国宝指定セレモニーが開催されました

 令和元年(2019)10月5日(土)、旧開智学校校舎が国宝に指定されたことを記念するセレモニーが行われました。
 セレモニーに先立って、市内中央を流れる女鳥羽川沿いの校舎がもともとあった場所から現在の小学校まで、松本市立開智小学校の6年生の児童や市民による記念行進も行われました。
 セレモニーの終盤には、現役の開智小学校の児童の皆さんが「140年以上前から大切にされてきた校舎を、これからもみんなで大切にしていきます」と校舎に向かって呼びかけを行ってくれました。また、全校児童で校歌を合唱し、学校らしい心のこもったセレモニーとなりました。

行進出発の写真

元々校舎があった女鳥羽川沿いから出発

行進の様子

松本城の前もとおりました

 

校舎到着の様子

開智小学校前で記念行進隊のお出迎え

 

ブラスバンド演奏の様子

開智小のブラスバンドも演奏でお出迎え

 

松本市長挨拶の様子

セレモニー 松本市長あいさつ

式典中の様子

大勢の方にご参加いただきました

 

児童による校舎よびかけの写真

元気いっぱい校舎に呼びかけてくれました

 

校歌合唱の様子

明治31年に作られた校歌も歌ってくれました

 

くす玉割の様子

校舎の前でくすだまを割ってフィナーレ