企画展「松高人名録(その一)」 3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

松高人名録(その一)
                                3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

会 期       平成31年3月2日(土)から5月6日(月・祝)まで

         (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場       旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間      午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料       無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ  旧制高等学校記念館 0263-35-6226

 2019年、松本高等学校開校100年にあたり、旧制高等学校記念館と、信州大学日本文学分野、信州大学大学史資料センターの連携事業として、企画展「松高人名録(その一)」を行います。松本高校の卒業生数十人を選び、生年月日、出身地、出身中学、学科、大学、卒業後の進路に、在学中・卒業後のエピソードを付したプロフィールをパネルにして紹介します。

臼井吉見

臼井吉見

唐木順三

唐木順三

 

 

旧制高校有名教授展  10月13日(土)から12月9日(日)まで

旧制高校有名教授展
                                10月13日(土)から12月9日(日)まで

岩元禎(第一高等学校教授)

岩元禎(第一高等学校教授)

 旧制高校教育が大きな成果を挙げた要因には、優れた教授たちに恵まれたことが挙げられます。今回の企画展では、何よりも旧制高校とその学生たちを愛し、大学教授への栄達も拒んで、生涯を高等教育に捧げた先生方について紹介します。

 

 

 

 

会 期      平成30年10月13日(土)から12月9日(日)まで
                        (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

松高生が愛した映画展  7月14日(土)から9月24日(月)まで

松高生が愛した映画展
                                      
7月14日(土)から9月24日(月)まで

たくさんの映画ポスターが貼られた寮の一室

たくさんの映画ポスターが貼られた寮の一室

 松本平の山脈に囲まれた町の学生たちにとって、映画は青春の糧でした。松高生の生活の大部分が映画に関連のあるものであり、松高生と映画とは深いつながりがあるといえます。今回の企画展では、そんな松高生が愛した映画について、松本高等学校22回理乙誌のランキングをもとに紹介します。

 

 

 会 期      平成30年7月14日(土)から9月24日(月)まで
                        (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)

 会 場      旧制高等学校記念館 1階ギャラリー

開館時間     午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料      無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

お問い合わせ 旧制高等学校記念館 0263-35-6226

第55回あがた美術会作品展 5月19日~6月24日

第55回あがた美術会作品展
                                              5月19日(土)から6月24日(日)まで

昨年の美術会の様子

昨年の美術会の様子

 5月19日に開催される松高・信大寮歌祭に合わせ、今年も開催されます。

 旧松本高校の卒業生による美術作品展です。今年は新作だけでなく、過去に会員の皆様からご寄贈いただいた作品も紹介します。

 会 期   平成30年5月19日(土)から6月24日(日)まで
 会 場   旧制高等学校記念館 1階ギャラリー
 観覧料   無料(2,3階常設展示は通常観覧料)

松高生と山岳展 平成30年3月3日(土)から5月6日(日)まで

松本市市制施行110周年記念

松高生と山岳展

 山に囲まれた環境で過ごした松高生たち。松高山岳部や、山岳部出身の松浦さんが営む山小屋クヌルプについて紹介します。

会 期   平成30年3月3日(土)から5月6日(日)まで
                 (休館日:毎週月曜日※月曜祝日の場合はその翌日)
会 場   旧制高等学校記念館 1階ギャラリー
開館時間  午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
観覧料   無料(2・3階常設展示は通常観覧料)

クヌルプ関係の展示品

クヌルプ関係の展示品

 信州で勉学に励んでいた松高生にとって、山は身近な存在でした。多くの松高生は気ままに山へ登るのを選んだため、松高山岳部は少数精鋭の部だったといわれています。松高山岳部では、昭和期に入ってから岩壁初登はんへの果敢な挑戦が始まり、穂高岳を中心に「松高ルート」等にその栄光が刻まれています。

奥穂高岳東面

奥穂高岳東面

 松高山岳部出身者には松浦寿幸さん(29理2)がいます。松浦さんは、霧ケ峰高原沢渡のクヌルプ・ヒュッテの山小屋主人をされています。今回の企画展では、松高山岳部と松浦さんが営むクヌルプ・ヒュッテを紹介します。