「校舎見学会・明治の授業・記念シンポジウム」を開催します

国宝旧開智学校校舎 国宝指定記念事業
校舎見学会・明治の授業・記念シンポジウムを開催します

  旧開智学校校舎が正式に国宝指定されたことを受けて、校舎の価値や魅力を伝える記念事業を開催します。いずれも参加申し込みの受け付けを開始しています。 

1 校舎見学会

校舎の価値や魅力を学芸員が解説します。

(1) 日 時  令和元年11月3日(日・祝)午前10時30分~正午頃 (※終了しました)
(2) 会 場  旧開智学校校舎
(3) 料 金  大人400円、小中学生200円
(4) 定 員  20名(先着順)
(5) 申込み方法 電話(0263-32-5725)で旧開智学校へ 

2 明治の授業

 明治時代の授業(音楽や国語など)の様子を体験する講座です。旧開智学校校舎のボランティアガイドや学芸員が教員役を務めます。

(1) 日 時  令和元年11月16日(土)午前9時30分~11時30分頃
(2) 会 場  旧開智学校校舎 1階特別展示室
(3) 料 金  大人400円、小中学生200円
(4) 定 員  20名
(5) 申込み方法 電話(0263-32-5725)で旧開智学校へ 

3 記念シンポジウム

 旧開智学校校舎の調査研究事業にご協力いただいた方々をお招きし、指定の際に評価された校舎の価値をご紹介するとともに、旧開智学校校舎の今後の活用と擬洋風建築の魅力について考えるシンポジウムです。

 詳細はチラシをご覧ください
 国宝指定記念シンポジウム

(1) 日 時  令和元年11月23日(土・祝)午後1時~4時10分頃
(2) 会 場  松本市中央図書館3階 視聴覚室
(3) 料 金  大人400円、小中学生200円
(4) 定 員  80名
(5) 出演者  
       武内正和氏(文化庁文化資源活用課 主任文化財調査官)
       清水重敦氏(京都工芸繊維大学教授)
       西澤泰彦氏(名古屋大学教授)
       梅干野成央氏(信州大学准教授)
       小野雅章氏(日本大学教授)

(6) 申込み方法 電話・FAX・メールのいずれかで旧開智学校へ
       ※FAXかメールで申し込む方は、必ず下記の必要事項をお書きください。 

【必要事項】
(1)シンポジウム申込、(2)氏名(ふりがな)、(3)参加人数、(4)電話番号またはFax番号
【申込み先】
   電話:0263-32-5725  Fax:0263-32-5729  メール:kyu-kaichi@city.matsumoto.lg.jp