フキ(キク科)

フキ綿毛

場所:森の入口里間

 風が吹くとふわふわと綿毛が舞うので、タンポポかな、と辺りを見回したところ、その正体はフキでした。フキは雌雄異株で、白っぽいのが雌株、黄色っぽいのが雄株。フキノトウの時は地際に生えていますが、その後スルスルと茎が伸びます。特に雌花は高く伸び、結実した実が綿毛で飛びます。

 

 

 

博物館周辺の自然:5月に戻る