旧開智学校校舎 耐震基礎診断結果のお知らせ

 松本市では、来場者の安全確保と文化財的価値の維持を目的として、重要文化財旧開智学校校舎の耐震基礎診断を実施しました。診断の結果、「大地震動時の倒壊危険性」と判定され、校舎は震度6強から7の大地震動時の耐震性能が不足していることが判明いたしました。
 この診断結果を受け、塔屋部分を立入禁止としています。また、瓦や漆喰等の落下の危険性があるため、建物に近づく際は十分に注意してください。
 松本市は、避難誘導計画の策定及び耐震対策工事の早期実施に向けて取り組んでおりますが、工事完了までには数年間の期間が必要となる状況です。旧開智学校に入場される皆さまにおかれましては、ご了承のうえご入館ください。地震発生時には、係員の指示に従い、落ち着いて行動していただきますようお願いいたします。