松本の春、見つけた!2017 「月遅れのひな祭り展」を開催します

 市立博物館では、館が所蔵するおよそ800点の押絵雛の中から、「吉祥」、「歴史・歌舞伎」などのテーマを取り上げて紹介します。さらに、段飾り・中野土雛・雛道具など、ひな祭りに関係のある資料を幅広く展示します。

 
押絵雛 内裏

押絵雛 内裏

  

会期

平成29年3月1日(水)~4月9日*会期中無休

会場

松本市立博物館 ロビー・1階常設展示室

展示内容

月遅れのひな祭りである4月3日にあわせ、博物館所蔵のさまざまな雛人形など約50点を展示します。

関連事業 

甘酒サービス
4月3日(月)午前9時30分から、甘酒の無料配布を行います。(なくなり次第終了)

観覧料

大人200円(610円) 小人100円(300円)
*( )内は国宝松本城との共通券料金