八十二銀行ウィンドーギャラリー展 「古(いにしえ)の暮らしを掘る」

 考古博物館の資料を広く市民に紹介し、当館の活動や埋蔵文化財への関心を高めていただくことを目的に、平成13年度から「八十二銀行松本営業部1階ウインドーギャラリー」において写真展示を行っています。

 今回は、奈良・平安時代の遺跡からの出土品を写真パネルで展示し、当時の松本の様子や人々の暮らしの一端を感じ取っていただけるよう紹介します。

 

「古(いにしえ)の暮らしを掘る~奈良・平安時代の松本~」

 

会 期:平成31年1月11日(金)~31日(木)

    ※八十二銀行松本営業部の営業日

会 場:八十二銀行松本営業部1階 ウインドーギャラリー

 

☆当館所蔵の奈良三彩小壺・墨書土器・円面硯・銅印等、の写真パネル16点を展示。

 都からの文化や情報、物流があり、人々の生活が営まれていたことがうかがえます。