「かっこいい!かわいい!おしゃれ!」な古生物の部屋を作りました♪

待ちに待った夏休みの3講座第1回の開催

こんにちは!化石館学芸員の小林です。4連休も間近となり、本格的に夏らしくなりましたね。さて、先日夏休み3講座の第1回「古生物の部屋づくり」を開催しました!新型コロナウイルスの感染が広まっているため、開催することができるか心配しておりましたが、ご参加いただいた皆様に感染対策へご協力いただいたおかげもあり、無事に開催することができました。不安な毎日が続く中、たくさんの皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。お客様の楽しんでいる姿や笑顔を見て、私共スタッフも元気をいただきました!!!

レプリカに色を塗る

講座は松本市在住のデザイナーであり、当館スタッフの鈴木 さゆり(活動名まつした さゆり)先生を講師に、和気あいあいとした雰囲気で行われました。最初の工程として、アンモナイトや三葉虫のレプリカに色を塗りました。本物の化石のように色づけする方もいれば、虹のようにカラフルに色付けする方もおり、皆さんの創造力にとてもびっくりしました!
  色塗りに熱中するお子さん

古生物の住む部屋を作る

続いて、自分なりにデザインをしたレプリカと砂や石を使って古生物の部屋づくりをスタート!みるみるうちに個性豊かな作品が出来上がっていきます。お子様も大人の方も作品作りに没頭していました。
古生物の部屋を作るお子さん

作品完成!品評会

いよいよ、皆さんの作品が完成!!皆さん驚くべき集中力で、あっという間に素晴らしい作品が並びました。
最後に皆さんの作った作品を並べ、講師による品評会、写真撮影が行われました。市内のプロデザイナーである鈴木さゆり先生の好評を聞ける機会はなかなかありません。お子様も食い入るように作品を見ており、講師から好評をもらってとてもうれしそうでした。
品評会の様子

最後に

今回の講座は、図工の授業のような作品作りを通して、お子様にとっては難しい化石というものを、少しでも知ってもらえればという想いで開催させていただきました。より多くのお客様が、今回の講座を通して、化石館や化石に興味を持ってもらえたら嬉しいです。たくさんのご参加本当にありがとうございました。
参加者のみなさんの作品