子規忌展「胡桃沢コレクション 新規収蔵資料公開」(9月8日~24日)

平成30年度 子規忌展「胡桃沢コレクション 新規収蔵資料公開」

川崎安 作

レリーフ「病子規」

 9月19日は、俳人・歌人である正岡子規の命日「子規忌」です。
子規は、俳句や短歌など多彩な分野で活躍するとともに、日本の近代文学に大きな影響を与えました。
 松本出身の歌人・胡桃沢勘内は子規に憧れていた一人であり、子規の門弟・伊藤左千夫から短歌の指導を受け、後に子規に関する資料を譲り受けました。
 本年度は、勘内が愛蔵していた子規に関する資料や近年新たに寄贈された資料を展示します。

 

会期

平成30年9月8日(土)~9月24日(祝・月) ※会期中無休

会場

松本市立博物館 1階ロビー

観覧料

通常観覧料 大人200円(610円)、小中学生100円(300円)
※( )内は国宝松本城との共通券料金

記念講演会

復活 話をきく会「”身代わり”という文化装置-ものぐさ太郎譚を手がかりにー」
日 時:平成30年9月8日(土) 午後2時~午後4時(予定)
講 師:小松 和彦 氏(国際日本文化研究センター所長)
料 金:通常観覧料
問合せ:松本市立博物館へ(電話 0263-32-0133)