松本藩領ミュージアム講演会(3月18日) ※終了しました

松本藩領エリア説明図

松本藩領ミュージアム講演会

江戸時代、松本藩の統治区域は、筑摩郡・安曇郡の2郡で、現在の松本市域を超えた広い地域でした。今、私たちの暮らしの中に残る伝統文化には、松本藩領の風土を通じて形成されたものが多くあります。「松本藩領ミュージアム」事業では、この松本藩領エリアの歴史や文化を学ぶために、広く博物館で連携してさまざまな事業を行っています。
今回は、「筑北地域の餅なし正月」と題し、筑北地域の民俗文化について学びます。

松本藩領ミュージアム講演会チラシ(PDF)

演題

「筑北地域の餅なし正月」

講師

山崎 洋文 氏(筑北村刈谷沢神明宮 宮司)

開催日

平成29年3月18日(土) 午前10時30分~正午

会場

松本市立博物館 2階講堂

参加料

無料(ただし、入館料 大人200円、小中学生100円が必要です。)

申込み・問合わせ

松本市立博物館(電話0263-32-0133、ファクス0263-32-8974)