企画展「馬場治左衛門と道中日記録~明治初めの旅記録~」を開催しています。

馬場企画展ポスター 

 

 

 

 

 

 

 

 馬場家には、江戸時代から明治時代にかけての文書が数多く残されています。企画展では、現在重要文化座に指定されている馬場家住宅主屋などを建てた第12代当主馬場治左衛門夫妻が明治6年に旅をした記録「道中日記録」を紐解き、往時の旅の様子や「道中日記録」から見えてくる明治初期の風景をご紹介します

 皆さま、ぜひお越しください。また、関連事業にもご参加ください。

道中日記録表紙

道中日記録表紙

 

会期

令和2年9月12日(土)~11月8日(日) 
月曜日休館(9月21日(月・祝)、22日(火・祝)は開館、23日(水)は休館)

料金

通常観覧料
大人310円、団体200円(20名以上)、中学生以下・松本市内在住の70歳以上の方は無料

会場

重要文化財馬場家住宅主屋

展覧会

  (1) 馬場治左衛門の功績    「道中日記録」を記した馬場治左衛門の紹介

  (2) 旅へのあこがれ       当時の旅に出る理由や情報収集方法について紹介

  (3) 治左衛門たちの旅路     馬場治左衛門たちの旅の概要を紹介

  (4)「道中日記録」の風景    「道中日記録」の記述をもとに、馬場治左衛門たちが進ん
                  だ木曽路と名古屋周辺での滞在の様子を紹介

  (5)御一新の日本        「道中日記録」から見える明治初期ならではの風景を紹介

 会 場 馬場家住宅主屋

 資 料 約50点          道中日記録、明治時代の新聞、旅の持ち物など

関連事業

 講演会 「馬場家「道中日記録」でたどる明治初期の夫婦旅」

  (1) 日 時 令和2年10月24日(土) 午後1時30分~3時 

  (2) 会 場 長野県松本市内田公民館2階講義室

  (3) 講 師 服部亜由未氏(愛知県立大学准教授)

  (4) 定 員 20名

  (5) 参加費 無料

  (6) 申込み 10月6日(火)午前9時から電話で