まつもとの七夕2018

松本地方の七夕は、月遅れの8月7日に行われます。笹飾りや松本地方独特の七夕人形を軒先に飾り、季節の野菜とともに「ほうとう」と呼ばれる食べ物を七夕様にお供えします。
松本市立博物館では、今年も商店街や施設の方のご協力をいただき、まちなか展示を開催します。
また、七夕に合わせてさまざまなイベントを行いますのでぜひご参加ください。

まちなか展示

本館

月遅れの七夕にあわせて、博物館周辺の町会や商店街に紙の七夕人形や笹飾りを飾り、まちなかを彩ります。

会期
平成30年7月1日(日曜日)から8月12日(日曜日)

 

七夕人形づくり

07 七夕人形写真

色紙を使って簡単に作れる「七夕人形作りキット」で七夕人形を制作します。

会期
平成30年8月5日(日曜日)、6日(月曜日)、7日(火曜日) 午前10時から午後2時ころまで

申し込みなど
不要。誰でもお気軽にご参加ください。

 

ほうとうサービス

松本では七夕にきなこや小豆あんをあえたほうとうを食べる風習があります。博物館ではボランティア エムの会の協力により来館者の皆様にほうとうを振る舞います。

会期
平成30年8月7日(火曜日) 午前10時から ※なくなり次第終了

 

連携館はこちら

 はかり 空穂   馬場 (3)
 はかり資料館 窪田空穂記念館   重文馬場家住宅