あめ市歴史展示「福の神とあめ市」

 古来より様々に名称や形を変えながら続いてきている「あめ市」は、城下町松本の正月の風物詩となっている伝統行事です。本展では、「あめ市」の歴史を資料展示などにより紹介するとともに、松本市重要有形民俗文化財に指定されている「初市の宝船・七福神人形」の写真パネルや、福の神を題材とした「松本押絵雛」や「中野土雛」の展示をします。(※本展は「松本市市制施行110周年記念」事業です。)

松本押絵雛 大黒天

松本押絵雛 大黒天

中野土雛 だるま恵比寿

中野土雛 だるま恵比寿

 

会期・開館時間

 平成30年1月4日(木)~1月28日(日) 【毎週月曜日は休館(休日の場合はその翌日)】
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 無料(1、2階常設展は通常観覧料)