民芸館 体験講座「子ども民芸教室」

★彡 夏休み、ものづくりにチャレンジ!!

子どもたちが、ものづくりを楽しむ体験講座です。

日時:7月28日(日)午前10時~午後3時
①布を裂いて織る『裂織』  講師:山賀照子氏
②子ども用の椅子を作る『木工』  講師:竹下賢一氏
料金:500円(材料費)
対象:小学校高学年以上
定員:各コース 10人 ※要申込み(☎0263-33-1569)
会場:松本民芸館・下金井公民館
共催:長野県民藝協会
※昼食をご持参ください

八重山民謡 七夕ライブ「島めぐり、唄めぐり」

民芸館で八重山民謡を楽しむ会を開催します(^^♪

 三線に笛を加えて、八重山諸島の島々を唄でゆったりとめぐります。
 ♪「安里屋ゆんた」「小浜節」「しょんかね節」など

日 時:令和元年7月7日(日)
    午後1時30分~2時30分
演 奏:沖縄音楽三線教室八重山古典音楽安室流保存会の皆さん
会 場:松本民芸館
参加費:通常観覧料

モヤーズトッキ(舞う人)

モヤーズトッキ(舞う人)

 

企画展「やきものの美 丸山太郎の瀬戸と伊万里」

丸山太郎生誕110年記念
企画展「やきものの美 丸山太郎の瀬戸と伊万里」

 丸山太郎の蒐集品の4分の1を占める陶磁器の中でも、特に多く収集された瀬戸伊万里を中心に展示しています。
 丸山太郎の著書の中でふれられている展示品とともに、太郎が心ひかれた瀬戸と伊万里のやきものの美しさをご堪能ください。

会期:令和元年6月18日(火)~9月8日(日)
   午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

    月曜休館(休日の場合はその翌日)
観覧料:大人300円、中学生以下・70歳以上の松本市民は無料

座談会「丸山太郎と民芸の仲間たち」

 丸山太郎生誕110年記念企画として、丸山太郎を知る「知己の会」の方々から、当時の活動や丸山太郎の民芸と民芸館への思いなどをお聞きします。

 日 時:6月9日(日)午後1時30分~午後3時
 会 場:松本民芸館
 対談者:林 新一郎 氏(前岡谷市長、㈱豊島屋社長)
     張  洛  善 氏(長野県民藝協会員、あずさ整形外科医院)
     渋谷 栄一 氏(丸山太郎の催事ハガキ等寄贈者)
 定 員:30名 ※事前申し込み(☎ 0263-33-1569)
 料 金:通常観覧料
 共 催:長野県民藝協会
 

工芸の五月 参加企画「緑陰 用の美市」

 松本民芸館前庭において、信州の伝統を受け継いだ作り手たちの作品を展示・販売します。

開催日時:5月25日(土) 午前9時~午後5時
       26日(日) 午前9時~午後4時
     (両日とも入館は午後4時30分まで)
主  催:長野県民藝協会

出品作品:竹細工、陶磁器、小木工、ガラス、織物、布ぞうり など

 

企画展「刺し子と手仕事の日本ー丸山太郎の民芸を旅する」

松本民芸館企画展
【工芸の五月参加企画】丸山太郎生誕110年記念
刺し子と手仕事の日本-丸山太郎の民芸を旅する

各地の刺し子を展示するとともに、日本の手仕事を丸山太郎の蒐集品でめぐります。

こぎん刺し(青森県)

こぎん刺し(青森県)

           会  期:平成31年3月12日(火)~6月16日(日)
                               開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
                               休 館 日 :毎週月曜日(休日の場合はその翌日)
                                             ※4月30日、5月27日は臨時開館
                               会  場:松本民芸館
             料  金:大人300円、中学生以下・70歳以上の松本市民は無料

刺し子と手仕事の日本展チラシ表                          刺し子と手仕事の日本展チラシ表

体験講座「押絵でつくるおひなさま」

体験講座「押絵でつくるおひなさま」

 松本でかつてたくさん作られていた押絵のおひなさまを作る体験講座です。 

       ○日 時 平成31年2月24日(日)
       ○会 場 下金井公民館 午後1時30分から4時30分
       ○定 員 20名(小学校低学年以下は保護者同伴)
       ○料 金 1,200円(材料費)
       ○講 師 三村隆彦氏/松本押絵研究会
       ○持ち物 鉛筆、消しゴム、赤と黒のボールペン、はさみ、
       マチ針4~5本、お手拭きまたはウェットティッシュ、あればピンセット
       ○申し込み・問い合わせ 松本民芸館(℡・F33-1569)

完成見本

完成見本

企画展「台湾とアイヌの工芸-衣装・木工・装身具」

松本民芸館企画展
台湾アイヌの工芸
     -衣装・木工・装身具

自然と意匠のつながりや、深い信仰のかたちなどがあらわれた、
それぞれの民族の衣装や木工品などを展示します。
丸山太郎が選んだ、台湾とアイヌの民族の生活と
祈りに満ちた品々の美しさと面白さをぜひご覧ください。

 

ルカイ族上着(台湾)

ルカイ族上着(台湾)

アイヌ爺 アイヌ婆

爺 婆

 

 

 

          会  期:平成30年12月11日(火)~平成31年3月10日(日)
                        開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
                          休 館 日 :毎週月曜日(休日の場合はその翌日)
                               年末年始(12月29日~1月3日)
                          観 覧 料 :大人300円、中学生以下・70歳以上の松本市民は無料
                                                 

        「台湾とアイヌの工芸」チラシ PDFにてダウンロードできます。     
               チラシ表   チラシ裏
     

体験講座「しめ飾り作り」

体験講座「しめ飾り作り」
 

しめ飾り(松本民芸館蔵)

 美しいわら工芸の鑑賞とわら細工の体験を通して、先人たちの知恵「わら文化」を学びます。
 手作りのしめ飾りでお正月を迎えませんか。

 ○日時 平成30年12月16日(日)
 ○会場 松本民芸館 午前9時30分から正午
 ○定員 10名(初心者対象、小学生以上)
         ※定員に達したため、募集を終了いたしました。
      たくさんのお申込み、ありがとうございました。

 ○料金 300円(材料費)
 ○講師 竹下賢一氏/長野県民藝協会員
 ○申し込み・問い合わせ 松本民芸館(℡・F33-1569)

 

民芸館講演会「私に民芸が教えてくれたこと‐これからの作り手の課題」

民芸館講演会「私に民芸が教えてくれたこと‐これからの作り手の課題」】

  木曽平沢在住の漆芸家で日本民藝館展の審査員でもある佐藤阡朗氏から、
 民芸の今昔と日本民藝館のこと、そしてこれからの作り手への希望などについてお聞きします。


テーマ : 私に民芸が教えてくれたこと‐これからの作り手の課題

講 師 : 佐藤 阡朗氏/日本民藝協会専務理事 漆芸家

日 時 : 平成30年11月11日(日) 午後1時30分~3時

場 所 : 松本民芸館 談話室

料 金 : 通常観覧料(大人300円、中学生以下・70歳以上の松本市民無料)

定 員 : 30名(要予約)

佐藤阡朗先生の作品

栗の鉢

栗の鉢