☆化石クリーニング体験を開催しました☆

こんにちは。化石館学芸員の小林です!
お盆ですが、コロナの影響で今年の夏休みはゆっくりできなさそうですね。
化石館はお盆中も、感染対策を徹底しながら通常通り営業をしています。

先日夏休み3講座最終回「化石クリーニング体験」を開催しました。
当日は35度近くの猛暑日でしたが、たくさんの皆様にご参加いただき、
とても楽しい講座となりました。
多くの方々のご参加誠にありがとうございました。

今回の講座は、化石館名物博士の吉澤先生に講師を務めていただきました。
最初は吉澤先生によるためになる化石の講義が行われました。
皆さんは化石とは何かご存じですか?化石といえば恐竜!という声が挙がってきそうです。
もちろん恐竜も化石ですが、、、

化石とは、「我々人類が誕生する前に生きていた生物の死がいや痕跡が長い時間をかけて
堆積し、地表から見つかったもの」です。

吉澤先生も強調してお話していました。6年生の皆さんは理科の授業で化石のお勉強を
しますので、ぜひこの機会に覚えて下さいね。
DSC00414

化石や地層のお話を聞いていただいた後、いよいよ化石クリーニング体験をして
いただきました。
今回はおよそ500万年前~400万年前の長野市戸隠の砂岩に含まれる化石を
クリーニングしました。この砂岩からは、ホタテや二枚貝の化石が多く出ます。
慣れない工具を巧みに使いこなし、地道に化石をクリーニングしていきました。
DSC00405  DSC00410
化石は最初から綺麗に見えている訳ではありません。最初は、礫や砂の中に埋まって
一部しか見えていないものがほとんどです。工具を使って不要なところを削っていく
地道なクリーニング作業があってこそ、大きな発見があるのです。
参加していただいた皆さんには、化石をクリーニングすることの大変さを実感いただけた
と思います。とても大変な作業でしたが、高い集中力で楽しそうにやっているお客様を
見て、パワーをもらいました。
今回のクリーニングでは削りきれなかったところもあると思います。続きはぜひおうち時間で
コツコツ挑戦してみてください。
DSC00411  DSC00412

以上、今回は化石クリーニングを体験していただきました。
夏休みという良い機会ですから、化石にとらわれずいろいろなことを学び、様々なことに
挑戦してみて下さい。今回の講座をきっかけに、何か新しい発見をしていただけたら嬉しいです。

今年はほかにも、秋に化石教室「レプリカ作りコース」を開催する予定です。
HPや広報、新聞などで追って告知しますので、お見逃しなく!
たくさんのご応募をお待ちしております。