企画展「枯れざる生命~空穂と万葉集~」開催中です(9月14日~11月24日)

枯れざる生命(いのち)~空穂と万葉集~

「歴史上、尊いといふばかりでなく、一つの歌集としても、枯れざる生命を持ってゐて…」
松本市和田出身の歌人・窪田空穂は、万葉集の魅力をこう表現しています。
国文学者としても大きな業績を残した空穂。中でも『万葉集評釈』は「一般読者界の人に紹介する評釈にしたい」と、空穂が心を込めて著したものの一つです。
初めて万葉集にふれた若き日から、これからの未来を担う若者たちに思いを馳せた『万葉集評釈』執筆までの空穂の思いに触れていただきます。

展示風景

展示風景

会  期

令和元年9月14日(土)~11月24日(日)
※月曜日休館(月曜日が休日の場合はその翌日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

開催場所

窪田空穂記念館 会議室

観 覧 料

大人300円(10月1日より310円)、中学生以下無料

記念講演会「万葉集の魅力~窪田空穂にふれながら~」

講師 内藤 明  氏(早稲田大学教授)

日時 令和元年10月19日(土) 午後1時30分~午後3時

会場 窪田空穂生家(窪田空穂記念館向かい)

料金 無料

講演会のお申し込みは電話またはFAXで窪田空穂記念館へ
電話:0263-48-3440
FAX:0263-48-4287