第40回あがたの森考古学ゼミナール(7月8日、7月22日)

 あがたの森考古学ゼミナールは昭和54年から始まり、毎年松本市域の考古学に関するテーマを設定し、市民向けの考古学講座として専門家や発掘調査担当者が研究成果・調査結果からわかりやすく講演をしています。
 今年は古墳時代をテーマに、2人の講師をお招きし講演していただきます。第一講では、古墳築造の背景や社会構造などから、古代国家の形成期としての時代を探ります。第二講では、弘法山古墳や桜ヶ丘古墳など多くの古墳が築造されている松本平の古墳時代について、長野県内の他の地域との比較を交えながら考察します。

 

第一講 「古墳時代 -巨大墳墓が語るわが国の古代国家形成期とは-」
講 師:土生田 純之氏(専修大学文学部教授)
日 時:7月8日(日)午後1時から午後3時

第二講 「松本平の古墳時代」
講 師:直井 雅尚氏(日本考古学協会会員)
日 時:7月22日(日)午後1時から午後3時

会 場:あがたの森文化会館2-8教室(松本市県3-1-1)
定 員:各講70名
参加費:各講200円
申込み:6月19日(火)より電話で考古博物館(86-4710)まで
その他:会場駐車場に限りがあるので、公共交通機関を利用いただくようご協力お願いします。
お問い合せ:考古博物館まで