松本市市制施行110周年記念 秋季企画展「城と館が語る中世の松本」

 松本市では、平成25年から井川城跡や林城跡の発掘調査を行ってきました。また、これに先立って林城の山麓にある林山腰遺跡の発掘調査が平成14年から15年にかけて行われています。
これらの調査成果などにより平成29年2月9日付けで、小笠原氏城跡(井川城跡・林城跡のうち大城)が国の史跡に指定されました。その史跡の価値は「室町時代から戦国時代に至る領主の居城の在り方を示す信濃守護小笠原氏の居城跡」として評価されています。
 この企画展では、発掘調査により明らかになってきた信濃守護小笠原氏の居館と城の移り変わりから、中世松本の武家の時代を紐解きます。

林山腰瀬戸産陶器 2 林城跡遠景

 

 

 

 

 

1 会 期  平成29年9月16日(土)~11月26日(日)
2 会 場  考古博物館2階 第2展示室
3 観覧料  通常観覧料(大人200円、中学生以下は無料)
4 展示品  井川城跡出土品(土器陶磁器、金属製品、石製品、木製品など)
       林山腰遺跡出土品(陶磁器)など約140点