施設案内

沿革

2008041720382525

旧開智学校は明治6年(1873)5月6日、筑摩県学を改め学制による小学校として、廃仏毀釈で廃寺となった全久院の建物を仮の校舎として開校しました。新校舎は明治9年4月に全久院跡地に竣工し、昭和38年3月まで約90年間使用された、わが国で最も古い小学校の一つです。

校舎の建築には、学事を施政の中心にすえ文明開化を強力にすすめた当時の筑摩県権令永山盛輝の命を受け、地元の大工棟梁立石清重が設計施工したもので、現存校舎のほかに30余室の教室棟が設けられており「広大華麗・地方無比」とうたわれた大規模校でした。

工事は、当時のお金で1万1千余円の巨額なもので、およそ7割を松本町全住民の寄附により調達し、残り3割は特殊寄附金及び廃寺をとりこわした古材受払金などで調達しました。

開智学校は後に様々な教育機関に発展し、松本地方の教育センター的役割を果たしました。

 

常設展案内

 建築資料

重要文化財附(つけたり)指定の開智学校新築仕様帳(明治8年)、新築費附人名簿(明治10年)、開智学校新築費割(明治9年)、新築費蒐集総括牒(明治7年から10年)、色ガラス・把手などの資料資材、大工棟梁立石清重関係資料などがあります。

 

教育資料

 

教室風景江戸時代の往来物、明治初期の学校創設期資料、明治・大正・昭和の3代に使用した教科書、学校管理資料、日誌、卒業証書、教案、教材・教具、生徒作品、その他幼稚園関係資料などがあります。

ショップ

旧開智学校にはここでしか買えないオリジナル商品が多数あります。

◆ミニタオル-旧開智学校の玄関にデザインされた2人のエンジェル像をモチーフにしています。
◆手ぬぐい-開智学校卒業生、平林勝太郎氏の絵です。父平林荘子の句を配した父子合作の商品です。
◆一筆箋-校舎が描かれています。
◆ボールペン-校舎が描かれています。
◆付箋-校舎が描かれています。

※料金・お買い求め方法など詳しくは旧開智学校校舎までご連絡ください。