夏休みの自由研究にどうですか「昔の道具調べ」

 

電気、ガス、水道のなかった時代、人々は道具を工夫して作っていました。asagao2
どんな道具を使っていたのか、触れて確かめてみませんか?
そして現代の私たちのどんな道具に進化したのか、考えてみましょう。

 

  • 会期: 7月22日(木)~8月31日(火)
         午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 会場: 旧山辺学校校舎 第5室、第10室
  • 料金: 通常観覧料(大人200円、小・中学生無料)
  • 問い合わせ:旧山辺学校校舎(TEL・FAX 0263-32-7602)

第5室「農家の暮らし」、第10室「山辺の文化財」の2室に昔の道具を展示しています。
展示している道具の一覧はこちら 昔の道具調べ_記入用紙[PDF]

 例題1 囲炉裏(いろり)  例題2 ひょうたん 
 どんな役割の場所でしょう?  なんに使った物でしょう? 
 
いろり
 
ひょうたん

こたえは第5室「農家の暮らし」で調べてね。

例題3 衣類のしわをのばす道具の移り変わり

こて 火のし 炭アイロン 電気アイロン
こて 火のし 炭アイロン 電気アイロン
 火鉢の炭火の中に金属部分を差し入れて熱し、熱くなったら衣類に直接あてて使います。  椀の形になった部分に熱い炭火を入れ、椀の底を衣類に直接あてて使います。 やかんの蓋のような箇所を開けて中に炭火を入れ、底を衣類に直接あてて使います。横の穴から空気を取り入れ、やかんの口のような箇所から煙を出します。  電気の力でアイロンを熱くします。衣類とのあいだに「あて布」をしないと焦がしてしまうことがありました。 
第5室「農家の暮らし」

第5室「農家の暮らし」