☆化石新聞第4刊~化石とは~☆

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
コロナウイルスが早く収まることを祈る毎日です。

さて、今回は化石新聞第4刊~化石とは?~のご紹介です。
皆さんは化石とは何かご存じですか?
化石とは、「我々人類が誕生する前に生きていた生物の死がいや痕跡が長い時間をかけて
堆積し、地表から見つかったもの」です。
「我々人類が誕生する前に生きていた生物」のところが重要です。ここテストに出ます(笑)
お客様から「人間の化石はありますか?」「ミイラは化石ですか?」と質問をいただく
ことがあります。答えは、NOです。
化石の概念は研究者によって異なることが多く難しいですが、このポイントだけ覚えましょう!
DSC00417

続いて、化石のでき方についてです。化石は以下のような手順でできます。
①我々人類が誕生する前に生きていた生物の死骸が海などの底に横たわる。
②死骸の上に泥や砂が積もる。(泥や砂でパックされる)
③長い年月をかけて砂や泥の層ができ、硬い岩石になる。(地層)
④地震などの地殻変動で地面が盛り上がる。
⑤盛り上がったところから化石が見つかる。
00041

化石のでき方を見ると、化石ができることが奇跡的なことだとお分かりいただけると思います。
それこそ天文学的確率です。①~⑤の1つでも欠けたら化石はできませんし、見つかりません。
化石が発掘されることは本当に神秘的なことです!

何万匹、何億匹といった生物が生きた中でも、現在化石となって発見されるのはごくわずか。
そして、大発見の裏には、何人もの学者達の地道なクリーニング作業、調査研究作業があります。
だからこそ化石館は、多くの方々の素晴らしい成果の集まりです。
ご来館の際はぜひ一点一点をゆっくり鑑賞してみてください。
DSC00410

以上、今回は化石についてのご紹介でした。夏休みの自由研究やこれからの学びのきっかけに
なれば嬉しいです。

 

☆化石クリーニング体験を開催しました☆

こんにちは。化石館学芸員の小林です!
お盆ですが、コロナの影響で今年の夏休みはゆっくりできなさそうですね。
化石館はお盆中も、感染対策を徹底しながら通常通り営業をしています。

先日夏休み3講座最終回「化石クリーニング体験」を開催しました。
当日は35度近くの猛暑日でしたが、たくさんの皆様にご参加いただき、
とても楽しい講座となりました。
多くの方々のご参加誠にありがとうございました。

今回の講座は、化石館名物博士の吉澤先生に講師を務めていただきました。
最初は吉澤先生によるためになる化石の講義が行われました。
皆さんは化石とは何かご存じですか?化石といえば恐竜!という声が挙がってきそうです。
もちろん恐竜も化石ですが、、、

化石とは、「我々人類が誕生する前に生きていた生物の死がいや痕跡が長い時間をかけて
堆積し、地表から見つかったもの」です。

吉澤先生も強調してお話していました。6年生の皆さんは理科の授業で化石のお勉強を
しますので、ぜひこの機会に覚えて下さいね。
DSC00414

化石や地層のお話を聞いていただいた後、いよいよ化石クリーニング体験をして
いただきました。
今回はおよそ500万年前~400万年前の長野市戸隠の砂岩に含まれる化石を
クリーニングしました。この砂岩からは、ホタテや二枚貝の化石が多く出ます。
慣れない工具を巧みに使いこなし、地道に化石をクリーニングしていきました。
DSC00405  DSC00410
化石は最初から綺麗に見えている訳ではありません。最初は、礫や砂の中に埋まって
一部しか見えていないものがほとんどです。工具を使って不要なところを削っていく
地道なクリーニング作業があってこそ、大きな発見があるのです。
参加していただいた皆さんには、化石をクリーニングすることの大変さを実感いただけた
と思います。とても大変な作業でしたが、高い集中力で楽しそうにやっているお客様を
見て、パワーをもらいました。
今回のクリーニングでは削りきれなかったところもあると思います。続きはぜひおうち時間で
コツコツ挑戦してみてください。
DSC00411  DSC00412

以上、今回は化石クリーニングを体験していただきました。
夏休みという良い機会ですから、化石にとらわれずいろいろなことを学び、様々なことに
挑戦してみて下さい。今回の講座をきっかけに、何か新しい発見をしていただけたら嬉しいです。

今年はほかにも、秋に化石教室「レプリカ作りコース」を開催する予定です。
HPや広報、新聞などで追って告知しますので、お見逃しなく!
たくさんのご応募をお待ちしております。

 

 

☆たくさんの微化石を見つけました☆

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
長い長い梅雨が開け、ようやく夏らしい季節になりましたね。
水分補給をしっかりし、ご飯をたくさん食べて夏を乗り切りましょう!

先日、夏休み3講座の第2回「微化石モンスターを探せ」を開催しました。
講師は化石研究のプロである小池伯一氏に担当していただきました。
四賀や戸隠産の魚、貝類化石などの多くの研究成果を残しておられる同氏
のお話は、とても興味深いもので、ご参加の皆さんも前のめりになって聞いて
いました。
 DSC00395

小池氏による目からうろこの講義の後、いよいよみんなで微化石を探しました。
小さい粒や、やや大きい粒の砂の中から、根気よく化石を探していきます。
砂はとても小さいので、その中から微化石を見つけるのは難しいことです。
お子さんから保護者の方々まで、次々に微化石を探し出しており、
本当に驚きました。中には数十個の微化石を見つけ出す強者もいました。
また、コイケハナカゴやウニのアゴの化石などのレアな化石を見つけ出す
方もいました。
DSC00388  DSC00389

皆さん一生懸命に化石を探し出しており、あっという間に講座は終わって
しまいました。講座で見つかる化石は、世界でたった一つの宝物です。
参加された皆さんはぜひ大切に保管してください。

暑い中での開催でしたが、多くの方々にご参加いただきありがとうございました。
またのご来館をお待ちしています。

☆7月の化石教室を開催しました☆

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
最近のブームは、四賀のB&G海洋センターで泳ぐことです。
市内のほかのプールに比べて混雑しておらず、プールも綺麗なのでおすすめです。

さて、先日今年度最初の化石教室を開催しました!
コロナ渦の中、たくさんの方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
コロナウイルス感染拡大のため、5月、6月の化石教室は中止とさせていただきましたが、
皆様に感染対策にご協力いただき、今回何とか開催することができ本当に良かったです。
今回は現地での化石採集を楽しみにされていた方も多かったことと思いますが、
大雨のため、お客様の安全を考慮いたしまして、現地での採集を中止とさせていただきました。
申し訳ございませんでした。

そんな中スタートした化石教室。最初は化石館の名物博士による目からウロコの特別講義が
行われました!小さいお子さんには少し難しかったかもしれませんが、とてもためになる
講義に皆さん興味深々に聞いているようでした。博士からお話を聞ける機会はとても貴重
なので、ぜひこれからの生活に生かしてみて下さいね!
DSC00369

続いて、化石館の面白講師によるシガマッコウクジラの解説!ここでしか聞けないスペシャルな
お話が聞けました。お話を聞いた後もう一回化石館に訪れたら、また違った見え方がすると思うので、
ぜひ足を運んで下さい。
DSC00334    

続いて、バスに乗車して地層と現地保存のクジラを見学しました!
長野県に住んでいても知らなかったことが知れたり、はるか太古の地層や化石に圧巻された方
も多いと思います。今回見学したほかにも、四賀にはたくさんの魅力的なスポットがあります。
四賀地区の地層マップを無料で用意しておりますので、ご希望の方は化石館受付までお越しください。
DSC00345  DSC00341

最後に、化石教室のメインである化石採集を2階の学習室で行いました!
野外で採集できないことは本当に残念でしたが、用意した岩石の中から化石を探してもらいました。
使ったことがないハンマーとたがねを上手に使って岩石を砕いていました。
お子さんから大人の方まで化石探しにとても集中していて、時間はあっという間に過ぎてしまいました。
お客様が笑顔で嬉しそうに化石を見つけている姿をみて、本当にうれしかったです。
皆さん無事に化石が見つかったようで大喜び!!中には二枚貝や魚の頭といったレア化石を見つけている
お子さんもいました♪
DSC00351    DSC00350

次回の化石教室は8月29日(土)です。今回ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
今年度の化石教室の受付は終了とさせていただきましたが、秋にはレプリカ作りコースを開催する予定です。
10月頃に応募をする予定ですので、広報誌や新聞誌をご覧下さいませ。

 

☆化石新聞第3刊~会田富士のご紹介~☆

 こんにちは!毎朝のプロテインが欠かせない学芸員の小林です(笑)
プロテインは3大栄養素のたんぱく質を摂取できるだけでなく、
不足しがちなビタミンも取ることができるのでおススメです!

さて、今回は「会田富士」のご紹介です。
「富士?なんのこと?四賀にあるの?」と不思議に思ってしまいますよね。
結論から言いますと、「会田富士」とは松本市四賀北部にそびえる山、
虚空蔵山のことです。富士山のような綺麗な台形をしているため、
昔から地元の方々に「会田富士」と呼ばれて親しまれています。
特に冬の四賀五常地区からの眺めは、頭がうっすら雪化粧をしており、
本物の富士山のようで大変綺麗です!
登山道が整備されており、アクセスも比較的良いので、夏場は登山を
楽しんでいただくことができます。
誌上博物館原稿用写真(9月)
   四賀五常地区から眺めた虚空蔵山(冬季)

ここで、虚空蔵山の魅力を2つご紹介します。
 1つ目は「自然の豊かさ」です。
登山の道中では、フクジュソウやツツジといった様々な花々を愛でることができ、
山頂からは筑北村方面の見事な景色を眺めることができます!
DSC00333
     化石館に展示中のフクジュソウの写真

 2つ目は「歴史的趣を感じられること」です。
虚空蔵山には中世の時代(1300年~1600年ごろ)に、虚空蔵山城という立派なお城がありました。
虚空蔵山城は、四賀会田地区に住み着いた会田海野氏という国衆(戦国大名に仕える者)が、
築城し本拠としました。現代に例えると、戦国大名が本社の社長、国衆が子会社の社長といったイメージです。
会田海野氏は元々深志城(現松本城)を本拠とした小笠原氏に仕えていました。
その後武田氏に仕えましたが、武田氏が織田信長に滅ぼされたことで、会田氏は孤立してしまいます。
そして、元々武田氏が支配していた領域を誰が確保するのかという争いの中で、
皮肉にも以前仕えていた小笠原氏に滅ぼされてしまいました。
 こうして会田海野氏は滅亡を迎えたため、虚空蔵山城も落城してしまいましたが、
現在もなおこのお城の一部が残っています。
DSC00332
   松本市教育委員会文化財調査報告書より抜粋

皆さんもぜひ、自然豊かで歴史的な「会田富士」に訪れてみてはいかがでしょうか?
四賀地区は化石だけじゃないんだと知っていただけたら嬉しいです!!!

 

 

 

「かっこいい!かわいい!おしゃれ!」な古生物の部屋を作りました♪

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
4連休も間近となり、本格的に夏らしくなりましたね。

さて、先日夏休み3講座の第1回「古生物の部屋づくり」を開催しました!
新型コロナウイルスの感染が広まっているため、開催することができるか心配しておりましたが、
ご参加いただいた皆様に感染対策へご協力いただいたおかげもあり、無事に開催することができました。
不安な毎日が続く中、たくさんの皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。
お客様の楽しんでいる姿や笑顔を見て、私共スタッフも元気をいただきました!!!

講座は松本市在住のデザイナーであり、当館スタッフの鈴木 さゆり(活動名まつした さゆり)先生
を講師に、和気あいあいとした雰囲気で行われました。
最初の工程として、アンモナイトや三葉虫のレプリカに色を塗りました。
本物の化石のように色づけする方もいれば、虹のようにカラフルに色付けする方もおり、
皆さんの創造力にとてもびっくりしました!
  HP用③

続いて、自分なりにデザインをしたレプリカと砂や石を使って古生物の部屋づくりをスタート!
みるみるうちに個性豊かな作品が出来上がっていきます。お子様も大人の方も作品作りに没頭していました。
HP用①

いよいよ、皆さんの作品が完成!!
皆さん驚くべき集中力で、あっという間に素晴らしい作品が並びました。
最後に皆さんの作った作品を並べ、講師による品評会、写真撮影が行われました。
市内のプロデザイナーである鈴木さゆり先生の好評を聞ける機会はなかなかありません。
お子様も食い入るように作品を見ており、講師から好評をもらってとてもうれしそうでした。
HP用④

今回の講座は、図工の授業のような作品作りを通して、お子様にとっては難しい化石というものを、
少しでも知ってもらえればという想いで開催させていただきました。
より多くのお客様が、今回の講座を通して、化石館や化石に興味を持ってもらえたら嬉しいです。
たくさんのご参加本当にありがとうございました。
HP用②

 

☆七夕願い事スポットのご案内☆

こんにちは。化石館学芸員の小林です。
全国各地で大雨による被害が出ており心配ですね。
1日も早い収束、復興を祈るばかりです。

さて、本日は7月7日、七夕です。化石館では、入り口左手に
七夕飾りの笹をご用意しました。短冊もご用意しておりますので、
ご来館の際は自由に願い事を書いて飾ってみてください!

DSC00283

松本地方の七夕は1か月遅れの8月6日~7日にかけて行われますが、
化石館では一足早く七夕の飾りをご用意しました。
笹だけではなく、織姫や彦星などをかたどった七夕人形を館内の軒下に
飾っております。
今なお松本の地に、江戸時代の風習が残っているのは、松本の人々が伝統を重んじ、
親から子、孫へと受け継いで来たからだと思います。
この美しい星祭の文化を大切に守っていきましょう!!

☆令和2年夏休み3講座のご案内 ※募集期間終了

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
さて、今回は夏休み3講座のご案内です。
いよいよ、7月7日(火)9時~電話にて予約が始まります。
開催日の前日まで予約を承りますが、定員になり次第受付終了とさせていただきます。
3講座の詳細は下記の通りですので、ぜひとも夏の思い出を作りに来てください。
小学生のお子様は、自由研究や図工のネタ探しにもなりますよ(笑)

①古生物の部屋づくり 満員御礼につき、受付を終了しました!多数のご応募ありがとうございました。
内容:プラスティックのケースや砂、流木、貝殻、石こうで作ったレプリカ化石を使った、
   図工の授業のような楽しい体験型講座です。水のないハーバリウムのような素敵な作品
   に仕上がります!お子様も保護者の方も楽しんでいただける内容になっています。
日時:7月19日(日)10時~11時30分 13時30分~15時 ※午前と午後は同内容です。
定員:各回20名(同伴者含む)
対象:5歳以上(小学生以下保護者同伴)
参加費:1人500円
講師:化石館職員 鈴木 さゆり氏

【完成作品】
DSC00281

②微化石モンスターを探せ 満員御礼につき、受付を終了しました!多数のご応募ありがとうございました。
内容:化石の専門家による目からうろこの体験型講座です。化石発掘を体験しながら化石の豆知識を学べる
   贅沢な内容になっています。化石のことを楽しみながら学ぶなら、この講座しかありません。
   掘り出した化石はご自宅にお持ち帰りいただけます。
日時:8月2日(日)10時~11時30分 13時30分~15時 ※午前と午後は同内容です。
定員:各回20名(同伴者含む)
対象:5歳以上(小学生以下保護者同伴)
参加費:通常観覧料(大人310円、小中学生150円)※親子パスポートなどの優待券をお持ちの方は無料
講師:化石館職員 小池 伯一氏

【昨年の様子】
026

③化石クリーニング体験 満員御礼につき、受付を終了しました!多数のご応募ありがとうございました。
内容:化石についた余分な岩石を削り、きれいな化石にする作業である「クリーニング」を体験
   いただける講座です。当館の名物講師による楽しいお話もこの講座の魅力です。
   化石をクリーニングできる機会は中々ありません。この機会に、ぜひ特別な体験をして
   みてはいかがですか。お友達に自慢できること間違いなしですよ!

日時:8月6日(木)10時~11時30分 13時30分~15時 ※午前と午後は同内容です。
定員:各回20名(同伴者含む)
対象:小学3年生以上(小学生以下保護者同伴)
   ※ハンマーや鋭利な工具を使用するため、小学2年生以下のお子様の参加はお断りします。
参加費:1人500円
講師:化石館職員 吉澤 五美氏

【昨年の様子】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


化石館からのお願い
・コロナウイルス感染予防のため、2名以上の同伴はご遠慮いただければ幸いです。
・ご来館の際は、マスクの着用や手指の消毒にご協力ください。
・当日は暑いことが予想されるため、予めお飲み物をご持参ください。
 ※当館や近隣に自動販売機はございません。申し訳ありません。

以上、夏休み3講座のご案内でした。
今年の夏休みは、化石館で楽しみながらたくさん学びましょう!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

☆化石新聞第2刊~長野県天然記念物現地保存「穴沢のクジラ化石」のご紹介~ 

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
化石新聞第2刊は、現地保存「穴沢のクジラ化石」の紹介です。
昭和11年12月13日、四賀地区穴沢川の左岸で砂防工事中にクジラの化石が発見されました。
穴沢

この化石が発見された昭和11年は、第二次世界大戦開戦のわずか3年前です。
よって、一般人が化石の研究や動物の進化について考える余裕などありませんでした。
このような時代背景の中、当時の会田村(現四賀地区会田)は、この化石を貴重なものとして
現地保存し、天然記念物として申請すべく多額の金銭を投じました。
今から80年以上前の関係者の先見の明によって、13個の椎骨、9本の肋骨が産出したままの状態
で保存され、今なお残っています。
昭和13年に長野県天然記念物に指定され、昭和48年に「穴沢のクジラ化石」として再指定されました。
今では「松本のたから」として多くの人に親しまれています。

皆様も、四賀に立ち寄った際はぜひ「穴沢のクジラ化石」を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
「穴沢のクジラ化石」の詳しい場所が知りたい方は、化石館にお立ち寄り下さいませ。

 

 

☆インスタ映えスポットのご紹介☆

こんにちは!化石館学芸員の小林です。
当館ホームページにて「化石新聞」を定期的に掲載することになりました。
化石新聞では、当館の展示品のご紹介や四賀地区の魅力、化石・地質に関する
ことなど、様々な情報をお届けします。

記念すべき第1刊は、当館のインスタ映えスポットのご紹介です!
皆さんは、化石館にたくさんの動物の剥製があるのをご存じですか?
実は化石館には化石だけではなく、貴重な剥製が展示されています。
これらの剥製は、あの居酒屋グループ「養老乃瀧」の創始者木下藤吉郎氏
(本名:矢満田富勝氏)に寄贈いただいたものです。
現在、当館の2階展示室に展示しています。

そんな動物たちの剥製の中でひと際目立つ動物がいます。
百獣の王ライオンです!!!
そんなライオンと記念撮影ができるインスタ映えスポットをご用意しています。
体長2メートル超えの雄ライオンと間近で写真が撮れるのは当館だけだと思います!
動物園でもかないません。ぜひともご家族でライオンと一緒に記念撮影をしませんか?

DSC00259

コロナウイルスの感染が広がる中、まだまだ不安な毎日が続いておりますが、
当館は館内の喚起や消毒、マスクの着用など、徹底した感染対策を行っています。
この機会に化石館に足を運んでいただき、化石や剥製のロマンを感じてみて下さい!!!