第170回サロンあがたの森 10月13日(土)午後1時30分~

秋のメロディー

話題提供 桂 聰子 さん  [ フルート奏者]
     臼井 文代さん [ピアノ伴奏]      
日   時       10月13日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館2 ― 8  
参加費        200円

 文化・芸術の秋。サロンあがたの森も、ちょっと趣向を変えて、松本市在住のフルート奏者・桂聰子さん、ピアノの臼井文代さんを迎えます。フルートの音色を楽しみ、和みのひとときをお過ごしください。

 桂聰子さんの父で画家の重英さんは1966年、信州の風景を描くために、北アルプスの眺望がすばらしい松本市里山辺に居を構え、85年に亡くなるまで制作を続けました。

 聰子さんはこうした環境下で音楽の道に進みました。2002年には重英さんのアトリエ跡に「桂重英美術館」が開館し、その運営に携わっています。現在はピアノの臼井さんとのコンビを組むことが多く、この美術館をはじめ、各地でコンサートを開いています。

 今回は、あがたの森に縁の松高寮歌「春寂寥」を演奏曲目に加えたほか、山や自然をこよなく愛した重英さんの思い出や、美術館のことなども話していただきます。

 ☆主な演奏曲目(予定)

ハンガリー田園幻想曲 Op.26より 第1楽章 Molto Andante ……………ドップラー

歌の翼による幻想曲 Op.17-1    ……………メンデルスゾーン・シュテックメスト

春寂寥                         ……………濱 徳太郎

小さな木の実                      ……………ビゼー

赤とんぼ変奏曲                  ……………山田耕筰・林光 他

 桂聰子(かつら・さとこ) さん 10歳からE・ムーニー氏、上田賢一氏より手ほどきを受ける。15歳より高橋利夫氏に師事。才能教育音楽学校フルート科卒。アメリカ、ドイツ、オーストラリア、アイルランド、台湾など海外での指導、演奏の他、国内でも各種コンサート、テレビ、ラジオに出演。2000年松本市芸術文化奨励賞受賞。現在は後進の指導にあたるほか、各地で演奏活動を行っている。

 臼井文代(うすい・ふみよ)さん 才能教育でピアノを始め、東京芸大音楽学部器楽科ピアノ専攻卒。ベルリン芸術大卒。1990年、第8回クロード・カーン国際ピアノコンクール(パリ)で3位入賞(1位なし)。現在は国際スズキ・メソード音楽院、長野音楽大学予備校で後進の指導にあたり、ソロ、アンサンブルなどで幅広い演奏活動を行う。これまでに故片岡ハルコ、辛島輝治ほか2氏に師事。

☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)