☆3月21日開催!博物館まつりのご案内☆

はじめに

こんにちは!化石館学芸員の小林です。ようやく厳しい寒さも落ち着き、春の気配が感じられる季節となりました。四賀化石館のすぐ近くの赤怒田のフクジュソウ群生地では現在フクジュソウが満開に咲いています。今年は残念ながら福寿草まつりが中止となってしまいましたが、多くの方々がフクジュソウを見にいらしております。今年は暖冬のためか、見頃が終わるのも早いと思いますので、フクジュソウをご覧になりたい方は近い内にお越し下さるのが良いかと思います。

赤怒田のフクジュソウ

赤怒田のフクジュソウ

博物館まつりとは?

今回は3月21日(日)に開催される博物館まつりのご案内です。博物館まつりとは、松本市立博物館のほか、博物館友の会、市民学芸員の会、エムの会、あゆみの会の皆さんといった市民の方々にもご協力を賜り、博物館や松本の魅力を見て、聞いて、体験していただけるイベントです。博物館の職員だけではなく、市民学芸員や友の会の皆様の活動もご紹介し、行政と市民が一体となった催しとなっています。現在開館している松本市立博物館は、3月をもって、新しい博物館が完成するまでの間休館となります。現在の松本市立博物館は昭和43年(1968年)に開館し(当時は日本民俗資料館)、現在まで多くの市民の方々のご協力を賜りながら、53年間愛され続けてきました。その歴史の中で最後のイベントとなりますので、多くの方々のご来館をお待ちしております。詳細は下記をご覧ください。

日時:令和3年3月21日(日)午前9時30分~午後3時30分
   ※市内15施設(私立博物館と14の分館)の開館時間は各館で異なりますのでご注意下さい。
会場:松本市立博物館、松本市歴史の里
入館料:当日は松本市立博物館と市内14の分館で入館無料となります。
展示内容:松本の歴史紹介、まるごと博物館分館コーナー、松本地方の化石展、友の会活動報告、まる博ウォーキングなど

博物館まつりチラシ

博物館まつりチラシ

松本地方の化石展(会場:松本市立博物館2階展示室)

当日は一日限りの特別展示「松本地方の化石展」を松本市立博物館2階展示室で開催します。長野県が昔海だった証拠となる海の生き物の化石を中心に、普段化石館にも展示していないような貴重な化石を見ることができます。また、市民学芸員であり松本周辺の化石を発掘・研究されている小池伯一氏によるスペシャルなギャラリートークも行います。またとない機会ですから、ぜひお越し下さい。全4回(各回同内容、15分間)で、①11時~、②11時30分~、③13時~、④13時30分~の開催です。事前の予約は不要で、入場料も無料です。当日はわたくし小林も展示のご案内をしております。ご都合がよろしい方はぜひふらっとお立ち寄り下さい。

先着25組限定!博物館まつり記念品のプレゼント!(会場:四賀化石館ほか各分館)

博物館まつり開催に合わせ、当日は各分館も入館無料となりますが、さらに!!!先着25組の方に博物館まつりの記念品をプレゼントいたします。プレゼントの内容はもらってからのお楽しみです。プレゼントはなくなり次第終了となりますので、お早めにご来館下さい。また、配布数は各館によって異なりますので、あらかじめご了承下さい。化石館にも多くの方のご来館をお待ちしております。

おわりに

以上、博物館まつりのご案内でした。現在の松本市立博物館での最後のイベントです。ぜひ皆さんで53年間の歴史の最期を見届けましょう。松本市立博物館本館だけでなく、四賀化石館もとても魅力のある展示がございますので、皆様のご来館をお待ちしております。