四賀地区ミステリーツアーが開催されました

6月15日(土)に第4回四賀地区ミステリーツアーが開催されました。
「四賀地区を歩くことは1300万年前の海の底を歩くこと」
そんなキャッチフレーズで続けてきたミステリーツアーですが、今年は初心に帰って地層見学を中心に計画しました。
 昨年同様の雨模様で、キャンセルがある中、11名の方が参加してくださいました。

まず、バスで移動し豆岩を見学しました。
    ??????????????????????     

砂岩・泥岩・ひん岩が一度に見られる地層で、
小学校6年生の理科の教科書にも掲載されている地層見学地です。
堀内先生から説明を受け、この岩が高遠町から運ばれてきていることを聞いて一同びっくり。
当時の地殻変動のスケールの大きさを感じました。
 次に、川に降りていって、ひん岩と泥岩の接触部から温泉成分がしみだしている場所に案内しました。顔を近づけるとタマゴが腐ったような嫌な臭いがします。
この場所から採集した岩石が化石館に展示してあり、泥岩がマグマの熱で焼かれて黒くなっていることがわかります。
???????????????????????????????

次に、県の天然記念物の穴沢のクジラ化石を見学しました。
昭和11年という第二次世界大戦がはじまるわずか3年前に発見されたにもかかわらず
当時の会田村の関係者の尽力で今でもその姿を見ることができる大変貴重な化石です。
その修復作業にも関わっている小池先生から説明を受けました。
???????????????????????????????

天候が許せば、この後、穴沢の石灰山でシロウリガイの化石採集体験ということになっていましたが今回は中止してバスで穴沢の逆断層の見学に向かいます。

???????????????????????????????

雨で泥岩が黒くしめっているせいか、逆断層のラインがくっきりと見えました。
地面が動いていること、地球が生きていることを実感することができる見学地です。
歩きながら、地層が丸く風化していく「玉ねぎ状風化」もいくつか確認しました。
大地が造る造形美です。
??????????????????????
最後に化石館に戻ってシロウリガイの化石クリーニング体験をしました。
採集しても見つかるかどうかわかりませんでしたが、雨のおかげで
参加者全員がシロウリガイの化石の岩体を持って帰れることになりました。

???????????????????????????????

雨天決行、参加者のみなさん、ありがとうございました。 

四賀地区ミステリーツアー№4参加者募集

6月15日(土)に四賀化石館ミステリーツアーを開催します。
今回は四賀地区の地層見学地をめぐり、
穴沢峠を歩いて逆断層をめざします。
途中シロウリガイ類の化石採集体験も。
みどころ満載の四賀地区にぜひおでかけください。
詳細はミステリーツアーチラシでご確認ください。
6月5日(水)から電話予約(定員になり次第締め切ります)

平成30年四賀化石館ぬりえ大賞決定!

スズキ サトル賞 は ジュンさん(35歳)の作品 
「深海西高校2年1組 真光句字羅」に決定です。
誰も思いつかないようなユーモアで
シガマッコウクジラが生き生きと泳ぎだしました。
なんだかこれからひと暴れしそうな勢いですね。

1スズキサトル賞

 

館長賞 ももかちゃん(8歳)の作品

2館長賞

 

学芸員賞 あきらさん(40歳)の作品

3学芸員賞

 

大人のぬりえ賞 まさひろさん(48歳)の作品

4大人のぬりえ賞

「みなさん素晴らしい」としか言いようがありません。
ぬりえという枠を完全にはみ出して、まさに個性的な作品になっています。

そのほかにも力作がたくさん集まりました。

館長賞2 10月の館長賞 かほさん(8歳)の作品学芸員賞2 3月の学芸員賞 ゆいと君(8歳)の作品  ぬりえ2 1月の学芸員賞 こうた君(9歳)の作品 サトル賞2 6月のスズキサトル賞 よしき君(6歳)の作品5ぬりえ10月大人のぬりえ賞 いさむさん(37歳)の作品

 

まだ誰も本物を見たことのない恐竜や古生物です。
ぬりえをしながら、それが生きているさまを想像することは
個人的な復元作業をしていることだと思います。
そして、みなさんが貴重な時間を使って仕上げてくださったものが
いまでは化石館の展示作品になっています。
本当にありがとうございました。

 

 

 

福寿草まつりでアンモナイト化石レプリカプレゼント

現在、四賀地区穴沢の現地保存
クジラ化石の修復作業が進められています。
修復過程を紹介する解説パネルをコーナー展示します。
3月1日(金)~3月31日(日)

穴沢クジラ化石 サイズ小昭和11年発見当時のガラス乾板

 昭和11年に発見されてからずっと山の中に保存されていたクジラ化石。
80年以上も前に山の中で見つかったクジラ化石を、今も現地で見ることができるのは奇跡的なことです。
四賀地区の山中にひっそりとある「松本のたから」をこの機会にぜひ見学していってください。

 また、福寿草まつり期間中 
3月9日(土)~21日(木)まで
毎日先着30組の入館者に
アンモナイト化石のレプリカをプレゼント!

 風見クジラもついて、外観が新しくなった化石館にぜひご来館ください。
お天気がよければ北アルプスもきれいに見えます!
福寿草まつり会場へは、化石館から800m徒歩10分です。

???????????????????????????????

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

四賀化石館行事予定2019

☆化石教室「化石採集コース 」

   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 内 容:①化石館の見学  ②地層見学 ③化石の採集(野外は松本市のバスで移動します。)
 日 時:5月25日(土) 6月29日(土) 7月27日(土) 8月31日(土)  9月28日(土) 
     ※午前9時~12時、午後1時~4時の1日2回  
 定 員:各回20名 小学生以上(小学生は保護者同伴) 
   参加費:1人500円

    *4月26日(金)~5月6日(月)の期間に予約申し込み受付。
    先着順ではありません。定員より申込み多数の回は抽選になります。
    申込みは電話、FAX、応募フォームよりお願いします。  
    申込みは1世帯1回に限ります。

 備 考:抽選後、予約確定の日時と参加要項をお届けします。
     また、悪天候で化石採集が中止の時でも地層見学後、
     屋内で楽しい化石教室を行います。

☆四賀化石館夏休み企画
    「さわって・さがして・化石の魅力」

???????????????????????????????

レプリカの中にひとつ、本物が入っています。どれだかわかるかな?さわって考えてみよう。

 内 容:さわれる化石を楽しく展示します。古生物のエネルギーを直に感じてください。
 日 時:7月20日(金)~9月1日(日)まで   
 講 座:絵本を作ろう「1300万年前の海のお話し」  
          講師:まつしたさゆり  http://sari-m.net/
                   7月21日(日)10時からと1時30分からの2回  
     「微化石モンスターを探せ」 8月1日(木)10時からと1時30分からの2回
     「化石クリーニング体験」  8月8日(木)10時からと1時30分からの2回

☆化石教室「レプリカ作りコース」

???????????????????????????????

 内 容:①化石のレプリカ作り(アンモナイトや三葉虫のレプリカを作り持ち帰る)。
     ②化石館の見学。
 日 時:10月26日(土) 11月30日(土)       
     午前9時30分~11時30分、午後1時30分~3時30分
 定 員:各回20名  参加費:1人500円
 備 考:「レプリカ作りコース」は原則親子参加です。大人のみの参加、小学生未満の参加
     はお問い合わせください。     

       *9月1日(日)午前9時より電話予約(64-3900)開始。

☆大人のための化石教室連続講座冬季開催予定
   「四賀地区ミステリーツアー」は6月15日(土)開催予定!

化石教室レプリカ作りコース開催

11月24日(土)に化石教室レプリカ作りコースが開催されました。
この教室は毎年秋に行われているものですが、今年は例年にないほどの人気で
満員御礼となりました。

   ???????????????????????????????

まず、本物の化石とレプリカの見本を見比べながらどんな作品にしようか考えます。

???????????????????????????????

大人も子供も夢中です。型から取り出すときのドキドキが楽しいですね。

???????????????????????????????

何億年も前の海を想像しながらみんな、集中して色をぬりました。

???????????????????????????????

出来上がった作品を持ち寄って並べてみます。

???????????????????????????????

どれもこれも個性的な素晴らしい作品ばかりで驚きました。

???????????????????????????????

今年度の化石教室にご参加いただいた皆様、ありがとうございました

四賀化石館は平成30年12月1日~平成31年2月末日まで平日休館になります。
土・日・祝日は開館していますので、ぜひお出かけください。

職員一同、心よりお待ちしています。

シカツノアクセサリー作り

 7月22日26日にシカツノアクセサリー作りが行われました。

???????????????????????????????

まず、見本をみながら、どんなものを作ろうか考えます。

??????????????????????????????????????????????????????????????

そしてひたすら磨く。
エアコンがきかない学習室で、大人も子供も熱中!
熱中症にならないようにと冷たい麦茶を用意させていただきました。

??????????

ヒモの色、使うビーズの種類などを決めて、磨いたシカツノと組み合わせます。

???????????????????????????????

出来上がった作品の前で記念撮影。
どれも素晴らしく、首にかけて帰る姿が誇らしげでした。

毎年生え変わるシカツノは生命力の象徴です。
自分で磨いたシカツノはパワーストーン以上のパワーを持っています。
楽しい夏休みのお守りとして活躍してくれるでしょう。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

四賀化石館夏休み企画「ヤベオオツノジカ」

 四賀化石館夏休み企画
「ヤベオオツノジカ」

   ヤベオオツノジカは絶滅した日本最大のシカです。大きなツノの迫力ある全身骨格標本と、明科産出の化石を展示します。迫力あるオオツノジカの角をぜひご覧ください。

 開催期間  平成30年7月20日(金)から9月2日(日)まで
                           四賀化石館 1階ロビーにて 

                            ??????????????????????

 

 <夏休み3講座>

 ありがとうございました。すべての講座が定員に達しました。

 (1) シカ角アクセサリー作り
   対 象:小学生以上
   日 時:①7月22日(日) ②7月26日(木)午前9時30分から11時頃まで              
   会 場:四賀化石館2階学習室
   定 員:20名
   受講料:500円(観覧料・材料費込)
   内 容:シカ角を磨いてパーツを作り、ビーズなどと組み合わせて、ネックレス
       やストラップを作ります。

       ???????????????????????????????  

 (2) 微化石モンスターを探せ
   対 象:小学生以上
   日 時:8月1日(水) 午前9時30分から11時頃まで      
   会 場:四賀化石館2階学習室
   定 員:20名
   受講料:無料(通常観覧料)
   内 容:300万年前の砂の中から小さな化石を探しだします。

  (3) 化石クリーニング体験
   対 象:小学校3年生以上
   日 時:8月8日(水) 午前9時30分から11時頃まで     
   会 場:四賀化石館2階学習室
   定 員:20名
   受講料:500円(観覧料・材料費込)
   内 容:タガネとハンマーで石の中に隠れている化石を少しずつ掘り出します。

     ※ いずれの講座も、7月7日(土)午前9時から電話予約開始
           (定員になり次第終了)

           ありがとうございました。すべての講座が定員に達しました。

 

四賀地区ミステリーツアー参加者募集

 四賀地区ミステリーツアー№3
「東山道を行くー保福寺峠と内村層」

??????????????????????

 

 

 

 

 

 

今回の四賀地区ミステリーツアーは、ウェストンの歩いた道を
たどりながら、歴史と地層の不思議をたどります。


 

日 時:平成30年6月23日(土) 予備日24日(日) 午前9時~午後3時まで
    ※ 9時までに受け付けを済ませてください。
対 象:大人(親子での参加は小学校4年生以上)
定 員:20名
会 場:四賀化石館に集合後、バスと徒歩で移動(徒歩移動1時間30分程度)
行 程:四賀化石館→保福寺宿→月沢ダム→一遍水→保福寺峠→昼食→蝶ヵ原林道→帰館
参加費:1人500円
講 師:市川恵一氏 
持ち物:昼食、飲料、ビニール袋、雨具など、
予 約:6月6日(水)午前9時から電話予約。0263-64-3900四賀化石館へ
  ※ 急な階段や登り坂などを歩きます。
  ※ 途中1か所しかトイレ(簡易トイレ)がありません。ご承知おきください。
 

 

 

平成29年度ぬりえ大賞決定

???????????????????????????????

 四賀化石館では平成26年度からロビーに「きょうりゅう」ぬりえコーナーを設置し
多くの子供たちに恐竜のぬりえを楽しんでもらっています。
 原画はシガマッコウクジラの復元イラストを描いていただいたスズキサトルさんです。
名前と年齢を書いて窓口にもってきていただいた作品は廊下に掲示していました。
 やがて、大人の方も楽しんでくださるようになり、相乗効果で作品の質が
どんどん素晴らしくなっていきました。
 はがしてしまうのがもったいないということで月ごとに
「館長賞」「スズキサトル賞」「学芸員賞」「大人のぬりえ賞」
を決めて飾らせていただいています。

??????????????????????

これも展示の一部として来館者の方に見ていただければという思いです。
そして、このたび、平成29年度大賞を決めさせていただきました。

平成29年度館長賞
??????????????????????

スズキサトル賞
??????????????????????

学芸員賞
??????????????????????

大人のぬりえ賞
??????????????????????

そのほかにも力作がずらり
????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 なんの賞品もなく申しわけないのですが、
化石館で過ごしていただいた時間を大事に思いながら、
選ばせていただきました。
 これからもみなさんのぬりえ作品を、展示の一部と
考えて続けていたきたいと思っていますので、
ぜひ楽しんでいってください。
 ご来館をお待ちしています。