ゴウダソウ(アブラナ科)

ゴウダソウ場所:森の入口里間

 ショカッサイに似ているけど、それより赤みが強い紫色で、どことなく違います。最も違いが分かるのは果実。ショカッサイが細長い果実をつけるのに対し、ゴウダソウは平たくなります。そして熟すと薄く中が透けて銀色に輝くようなところから、別名、銀扇草(ぎんせんそう)や銀貨草(ぎんかそう)とも呼ばれています。

 

 

 

博物館周辺の自然:5月に戻る