松本藩領ミュージアム講演会『菅江真澄と信濃のつながり』

松本藩領エリア説明図

 江戸時代、松本藩の統治区域は、筑摩郡・安曇郡の2郡で、現在の松本市域を超えた広い地域でした。今、私たちの暮らしの中に残る伝統文化には、松本藩領の風土を通じて形成されたものが多くあります。そんな松本藩領の視点から、市域をこえた松本地域の歴史と文化を学ぶ講座です。

 今回は、江戸時代の国学者・歌人である菅江真澄(すがえますみ、1754?-1829)と信濃のつながりについて学びます。

松本藩領ミュージアムについて  

 

日時

令和元年11月2日(土) 午後1時30分~3時30分(予定)

内容・講師

講演「菅江真澄、旅の始まりー本洗馬釜井庵を拠点に信濃をめぐるー」

講師:中原 文彦 氏(本洗馬歴史の里資料館学芸員)

講演「菅江真澄と民俗学」

講師:武井 成実(松本市立博物館学芸員)

会場

松本市立博物館 2階講堂

参加料

200円(入館料)

定員

50人(要予約・先着順)

お申込み・お問い合わせ

松本市立博物館
℡:0263-32-0133
FAX:0263-32-8974