速報展「発掘された松本2018」(2月16日~3月3日)

2018年、松本市の発掘調査結果をいち早くみなさまに‐‐‐

07 作業風景松本市では毎年、市内各地の発掘調査を行っています。
速報展は1年間の発掘調査の成果をいち早く市民のみなさまにお披露目している展覧会です。
さて、2018年はどのような調査結果になったのでしょうか。ぜひご覧ください。

 

 

会  期:平成31年2月16日(土)~3月3日(日)
会  場:松本市時計博物館(松本市中央1-10 36-0969)
       ※考古博物館ではないのでお間違えなく。
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観 覧  料:大人300円、小中学生150円
お問い合わせ:考古博物館(86-4710)
発掘された松本2018展チラシ

 

○関連事業「発掘された松本2018 報告会」
日 時:平成31年2月23日(日) 午後1時~午後4時30分
会 場:Мウイング(松本市中央1-10)
料 金:無料
申込み:不要
定 員:300人
内 容:2018年の発掘報告
   (①麻神遺跡②大輔原遺跡③松本城外堀跡西外堀④松本城三の丸土井尻⑤寛永通宝松本銭)
その他:報告会終了後、発掘担当者による展示解説があります。ぜひ展示会場へ!!