☆令和2年度年間ぬりえ大賞の発表☆

はじめに

こんにちは!化石館学芸員の小林です。先日四賀小学校5、6年生の皆さんの虚空蔵山登山の遠足にお邪魔させていただきました。当日は雲一つないような快晴で、頂上からの眺めは格別でした。私は超がつくほどの雨男なので、お子さん達の行いが相当良かったのだと思います。虚空蔵山は自然がとても豊かですし、いたるところに戦国時代の山城跡を見ることができます。歴史好き、山城好きの僕にはたまらない山でした。とりわけ化石が有名な四賀地区ですが、歴史の趣も感じられる地域ですので、里山登山ブームの波に乗って、虚空蔵山を散策してみてはいかがでしょうか。

年間ぬりえ大賞の発表!

前置きが長くなってしまいましたが、今回は昨年度の年間ぬりえ大賞の発表をさせていただきます。昨年度はコロナウイルス感染拡大によって、臨時休館した期間がありましたが、500枚を超えるぬりえのご提出がありました。中には、ひとりで5枚以上描いてくれるお子様や、1枚に2時間以上かけて真剣に描いてくださるお客様もおりました。たくさんのご提出誠にありがとうございました。たくさんの色を塗り重ねて芸術的に仕上げる方、草間彌生風に塗る方、大人には思いつかないような発想で色を塗るお子さんなど、それぞれの個性を生かした作品に感動致しました。それでは、数多くの作品の中から年間の大賞に選ばれた作品と入選した作品を発表します!!!

年間館長賞

〇館長賞大賞
R2館長賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開いた口がふさがらないです。描いて下さった方に「プロですか?」と聞きたいような圧巻の作品ですね!受賞者の方は、1時間以上かけて何色もの色を塗り重ねて作品を仕上げてらっしゃいました。作品の迫力、これを仕上げる集中力、何をとっても神作品です!!!

〇館長賞入選
R2館長賞入選

惜しくも大賞受賞となりませんでしたが、入選した作品です。化石からは色は分かりませんが、太古に生きたアンモナイトがこのような鮮やかな色をしていたかもしれませんね。色のグラデーションや濃淡のコントラストが美しい!!!

年間学芸員賞

〇学芸員賞大賞
R2学芸員賞

なんという発想力!大人にはこんな発想はできません。生活感が伝わってくるのも素敵です。発想が素晴らしくインパクトがあり過ぎて、夢に出てきました。学芸員はアイデア力やデザイン力が必要なので、描いてくれたお子さんをぜひ化石館に採用したいです(笑)
〇学芸員賞入選
R2学芸員賞入選

惜しくも大賞受賞となりませんでしたが、入選した作品です。戦隊ものやヒーローものアニメ世代で育ったので一目で良いと思いました。アベンジャーズの新メンバー間違いなしですね(笑)

年間大人のぬりえ賞

〇大人のぬりえ賞大賞
R2大人のぬりえ賞

美味しそうな作品ですね。地面の影も素晴らしいです。作品の名前にも注目して見て下さい。トリケラトプスイカ!名前にも遊び心があってワクワクするような作品です。こんなユニークな柄の動物が生きていたら毎日楽しそうですね。

〇大人のぬりえ賞入選
R2大人のぬりえ賞入選

惜しくも大賞受賞となりませんでしたが、入選した作品です。まさにビューティフルな作品ですね。1色1色塗り替えていくため、これを仕上げるのには相当時間がかかったと思います。私が今まで見た虹の中で一番綺麗かもしれません。

年間スズキサトル賞

〇スズキサトル賞大賞
R2スズキサトル賞

見ているだけで幸せで元気が出る作品ですね。7歳のお子さんの作品とは思えません。王冠をつけているところを見ると、当時のティラノサウルス界の王様かもしれませんね。プテラノドンやステゴサウルスなど、ほかの種類の恐竜も一緒に描いて下さっているところも素敵です。

〇スズキサトル賞入選
R2スズキサトル賞入選

惜しくも大賞受賞となりませんでしたが、入選した作品です。まるで松本の海にタイムスリップしたかのような作品です。漫画のように吹き出しとセリフが描いてあるのも可愛らしいです。シナノトドが頭に噛みつきそうですが、ストーリー性もあってとても面白い作品ですね。

おわりに

大賞を受賞された方、入選された方、おめでとうございました!年間の大賞ですから、絵心のない私からすると脱帽するような作品ばかりです。今年もたくさんの方々にご来館いただき、素敵な作品を提出していただいております。大賞を目指して、ぜひ親子でぬりえを楽しんではいかがでしょうか。皆様のご来館をお待ちしております。