第163回サロンあがたの森 2月17日(土)午後1時30分~

スタヂオの窓から見た信州30

話題提供 大岩 堅一さん    [フリー・アナウンサー]

日   時      2月17日(土) 午後1時30分 ~3時30分 (予定)
会   場      あがたの森文化会館   本館1 ― 5 
参加費        200円

 1988年の秋に開局したFM長野で、局アナとして仕事をするため松本に住むようになってから、ちょうど今年で30年になります。始めの頃はニュース原稿の「城山公園」を「しろやま~」、「佐久市中込」は「~なかごめ」と読んでしまったくらい、信州についての知識を持ち合わせていませんでしたが、東北信・中南信のそれぞれ多様な生活文化や歴史・地元意識に面白さを感じて、今では信州観光文化検定(2級ですが)を取得し、松本検定は第1回の年に合格しました(プチ自慢です)。

 それというのも、正月なら年取り魚の違い、夏になれば学校登山の辛かった思い出、季節の味の山菜やキノコのこと、東京で通じなかった方言などなど、生活の中の様々な話題を送ってくれたリスナーの投書が、私の好奇心をくすぐってくれたからです。

 今年は、松本出身の浅井洌が作詞した「信濃の国」が1968年に正式に県歌に制定されてから50周年に当たります。ちなみに彼は幼い頃、浅井家に養子に出されたのですが、生まれた家の姓は大岩です。そんなコアなネタから、山雅・歌舞伎・オリンピック・芸術館まで、30年を経て還暦を迎えた記念に、松本のこと信州のこと、たくさん喋りますよ!

  大岩さんは1958(昭和33)年、千葉県木更津市生まれ。早稲田大学を経て1980年、大阪・朝日放送(ABC)にアナウンサーとして入社、主にラジオの深夜放送や音楽番組で活躍。1988年にFM長野へ移籍して「タブロイドラヂオ~レッツ午前中!」などを担当。2006年からはフリーアナウンサーとして活動、「山岳フォーラム」「うえだ城下町映画祭」など各地のイベントの司会をはじめ、現在はFMぜんこうじ、あづみ野FMで番組制作・出演している。

 ☆テーマに沿って話題提供者の話のあと、気楽に懇談。自由にご参加ください。

主 催 サロンあがたの森実行委員会 共催 旧制高等学校記念館・記念館友の会
問合せ 旧制高等学校記念館 (℡35-6226 Fax33-9986)