第167回サロンあがたの森 6月9日(土)午後1時30分~

「笑いの系譜」

~チェルノブイリからプーチン大統領まで~

話題提供 神谷 さだ子 さん  
                 [日本チェルノブイリ連帯基金事務局長]

日   時      6月9日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 1 
参加費        200円

 ロシア人は、昔からウォッカを片手にアネクドート(政治的風刺や批判を含んだ小話)を楽しむ。日本からみると抑圧された社会主義の下でも、人々は権力者を笑いに包みながら、本質をあばいていた。今でも、ネットのアネクドートサイトは、日々更新され、人々は笑いを競い合っているかのよう。一般の日本人にとってロシアは、冷たい、非情な国と思いがちなのではないだろうか。

 米ソの冷戦の中では見えなかった一般市民の感性をたどりながら、歴代大統領の外からのイメージにとらわれず、ロシアにアプローチしてみたい。チェルノブイリの被災地への支援活動を通して子ども達の命を守ろうと共に助け合う中で知り合った人々は、私たちとなんら変わらない。小さな子供たちを社会全体で守り、育てる仕組みは、3・11を経験した日本にとっては、学ぶべき示唆に富んでいる。

 1992年ソ連邦が崩壊してから、新たな形の資本主義に向かうロシア。かの地の人々に隣人として近づけるか、松本から100回以上チェルノブイリに通い続けたロシアの魅力は何だったのか、お話してみたい。

 【チェルノブイリ原発事故】

 1986年4月26日、ソビエト連邦のチェルノブイリ(現ウクライナ)の原子力発電所で起きた事故世界で最大の原発事故の一つ。隣接するベラルーシで汚染被害が大きかった。

 神谷さだ子さんは佐久市生まれ。学生時代ロシア語を学んだことから、1991年松本市で設立された「日本チェルノブイリ連帯基金」に関わる。同基金はチェルノブイリ原発事故の被災者への医療支援が目的で、東日本大震災後の福島支援、イラク国内避難民支援も行う。現地事業のコーディネートを行う事務局長。ベラルーシ渡航回数は100回を超える。

☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)