに、四季折々の美しい景観も魅力のひとつです。特に、春には満開の八重桜が咲き誇ります。この桜を見ないなんてもったいない!そこで・・・
「博物館でお花見を!」ということで、桜茶の振る舞い行います。
 重要文化財旧松本区裁判所庁舎など歴史的建造物を眺めながら、お花見をお楽しみください。

八重桜の下で桜茶をどうぞ

八重桜の下で桜茶をどうぞ

期 間  21日(土)~430日(月・祝) 
     ※広報まつもと等では、4月28日(土)~5月6日(日)
      としていましたが、桜の開花状況により1週間早まり
      ました。                                                                                                                                                                                                                                                                    
会 場  松本市歴史の里(松本市島立2196-1)
提供数  各日先着20名
時 間  開館時間(午前9時~午後5時、入館は午後4時30分まで)
料 金  通常観覧料のみ
    (大人400円、小中学生や市内在住の70歳以上の方は無料)
   その他  桜の開花状況によって開催期間が変更になる場合があり
                  ますので、ホームページをご確認ください。

 

重要文化財指定記念講演会第3弾を開催します

 昨年11月に国の重要文化財に指定された旧松本区裁判所庁舎は、明治期の和風裁判所庁舎の最も完成度の高いものとして評価されています。今年は、明治元年(1868)から満150年の年に当たります。そこで、旧松本区裁判所庁舎の明治時代の建築としての魅力に迫ります。

明治41年竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

明治41年竣工直前の旧松本区裁判所庁舎

日 時  4月28日(土) 午後1時30分~午後3時
会 場  歴史の里 旧松本区裁判所庁舎
講 師  西澤泰彦氏(名古屋大学大学院教授)
演 題  近代建築と旧松本区裁判所庁舎
定 員  30名
料 金  通常観覧料(大人400円、中学生以下と市内在住の70歳以上の方は無料)
申込み  4月5日(木)午前9時以降に電話で歴史の里(0263-47-4515)へ

3月17日(土)旧松本区裁判所庁舎重要文化財指定記念式典・無料開館

旧松本区裁判所庁舎が、昨年11月に国の重要文化財に指定されました。松本市では、この貴重な文化財を多くの皆さんに知っていただき、また、今回の指定を皆さんとともにお祝いするため、317日(土)無料開館日にして、記念式典を開催します。

開館時間  午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 終日無料開館です。
記念式典  午後2時~2時30分 式典の様子をご覧いただけます。
建物解説  午後2時35分~3時30分 ご自由にご参加いただけます。

当日は駐車場の混雑が予想されますので、公共交通機関のご利用にご協力をお願いします。
松本駅アルプス口から、松本周遊バス「タウンスニーカー」西ロングコースで「浮世絵博物館・歴史の里」バス停下車すぐです。
ぜひ、お気軽にご来館ください。

写真展「歴史の里2017」

 歴史の里の2017年の活動や歴史的建造物の四季折々の景観を、写真パネルで紹介します。
 はた織りや竹細工などの伝統的な技術の体験や、建築に関する専門的な講座、歴史的建造物を活用したイベントなど、様々なイベントに参加するもよし、桜やソバなどの花と歴史的建造物が織りなす四季折々の景観を楽しむもよし。ぜひ今年は歴史の里に来て、博物館を気軽にお楽しみください。

桜と旧松本区裁判所庁舎

桜と旧松本区裁判所庁舎

そばの花と工女宿宝来屋

そばの花と工女宿宝来屋

囲炉裏端でおはなし会

囲炉裏端でおはなし会

重要文化財指定記念講演会を開催します

平成29年11月28日に、旧松本区裁判所庁舎が国の重要文化財に指定されました。そこで、この建物の歴史や魅力・価値を多くの方にご紹介するため、記念講演会を開催します。旧松本区裁判所庁舎は、松本市民の保存運動で守られた文化財です。多くの方に、新たに指定された重要文化財の価値と、これを残した先人の想いを感じていただきたいと思います。ぜひ、お気軽にご参加ください。

重要文化財 旧松本区裁判所庁舎

重要文化財 旧松本区裁判所庁舎

○第1弾
 日時:平成30年1月27日(土) 午後1時30分~午後3時
 講師:千賀康孝(歴史の里学芸員)
 演題:市民が守った文化財ー旧松本区裁判所庁舎

○第2弾
 日時:平成30年2月17日(土) 午後1時30分~午後3時
 講師:梅干野成央氏(信州大学工学部准教授)
 演題:旧松本区裁判所庁舎の価値と魅力

いずれも、会場は歴史の里で、料金は通常観覧料(大人400円、中学生以下と市内在住70歳以上は無料)です。
事前申し込み制ですので、歴史の里(0263-47-4515)までお電話ください。
※第2弾(2月17日)は、2月6日(火)午前9時から申し込みを開始します。

ナイトミュージアム第2弾を開催します

 ご好評につき、ナイトミュージアム第2弾の開催が決定しました。松本の寒い夜、歴史的建造物の幻想的な景観とともに、昔懐かしい囲炉裏の灯りと暖かさを体感いただけます。
 今回は、松本市美術館と日本浮世絵博物館で開催される「松本ナイトミュージアム」と同日に開催しますので、併せて松本の冬の夜をお楽しみください。

開催日:12月22日(金)17時~21時 最終入館は20時30分
入館料:通常観覧料(大人400円、中学生以下は無料)
    松本ナイトミュージアムのチケットを提示していただくと、100円割引になります。
その他:すべての建物・展示物が写真撮影可能です。
    園路が暗くなっていますので、懐中電灯などをお持ちいただき、足元に充分ご注意ください。
    夜間のため、展示パネルなど一部見えづらいところもあります。ご了承ください。

松本ナイトミュージアムの詳細はこちら(松本市美術館ホームページ)

重要文化財旧松本区裁判所庁舎

重要文化財旧松本区裁判所庁舎

工女宿宝来屋の囲炉裏

工女宿宝来屋の囲炉裏

 

重要文化財指定記念 ナイトミュージアムを実施します

 旧松本区裁判所庁舎重要文化財に指定されたことを記念して、2日間の限定で、開館時間を2時間延長しナイトミュージアムを実施します。夜の歴史の里は、歴史的建造物が内側から照明で照らされ、幻想的な雰囲気です。旧松本区裁判所庁舎や旧松本少年刑務所独居舎房など、フォトジェニックでインスタ映えする美しい景観をお楽しみください。また、両日とも、松本駅からのバス(タウンスニーカー西コース)が臨時増便されますので、ぜひお気軽にご来館ください。

日時:12月9日(土)・10日(日)
   いずれも午後7時まで開館します。※入館は18時30分まで
   通常は午後5時までのところを2時間延長します。

料金:通常観覧料(大人400円、中学生以下は無料)

バス:タウンスニーカー(西・ロングコース)を臨時増便します。運賃は片道大人200円、小人100円です。
   なお、1日乗車券(大人500円、小人250円)をお持ちの方は、入館料が大人300円に割引されます。

   松本駅アルプス口  →  浮世絵博物館・歴史の里  →  松本駅アルプス口
    16:10発     16:34着、16:34発     16:50着
    16:30発     16:54着、17:00発     17:26着
    17:30発     17:54着、18:00発     18:26着
    18:30発     18:54着、19:10発     19:36着

その他:すべての建物・展示物が写真撮影可能です。
    園路が暗くなっていますので、懐中電灯などをお持ちいただき、足元に十分にご注意ください。
    ま
た、夜間のため展示パネル等やや見えづらいところもございますが、ご了承ください。

旧松本区裁判所庁舎

旧松本区裁判所庁舎

旧昭和興業製糸場

旧昭和興業製糸場

旧松本少年刑務所独居舎房

旧松本少年刑務所独居舎房

 

 

旧松本区裁判所庁舎が国の重要文化財に指定されました

旧松本区裁判所庁舎国の重要文化財に指定されました

煉瓦造の正門と建物正面

煉瓦造の正門と建物正面

車寄が付く玄関

車寄が付く玄関

 平成29年11月28日の官報告示号外256号(文部科学省告示第177号)により、旧松本区裁判所庁舎(長野県宝 旧長野地方裁判所松本支部庁舎)が新たに重要文化財に指定されました。

旧松本区裁判所庁舎とは
 旧松本区裁判所庁舎は、明治41年(1908)に松本城二の丸御殿跡に建てられました。設計は司法省とみられ、施工は坂巻儀平ら7名の地元の大工が担当しています。区裁判所は戦前の裁判所組織の名称で、現在の簡易裁判所にあたります。旧松本区裁判所庁舎には、区裁判所の機能とともに長野地方裁判所松本支部の機能も置かれ、建物内に区訟廷と支部訟廷の2つの法廷が設置されていました。戦後、名称が長野地方裁判所松本支部・松本簡易裁判所に変わりましたが、建物は昭和52年(1977)に新庁舎に機能が移転するまで、約70年に渡り市民に親しまれてきました。

明治41年の竣工直前

明治41年の竣工直前

右奥に松本城天守がそびえる(昭和52年)

松本城天守がそびえる(昭和52年)

   

市民が守った文化財
 新庁舎に機能が移転した翌年には、旧庁舎の解体工事が始まりました。いよいよ庁舎本館を残すだけとなったとき、「貴重な建物を後世に残して活用したい」という市民の熱心な運動が起こり、その結果、移築して保存することが決まりました。保存運動を行った市民は、建物を保存公開するために財団法人日本司法博物館を設立し、昭和57年、移築復元された建物は博物館施設として生まれ変わりました。昭和60年には文化財としての価値が評価され、旧長野地方裁判所松本支部庁舎として長野県宝に指定されています。その後、平成13年に松本市に譲渡され、翌年「松本市歴史の里」に改称しました。

保存を訴える市民パレード

保存を訴える市民パレード

建物の特徴
 木造平屋建の建物は、主体部の南北両端に翼部を付した左右対称のH形平面で、主体部の正面中央に玄関を突出させ、さらに車寄を付けています。内部は、南翼部に支部訟廷、北翼部に区訟廷をそれぞれ置き、訟廷は、外部から石廊下を通って入廷する被告人・弁護士等と、建物内から入廷する判事・検事等との動線を明確に分けています。また、判事等の席は被告人等の席よりも上段に設置されています。
 外観は、柱を現し長押を廻らせた外壁や、入母屋屋根を組み合わせた瓦屋根により全体を和風意匠でまとめています。また、屋根正面と側面に各2所付けられたドーマ窓や、両翼部の小屋組みに採用されたキングポストトラスなど洋風の手法も併用され、近代和風建築の要素が多数みられます。

判事等の席が上段にある支部訟廷

判事等の席が上段にある支部訟廷

両側に受付のある玄関

両側に受付のある玄関

 

 

 

 

 

 

 

価値・評価
 戦前の裁判所建築は、大審院(現在の最高裁判所)や大阪・名古屋などの控訴院(現在の高等裁判所)、神戸・熊本などの大都市の地方裁判所は、洋風意匠で建てられましたが、地方都市の地方裁判所や区裁判所は、もっぱら和風意匠で建てられています。明治期の和風の裁判所建築で現存するものは、旧相川区裁判所(新潟県佐渡市、明治21年築)、旧篠山区裁判所(兵庫県篠山市、明治24年築)など、松本のほかに6件あります。
 こうしたなかで、旧松本区裁判所庁舎は、明治期後半の区裁判庁舎の典型的な特徴をよく示し、和風の裁判所建築のうちもっとも完成度が高いことから、歴史的価値が高いと評価されています。