四賀化石館夏休み企画「さわって・さがして・化石の魅力」開催中です。

令和元年四賀化石館夏休み企画
「さわって・さがして・化石の魅力」が始まりました。  
    
 この企画には「化石に興味のない人にも楽しんでもらいたい」というコンセプトがあります。
化石はモノトーンの世界です。興味のない人にはだだの石にしか見えません。でも、実際に化石を手にとってみると何か言いようのないエネルギーを感じます。何千年何万年何億年もの前に、その生物が確かに生きていたその証拠としての重み、単なる重さではない、生き物の重みを感じることができるのです。

???????????????????????????????

最初のテーブルにはチョコレートボックスに本物の化石とレプリカとを混ぜて入れて、実際に触ってもらって、本物の化石を当てるというコーナーを作りました。
あえて鮮やかな色に塗って、すぐにレプリカとわかるものもありますが、見ただけではわからないものもあります。でも、一度手にとってその重さ、質感を感じれば、本物を見抜く目ができてくると思います。本物はやはり何かモノとしての美しさがあります。

???????????????????????????????

???????????????????????????????

???????????????????????????????

次のテーブルは化石レストランです。
本物の化石とレプリカとを料理に見立てて盛り付けてあります。

 ???????????????????????????????

コースメニューの一例は、食前酒として三葉虫のシードル 、前菜はアンモナイトのカルパッチョ、メイン料理はクジラ椎骨のフィレステーキ、食後に、ファコプス入りソイラテを用意しました。けっこうおいしそうです。 

???????????????????????????????

もう一つのテーブルは「ナゾナゾボックス」。箱の中に手を入れて何が入っているか当ててください。見ないで触っただけでわかるでしょうか?

全部さわれるものを展示しました。
化石にさわって、その魅力をさがしてみてください。
9月1日(日)まで開催しています。