松本市時計博物館開館15周年記念 夏期特別展「振子時計の世界」

特大掛時計 (日本 大正)

特大掛時計
(日本 大正)

 平成14年9月1日に開館した松本市時計博物館は、今年で開館15周年を迎えます。当館の所蔵品の中核をなしているのは、諏訪市に在住された故・本田親蔵氏から昭和49年11月1日に松本市へ寄贈された、古時計とその関連資料342点からなる本田コレクションです。本展では、本田コレクションや県内外の方々から寄贈された数々の古時計のうち、振子を調時機構としている色々な時計を展示し、その魅力や歴史をご紹介します。
(※本展は「松本市市制施行110周年記念」事業です。)

会期

  平成29年7月22日(土)~9月3日(日) 【毎週月曜日は休館(ただし8月14日は開館)】

会場

 松本市時計博物館 3階企画展示室

観覧料

 通常観覧料 大人:300円 小・中学生:150円