ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)

ウスバシロチョウ

学名:Parnassius citrinarius

食草:ムラサキケマン   出現時期:5月~6月中旬

 「シロチョウ」と名が付くがアゲハチョウの仲間で、別名ウスバアゲハ。その名の通り、半透明の白い翅が特徴。アルプス公園でも時期になると大量に発生し、吸蜜中に近づいてもあまり逃げないのでじっくり観察できる。

 

 

博物館周辺の自然:5月に戻る